通勤圏内

リンク

約2年7か月ぶりです。

申し訳ございません。。と言ってもみんなここを忘れていたと思いますが。。

なんでこんなに間隔あけちゃったんでしょう。。。

まあ、過ぎたことはいいじゃないですか。これからの事を話しましょう。

《警視庁 捜査一課長season3》も安定した視聴率を獲得して終えることができた。

来週15日にはスペシャルが放送します。是非こちらも!

そして、今は次回作の映画の本読みの準備に入っています。

どこの映画かはまだ言えません。

僕の活動範囲は広いです。

最低限アジア全体で物事を考えてます。

例えば、北京に行くなんてのも、僕にとっては通勤圏内。

羽田から3時間で行けるんだから、もしろ圏内でしょう。

東京から大阪に新幹線で3時間かかるんだから。

アジア全体が活動拠点。

だから自分は誰よりもとは言わないけど、でも結構恵まれてるんだと思う。

これからは、芸能業界でも中国の時代が世界へ、勿論日本にも来るでしょう。

でも日本の芸能業界は一部を除いてまだ大部分が、あまり真剣に考えてなさそう。

「なぜ、気づかんのかな~?」と思うばかり。

というか、気づきたくないのかな?

ま、それはそれでいいでしょう。(笑)

とにかく、そろそろ本腰入れてやりますか!

news

2018年7月15日(日)よる9時 テレビ朝日 日曜プライム「警視庁・捜査一課長スペシャル」放送決定!

●2018年4月動画配信プラットフォーム「Paravi(パラビ)」
オリジナルドラマ『SICK’S 恕乃抄~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~』配信

●上海浦东空港で配布される日本旅行向けフリーペーパー 《城市導報》8月号より矢野浩二のコーナーがスタート!

●2018年秋 動画配信プラットフォーム「Paravi(パラビ)」
オリジナルドラマ『サトリ』配信

●2018年秋全国公開映画「レディ in ホワイト」

THE SUPER SPORTS XEBIO 東京御茶ノ水本店 中国向け宣伝VTR

ザ テレビジョン 中国向けインタビュー第二弾

ザ テレビジョン 中国向けインタビュー第一弾

「中国だけで終わりたくない」逆輸入俳優・矢野浩二 日本の作品でも存在感(2018.6.24)

90万円しかなかった矢野浩二が「中国で一番有名な日本人俳優」になった理由(2018.6.23)

2018年4月スタート 木曜ミステリー「警視庁 捜査一課長 season3」

矢野浩二さん(俳優) 中国に活路 名声得る 日本人に合う“東北料理” (2018.6.3)

俳優・矢野浩二、中国で年収数億円の夢を捨て日本へ!「逆輸入で終わるつもりはない」(2018.6.1)

森田健作の気遣いに感涙!「中国で最も有名な日本人俳優」になった矢野浩二(2018.5.29)

●2018年5月21日 「2018 FINWISEサミット東京」ゲスト出演  会場: グランドプリンスホテル新高輪

●2018年5月20日、27日 bay-FM 78.0MHz「森田健作 青春スピリッツ!」

●2018年5月18日 テレビ朝日「オスカルはなきんリサーチ」

●4月クール 月9「コンフィデンスマンjp」第6話ゲスト

「警視庁・捜査一課長」で鑑識官を演じる“中国で最も有名な日本人俳優”矢野浩二を直撃!(2018.5.10)

逆輸入俳優・矢野浩二「あらためて刑事ドラマの難しさを痛感しました」(2018.5.10)

<写真特集>美貌だけじゃない、中国語を操る才女によるミスコン(2018.4.25)

日本人の俳優が中国で愛される理由=矢野浩二特別インタビュー(2018.4.2)

●2018年4月22日 「ミスマンダリン2018決勝」名誉最高顧問兼特別審査委員として参加

《龙探社》热播 矢野浩二炸裂演技获赞(2018.3.29)

ナイツ・塙が「捜査一課長」撮影現場でバースデーサプライズ! 40歳の抱負は『女子力を磨く!』(2018.3.28)

●2018年3月24日(土)21:00~ NHK特集ドラマ「どこにもない国」

离开了《天天向上》矢野浩二在干嘛?拍戏不断成高产演员了(2018.3.18)

「相棒」に中国で最も有名な日本人俳優15・0%(2018.3.1)

内藤剛志×安達祐実、『家なき子』以来23年ぶり連ドラ共演「本当は仲良し」(2018.2.28)

2億5000万円不正引き出し事件に外国人が関与?! 特命係が通訳捜査官と核心に迫る【相棒・第18話】(2018.2.28)

●2018年2月28日(水) よる9:00~9:54 テレビ朝日《相棒16》story18 !メインゲスト出演!

「中国で最も有名な日本人俳優」矢野浩二が相棒登場(2018.2.27)

●2018年2月 中国江蘇省で映画《跨越星际的爱》撮影クランクアップ!

●Whenever上海3月号 インタビュー掲載

一个日本演员的“北漂”生活(2018.1.7) 

「ケイゾク」「SPEC」に続く新シリーズ、配信ドラマとして制作(2017.12.25)

矢野浩二吐槽在东京不顺心想“回国” 网友:中国欢迎你(2107.12.21)

可以说服矢野浩二们的,只有理性与文明(2017.12.11)

「陸王」溜めに溜めてついに松岡修造登場、こはぜ屋も視聴者もここが耐えどき7話 (2017.12.10)

矢野浩二辱华?得知真相后33万中国人为他点赞(2017.12.9)

「中国に対する侮辱」、「抗日」ヒステリーが弱まり、理性的になってきた中国のネット民=中国メディア(2017.12.8)

俳優・矢野浩二が中国を侮辱? ネットユーザーらが理性的な姿勢示す(2017.12.8)

過去のテレビでの「中国批判」を謝罪した俳優・矢野浩二に中国ネット民「あなたは悪くない」「謝らないで!」(2017.12.7)

矢野浩二致歉:我言论有失偏颇 但没有辱华(2017.12.6)

别只看到矢野浩二“辱华”,忽视他对中国“示爱”(2017.12.6)

矢野浩二向中国人道歉了!但中国网友却在力挺他 原因竟是…… (2017.12.6)

矢野浩二日本综艺吐槽中国人,主动致歉(2017.12.6)

矢野浩二致歉获谅解 网友:某些大V故意带节奏其心可诛(2017.12.6)

矢野浩二的日本生活:从“日本鬼子”到浦岛太郎(2017.12.6)

日明星矢野浩二向中国人道歉了 中国网友却不接受(2017.12.6)

矢野浩二辱华?网友:他比许多中国人还爱中国(2017.12.5)

矢野浩二称中国人没资格养狗?被批辱华后速道歉(2017.12.5)

日本艺人矢野浩二言论辱华?致歉引发网友讨论(2017.12.5)

娱乐观|矢野浩二差点“辱华”,真为他捏一把汗(2017.12.5)

矢野浩二致歉获网友力挺 矢野浩二的老婆和女儿现状做什么(2017.12.5)

矢野浩二致歉为哪般? 当初离开天天向上原因揭秘!(2017.12.5)

矢野浩二公开致歉 言语失分寸但网友全站他这边(2017.12.5)

还记得《天天向上》的主持人矢野浩二吗,他竟然在日本这么说中国(2017.12.5)

矢野浩二致歉!辱华言论曝光 中国女婿矢野浩二老婆是谁?十大反华明星盘点 (2017.12.5)

矢野浩二致歉因他说了这些话/获网友谅解(2017.12.5)

矢野浩二称“中国人没资格养狗” 遭批辱华,其实他还说过这句话…… (2017.12.5)

矢野浩二节目吐槽中国人后致歉,他说的没错? (2017.12.5)

矢野浩二致歉:一番话涉嫌辱华激怒中国爱狗人士(2017.12.5)

矢野浩二因辱华道歉?网友:你没错,不用道歉(2017.12.5)

这个日本人”辱华” 网友的反应却认为他说的是实话(2017.12.5)

原《天天向上》主持人矢野浩二回日本后称:中国人没资格养狗!网友吵翻天了(2017.12.5)

被说“辱华”,矢野浩二站出来澄清:老婆孩子都是中国人!(2017.12.5)

矢野浩二为“辱华事件”发文道歉:我是中国的女婿,我不可能辱华(2017.12.5)

矢野浩二吐槽中国人不配养狗,道歉否认辱华,网友:说得没毛病(2017.12.5)

矢野浩二称国人没资格养狗被黑,回应10个字赢得尊重!(2017.12.5)

日本主持人矢野浩二节目中说:中国人没资格养狗!看完值得深思(2017.12.5)

矢野浩二回应,为辱华言论致歉,称:我是中国的女婿(2017.12.5)

矢野浩二发文道歉,揭秘其辱华事件的真相!(2017.12.5)

矢野浩二没有错,是大家错怪他了?曾直言:即使被打我也很爱中国(2017.12.5)

矢野浩二否认曾在节目中辱华:剪辑后的误解(2017.12.5)

日本演员矢野浩二涉嫌辱华 称中国人没资格养狗(2017.12.5)

矢野浩二致歉 中国人不配养狗等言论都是节目剪辑(2017.12.5)

他被称为“中国最有名的日本人”,却无意中说出这样的话!(2017.12.5)

矢野浩二为在节目中称中国人没资格养狗道歉,网友:你说得对!(2017.12.5)

中国で人気の日本人俳優・矢野浩二、ネットで「中国人を侮辱した!」と批判される(2017.12.4)

《海上牧云记》热播矢野浩二首演古装饰反派(2017.11.24)

号称“日本鬼子专业户”, 矢野浩二给中国粉丝出了一道难题(2017.11.10)

“中国で一番有名な日本人”矢野浩二が語る、難役への挑戦(2017.10.27)

10月7日~ 毎週土曜23:40-24:35 オトナの土ドラ「さくらの親子丼」<全8話>(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット)

10月13日~毎週金曜深夜0時12分ドラマ24「新宿セブン」(テレビ東京)

●10月12日 14:04~15:55 テレビ朝日《ドクターX~外科医・大門未知子 シーズン4》10話、11話

<オトナの土ドラ> さくらの親子丼(新番組)

当ててみて!「中国で最も有名な日本人俳優5人」は一体誰でしょう?=中国メディア(2017.9.29)

●8月  中国・無錫にてドラマ「神伴 包青天」クランクアップ

「5秒以内にパッと思いつく日本人」が中国ネットで話題に、答えは…(2017.8.7)

●7月31日(月) 22時00分~22時54分  テレビ東京 日経スペシャル 《未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~》放送

日中関係悪化で中国の番組から離れた矢野浩二、「復帰か」と話題に(2017.7.20)

今年47岁矢野浩二有一位漂亮妻子,但是他却避而不谈(2017.7.7) 

NHK『クローズアップ現代+』“火花”中国を行く~又吉直樹が見た“90后”~(2017.6.27)

2017年6月22日(木)よる8時 テレビ朝日ドラマ《捜査一課長season2》最終話放送!

‶逆輸入俳優‶矢野浩二「いろいろな意味でチェンジしたかった」(2017.6.21)

厉害了!矢野浩二日剧中演中国人 对飙中文超有梗(2017.6.20)

圈内把军人角色演到极致十大男星,吴京第二,矢野浩二上榜(2017.6.13)

十位最受国人爱戴的日本人,矢野浩二只能排第六(2017.6.14)

●2017年6月12日 NHKラジオ第一『クリス松村の音楽処方箋』

視聴率平均12%と大金星!ドラマ「警視庁捜査一課長」の強みとは(2017.6.7)

矢野浩二介绍中国电视剧有五六十集、一天播两集,日本嘉宾吓着了(2017.5.31)

内藤剛志、″捜査会議中‶に62歳のサプライズバースデ-(2017.5.28)

内藤剛志の誕生日を共演者がサプライズでお祝い!(2017.5.28)

●2017年5月26日 日本テレビ スペシャルドラマ《家売る女》放送!

2017年6月16日(水) 中国映画《レイルロードタイガー》公開!

2017年5月18日(水) ニッポン放送 『土屋礼央 レオなるど』に出演しました!

2017年5月10日(水)スペシャルドラマ《誤差》放送!

中国YOUKU バラエティ番組《美少年学社》近日放送!

2017年4月5日(水)  映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」 DVD・Blu-ray 発売!

2017年4月7日(金) 深夜1時20分~ テレビ朝日《オスカル!はなきんリサーチ》 
矢野浩二の体験レポートをお楽しみに!

2017年3月28日 14:00~ テレビ朝日ドラマ《捜査一課長》(再放送)

GLIM SPANKY、内藤剛志主演ミステリードラマの主題歌を担当(2017.3.27)

だから“日中韓”―絆の再発見
第9回 「プロフェッショナルが拓く日中韓の未来」登壇者として出席します。

日時: 2017年2月21日(火)18:00~20:00(17:30 受付開始)

会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
(東京都港区六本木5‐11‐16 地下1階)

アクセス: http://www.i-house.or.jp/access.html

お申込: https://ssl.form-mailer.jp/fms/63181611491576

朝日新聞中国語版《日本購物攻略》コラム「浩二带你看日本」

中国江蘇省にて中国現代ドラマ《龍探社》4月放送

●俳優王学圻の初監督作品、中国映画《温柔的子弹》2017年公開

●曹盾監督の東方魔幻史诗長編ドラマ≪九州海上牧雲記≫2018年放送開始

●2017年1月28日(土)21:00~ ドラマスペシャル《探偵少女 アリサの事件簿》

●<本田望結>中学受験前日も番宣 多忙ぶりに共演者から心配の声(2017.1.15)

●2017年 1月7日(土)  愛知大学 第7回 グローバル人材育成事業 講演会 ゲスト講師

2017年注目必至の“逆輸入俳優”たち(2017.1.4)

●2016年12月15日,22日(木)21:00-21:54

テレビ朝日「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第11話出演

テレビ朝日「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第10話出演

海外剧里的中国人什么样?不差钱很爱买(2017.12.22)

矢野浩二《铁道飞虎》首度与成龙合作称很荣幸(2016.12.22)

《铁道飞虎》矢野浩二出演 自带笑点(2016.12.21)

看矢野浩二如何与成龙大干一票!(2016.12.21)

「ドクターX」最終回!あらすじで全話振り返り(2016.12.21)

●2016年12月23日 丁晟監督 ジャッキーチェン主演  中国コメディ映画《鉄道飛虎》中国公開!

●矢野浩二带您畅游日本 本州+北海道4天3晚 春节特别推出 ANA往返直飞  冬の日本本州&北海道(1/29~2/1)を満喫して下さい! 僕も同行しますよ! 東京発着(予約)大阪発着(予約)

JTBと連携し、俳優・矢野浩二さんが中国語で日本各地を紹介する、自治体・観光協会向けインバウンド広告商品を新設(2016.12.19)

ドクターXで存在感 “逆輸入俳優”矢野浩二にブレークの萌芽(2016.12.18)

“逆輸入俳優”矢野浩二『ドクターX』ゲスト出演 中国のネットがざわつく(2016.12.15)

他在中国是“鬼子专业户”,回日本却演中国人(2016.12.10)

往年のヒーローから、今ホットな人物まで・・・今、中国で有名な日本人はこの人たちだ=中国メディア(2016.11.22)

《THE WONDER OF 九州》マスコミ発表会   場所:上海梅龙镇伊势丹   住所:上海市静安区南京西路1038号   時間:11月14日 13:00~14:00

《铁道飞虎》黄子韬、矢野浩二造型曝光 12月30日全国公映(2016.11.10)

BS朝日《ザ・インタビュー》~トップランナーの肖像~
11月6日OA予定

逆天了!矢野浩二给日本姑妈逆代购中国稻米油(2016.11.2)

矢野浩二回日本发展,得到的真实评价却是这样(2016.10.15)

矢野浩二加盟《龙探社》 演绎暗黑悲情大boss(2016.10.12)

《龙探社》开机 矢野浩二:和曹骏演打戏压力大(2016.10.12)

【10月8日公開!】映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」

<本田望結>天才美少女探偵役でドラマ初主演 ミステリーの女王・名取裕子も絶賛の女優魂(2016.10.7)

●FM28局「PEOPLE 編集長!お時間です。」ゲスト    放送日時:10月16日(日) 5:00~6:00

雑誌《Japan-i畅游日本》表紙&インタビュー(10月発売)

フジテレビ《NONFIX》「飛蛾投火」~ボクが見た中国、映画に夢を追う人たち~ ナレーション担当  2016年10月6日(木)02:35~03:35 放送

●9/26(月) 21:00~22:54 TBS月曜名作劇場《天下御免トラック野郎 銀ちゃんの事件街道!》

テレビ朝日ドラマスペシャル《瀬戸内少年野球団》
9/17(土)放送! 波多野提督役で出演しております。
どうぞ、ご期待ください!

アメブロYano Koji Official blog 始めました!!

韓流スターとは違う!中国で活躍の日本人俳優、人気番組で中国をたたえる―中国ネット(2016.9.8)

舘ひろし、“トラック野郎”熱演 スカジャン&サングラスに「あれ? 昔に戻っちゃった」(2016.9.3)

舘ひろし、紳士なトラック野郎「銀ちゃん」に変身!デビュー40年すぎて新境地(2016.9.3)

武井咲&三浦貴大がSPドラマの撮影エピソードを語る(2016.9.3)

9/6(火)  テレビ東京《開運!なんでも鑑定団》ゲスト出演

● 企画プロデュース:EXILE HIRO

10/8ROAD SHOW  映画 『HiGH&LOW THE RED RAIN』 出演

演员矢野浩二与旅日华侨交流中日文化艺术(图)-中国(2016.8.30)

矢野浩二出席2016T台之星中国少儿模特盛典(2016.8.24)

#爱心一碗饭# 生動画チャット(2016.8.22)

矢野浩二:我的第二个“情人”赤海道(2016.8.13)

未来への道 1000㎞縦断リレー(ゲストランナー参加)

これが正に波乱万丈崖っぷちの来歴!

矢野浩二さん<上> 中国に渡ったときの所持金は「90万円」(2016.7.26)

「中国人への固定観念を深く反省」=市川海老蔵さんのブログに、日中で活躍する俳優もコメント(2016.7.17)

中国語力が高すぎる海外有名人総ざらい(2016.7.5)

●雑誌《Gainer》2016年8月号 「ふと、一呼吸」の幸せな過ごし方とは″大人の男の句読点″インタビュー

初の連ドラ化「警視庁・捜査一課長」 平均10%超えの快挙(2016.6.25)

●2016/07/03 (日) イオンモール福岡にて「矢野浩二トークショー」(1)13:00~ (2)16:00~

●テレビ朝日《徹子の部屋》6月23日放送!

● 跟随矢野浩二探访日光山轮王寺(動画)

●テレビ朝日連続ドラマ《警視庁 捜査一課長》4月~6月放送!

矢野浩二为何最喜欢“西里君”(2016.6.8)

第18届“走近日企·感受日本”中国大学生团访日(2016.5.31)

●テレビ朝日系ドラマスペシャル『ゴールドウーマン』(5月28日 後9:00~11:06) 帝都銀行の顧問弁護士・石田晃嗣を演じています。

●2016年5月20日 25:20-25:50 テレビ朝日「GO!オスカル!X21」にロケゲストで出演しています。 是非ご覧なって下さい!

中国でドラマに抜擢 崖っぷち時代の矢野浩二を救った恩人(2016.5.2)

“鑑識官”矢野浩二「このドラマは全力の直球勝負」(2016.4.28)

小雪が孤高の“キャリアウーマン”を熱演!(2016.4.23)

“たたき上げ役者”内藤剛志の主演最新作がスタート(2016.4.14) ****** 放送予定変更についてのお知らせ 「警視庁・捜査一課長 初回2時間スペシャル」は、4月18日(月)午後2時04分~午後3時55分にて放送いたします。(関東地区) ******

中国で引っ張りだこの日本人俳優が見た現実(2016.4.11)

リユース! ジャパン プロジェクト《 オークションは 応援になる》

矢野浩二被日本表彰,这样的”日本鬼子”越多越好(2016.2.26)

中国で最も有名な日本人、ライバルはくまモン(2016.2.23)

“中国で最も有名な日本人”矢野浩二が日本で本格活動を開始(2016.2.23)

河北麻友子、中国人トップモデルらにアドバイス「恥ずかしいんですけど…」(2016.2.23)

中国で活躍する日本人俳優、矢野浩二さんが外務省から表彰された理由(2016.2.23)

●矢野浩二 ライバルは “くまモン”(2016.2.23)

矢野浩二成上户彩师弟 4月回日发展演日剧(2016.2.23)

矢野浩二“出口转内销” 回归日本本土影视圈–日本频道–人民网(2016.2.23)

“中国で最も有名な日本人”矢野浩二、日本で本格活動スタート(2016.2.22)

「中国で最も有名な日本人」、母国で活動へ=俳優・矢野浩二、ライバルは「くまモン」(2016.2.22)

中国で最も有名な日本人俳優、矢野浩二 日本に軸足(2016.2.22)

“中国で最も有名な日本人”矢野浩二 日本で本格活動へ(2016.2.22)

“中国で最も有名な日本人”矢野浩二、日本活動を本格化 ライバルは「くまモン」【動画付き】(2016.2.22)

矢野浩二、森田健作知事の付き人9年間経験「議員になれよと…」(2016.2.22)

“中国で最も有名な日本人”矢野浩二、日本活動を本格化 ライバルは「くまモン」(2016.2.22)

<矢野浩二>中国で最も有名な日本人 オスカー所属で森泉ら歓迎(2016.2.22)

俳優矢野浩二に外相表彰 中国で芸能活動15年「懸け橋として頑張る」(2016.2.20)

中国で「最も有名な日本人」俳優矢野浩二が外相表彰(2016.2.20)

「中国で最も有名な日本人」 芸能活動15年、俳優の矢野浩二さん外相表彰(2016.2.20)

俳優矢野浩二さん、外相表彰中国で芸能活動15年(2016.2.20)

矢野浩二:中国是我梦想的起源(2016.1.28)

矢野浩二首秀中文字 获网友一致称赞(2016.1.22)

《少帅》北京东方热播 矢野浩二塑造全新形象(2016.1.18)

2016年1月15日 映画《恋愛教父》公開

“北漂”15年,鬼子专业户(2016.1.6)

矢野浩二:曾經看到軍服就想吐(2016.1.6)

2016年1月2日(土)18:30~22:00 フジテレビ「奇跡体験アンビリバボー!新春SP(仮)」

矢野浩二さん、中国語自伝の出版記念に大学生と交流会(2015.12.31)

日本演员矢野浩二出版自传 讲述中国漂泊15年心路历(2015.12.24)

矢野浩二谈中日拍摄差别:中国人独有的豁达和大度(2015.12.24)

小五拍戏向矢野浩二请教:他们以前辈身份教我秘笈(2015.12.24)

●映画《やさしい弾丸》北京にてクランクアップ!

●映画《RAIL ROAD TIGERS》クランクアップ!

●江戸川乱歩誕生120周年没後50年記念ドラマ「黒蜥蜴」 【日時】2015年12月22日(火)21:00-23:18 【放送】関西テレビ・フジテレビ系

矢野浩二がジャッキー・チェンの新作映画に出演!(2015.11.16)

「中国に愛された男」に外務大臣表彰=来年から日本での活動本格化(2015.10.22)

nippon.comインタビュー(2015.10.5)

●2016年新春 ドラマ《少帅》 北京衛視放送スタート!

●2015年11月 自叙伝《有梦 不怕路远》出版

演员矢野浩二:我在日本没挨过打(2015.9.28)

中国に住む日本人、韓国に住む日本人は何を思うか(2015.8.31)

●山東省にて映画≪智斗≫クランクアップ

矢野浩二获日本外务大臣奖(2015.8.24)

矢野浩二が外務省から表彰、日中の相互理解促進に貢献―日本(2015.8.19)

平成27年度外務大臣表彰

●鳳凰ネット取材

《星述》矢野浩二:和历史有关的不能太娱乐_ 视频中国(2015.7.29)

俳優・矢野浩二が娘とのツーショット投稿 日本の伝統教育を語る(2015.7.28)

●《南方周末》インタビュー近日掲載

矢野浩二否认因国家关系不上《天天向上》(2015.7.20)

浩二澄清不上《天天》并非受国家关系影响(2015.7.20)

●QIY爱奇艺ネット 新番組《骑遇记》 近日放送!

新華社ネット単独インタビュー (2015.7.4)

矢野浩二出席剧播大典 变身潮范儿熟男(2015.7.3)

●2015年7月2日 安徽衛視《星动亚洲》イベント

雑誌《VISTA 看天下》単独インタビュー(2015.6.21)

●雑誌『上海らくらくプレス』 連載《矢野浩二のガチンコお悩み相談室》 月刊誌「whenever北京」「whenever天津」「whenever蘇州」にも掲載!

中国でキムタクより人気 俳優、矢野浩二の魅力 日本兵役にも自分色(2015.6.12)

●矢野浩二:来中国是人生最重要的决定(2015.6.4)

矢野浩二签约日本奥斯卡 中日合璧打造演艺路(2015.6.1)

ロンドン国際中国語映画祭に矢野浩二が出席、日本人俳優初の快挙(2015.5.19)

●2015年5月17日 ロンドン映画祭出席

欧弟与老婆郑云灿布拉格婚礼照片曝光 俞灏明矢野浩二现身祝贺(2015.5.8)

矢野浩二俞灏明空降欧弟婚礼 夫妻二人热泪盈眶(图)(2015.5.8)

米ドラマに大抜擢の祐真キキだけじゃない!世界で活躍する日本人俳優たち―中国メディア(2015.4.20)

北京国際映画祭のレッドカーペット、矢野浩二を襲った珍事にビックリ―中国(2015.4.18)

北影节两男子蹭红毯 剧组曝细节始末(2015.4.18)

矢野浩二北京电影节遇骗子!竟勾肩搭背共同走红毯!(2015.4.18)

北影节两路人蹭红毯挽明星拍照 已被抓获(2015.4.17)

路人冒充明星“闯入”北京电影节红毯(组图) – 新闻 – 国际在线(2015.4.18)

北京电影节“影帝”出炉 矢野浩二曝骗子神演技(2015.4.17)

●2015年4月16日 北京国際映画祭

【东方脸】盘点活跃在外国影视剧中的日本面孔【4】–日本频道–人民网(2015.4.15)

《恋爱教父》矢野浩二哭戏获赞 公益传播正能量(2015.4.14)

一站到底袁姗姗袁弘矢野浩二智力PK 天使的城主创齐“掉坑(2015.4.14)

2015年4月13日 21:20 江蘇衛視《一站到底》

● 新作映画《恋爱教父》クランクアップ!

●2015年3月28日ドラマ《天使の城》浙江,江苏衛視にて放送スタート!

《天使的城》矢野浩二变身霸道总裁(2015.4.10)

钱枫因汪涵想找重庆女友,浩二为戏把内裤戴头上(2015.4.10)

矢野浩二がラブコメに主演、日本人俳優としては異例の出演―中国(2015.3.10) 

 ●恋爱教父》开机 矢野浩二演麻辣设计师(2015.3.10)

电影《恋爱教父》在重庆开机 明道矢野浩二进香祈福(2015.3.8)

让你意想不到的角色大反转(2015.3.8)

矢野浩二:演好人还是坏人是无所谓的问题(2015.3.6)

2015年2月号 上海whenever online インタビュー『俳優 矢野浩二』

2013年2月13日(金) 24:10~日本テレビ《NEWS ZERO》特集『FROM ZERO

●2015年3月28日ドラマ《天使の城》江蘇衛視、浙江衛視中国全土放送スタート!

●2月新作ドラマ《少帅》クランクアップ!

北京で日中合同成人式、駐中国大使や俳優・矢野浩二氏らが新成人を祝福―両国の大学生250人が参加(2015.1.12)

矢野浩二中日友好成人礼 盼与青年共努力(2015.1.12)

「お互いに信頼を」北京で日中合同成人式(2015.1.11)

北京の成人式に矢野浩二氏登場 「なにクソでいけ」(2015.1.11)

中国“人气王”矢野浩二现身成人礼 勉励青年需“拼尽全力”(2015.1.11)

中国で大活躍の日本人俳優、「2015年も役を通してメッセージを発信、どれだけ感動できるかが大事」―矢野浩二(2015.1.3)

NHK BS-1《関口知宏のアジアで生きる流儀》 2015年1月2日(金)[BS1] 後7:00~8:50(ニュース中断あり)  19:00~ 前編・韓国(50分) 19:50~BSニュース 20:00~ 後編・中国(50分)

上海余話 ドラマと現実は別(2015.1.1)

矢野浩二盼演爱情戏 力压木村拓哉成人气王(2014.12.29)

《釜底抽薪》举办发布会 矢野浩二挑战新角色(2014.12.29)

《烽火双雄》主创专访 矢野浩二不演鬼子演八路 秋山其实很复杂(2014.12.26)

「百度」、中国人が今年最も多く検索した「日本」に関するキーワードを発表!気になるドラマ、芸能人のランキング結果は?(2014.12.25)

中国人は日本の何に興味がある?バイドゥが「日本」に関する検索キーワードランキングを発表(2014.12.25)

《烽火双雄》举行发布会 矢野浩二笑翻现场(2014.12.25)

中国人が検索した「日本」を発表……中国・百度の2014年検索キーワードランキング(2014.12.24)

抗日ドラマで日本人が初主演「複雑な内面描いた作品」「新しい日本人像」(2014.12.23)

  ●矢野浩二weibo(中国版ツイッター)

周迅刘诗诗矢野浩二 明星闪耀国剧盛典(2014.12.18)

矢野浩二亮相国剧盛典红毯(2014.12.18)

日本人八路軍がドラマ化、中国人のために戦った日本人兵士を描く―中国メディア(2014.12.13)

日本人八路軍がドラマ化される(2014.12.10)

矢野浩二さんが講演とゲーム北京第二外語講堂は爆笑の渦(2014.12.3)

高倉健さんの死に中国からも続々と哀悼コメント、チャン・イーモウ監督に日本刀贈ったエピソードも―中国メディア(EXCITE ニュース)

第8回、第9回日本Video Research で中国での日本人タレントイメージ調査 男性タレント部門一位に2年連続で選ばれました!

●11月《金戈铁马》クランクアップ

●11月 ドラマ《青年旅舎》クランクアップ

●重慶にて映画《皮城風雲》のクランクアップ!

●9月12日 北京電視台 影視チャンネル《烽火双雄》放送スタート!

●9月18日 連続ドラマ《戦神》浙江,江蘇 貴洲 黒竜江 4局影視で放送スタート!

●2014年 8月 19日 天津衛視《秘境》放送!

天津衛視《秘境》weibo

●2014年 5月 26日 天津衛視《秘境》放送!

●CCTV4 ドキュメント《外国人在中国》 近日放送!

日本人俳優、中国抗日ドラマで主役級=日本での反応に本人が胸の内を語る(2014.9.16)

矢野浩二《烽火双雄》饰另类鬼子联手抗日(2014.9.16)

●日本演员矢野浩二新片演八路(2014.9.11)

●《烽火双雄》矢野浩二翻身当八路怕改词(2014.9.11)

●矢野浩二尝试银屏转型:不演鬼子演八路(2014.9.11)

●日本演員矢野浩二演“八路” 感慨:演好人不容易(2014.9.11)

●《烽火双雄》14日将开播 矢野浩二当“八路”(2014.9.12)

●《烽火双雄》矢野浩二翻身当“八路”(2014.9.12)

矢野浩二电视剧《战神》演间谍 自爆多重人格(2014.8.29)

●矢野浩二再录真人秀《秘境》 遭遇空前大考验(2014.8.18)

●矢野浩二:球迷自视过高包括我 日本问题出在前四年(2014.6.26)

矢野浩二がザックジャパン応援動画を投稿、中国ネットユーザーの反応は?―中国(2014.6.14)

●矢野浩二探险天津卫视《秘境》(2014.6.4)

●矢野浩二:喜欢吃完晚饭出去溜达(2014.5.31)

●矢野浩二探险《秘境》引热议 真人秀尽展热情(2014.5.27)

●《秘境》黑竹沟篇将播 矢野浩二曝“糟糕”体验(2014.5.27)

《秘境》黑竹沟篇将播 矢野浩二探险中国百慕大(2014.5.24)

●高清:矢野浩二最新帅气写真 尽显成熟型男魅力(2014.5.21)

●矢野浩二录《秘境》 明星组队探险“死亡之谷”(2014.5.14)

●吴尊品冠矢野浩二 揭秘中国淘金老外如何理财【3】(2014.5.6)

 <日本人が見た中国>日本人が中国で活動する意味は何か?(2014.4.22)

矢野浩二电影路演 苏有朋赞其适合爱情戏(網易娯楽2014.4.21)

映画「最有力容疑者」が北京映画祭に 矢野浩二が出演(人民網2014.4.18)

●《最佳嫌疑人》成都见面会 监制望陈乔恩夺影后(南海網2014.4.18) ●苏有朋、陈乔恩《最佳嫌疑人》重庆首映会(動画2014.4.18)

《最佳嫌疑人》全球首映礼 苏有朋陈乔恩携手亮相(人民網2014.4.18)

矢野浩二亮相电影节 《最佳嫌疑人》二到无下限(捜狐網2014.4.17)

苏有朋领衔《最佳嫌疑人》北京电影节“耍酷”(组图)【3】(人民網2014.4.17)

《最佳嫌疑人》苏有朋剃眉自毁形象 刘桦零片酬捧场【2】(人民網2014.4.17)

丁海峰矢野浩二出演《烽火》 血性汉子心照不宣(捜狐娯楽2014.4.10)

《最佳嫌疑人》矢野浩二 “这次我只负责搞笑”(新浪娯楽2014.4.8)

《嫌疑人》跨国特辑 矢野浩二负责搞笑(新浪娯楽 2014.3.31) 映画《最佳嫌疑人》4/14上海, 16日 北京, 17日 成都, 18日 重慶, 19日 涪陵 公開記念記者会見決定!

中国で活躍する俳優・矢野浩二が大学で講演、日中「蜜月時代」再来を望む学生も―北京市(YAHOO JAPAN ニュース 2014.3.27)

矢野浩二大学演讲火爆 化身情感治疗师(新浪娯楽 2014.3.26)

知名日籍演员矢野浩二在京与青年学子交流成长经历(新華網 2014.3.26)

●3月下旬 ドラマ《天使の城》クランクアップ!

矢野浩二《天使的城》转型与袁弘手足情深(新浪娯楽 2014.3.20)

日本舞踊の会が日本大使館で開催=俳優の矢野浩二もゲストで参加―北京市( 2014.3.17)

日本演员矢野浩二在京热情声援中日文化交流活动(人民網日本 2014.3.19)

微妙な日中関係のなか、番組復帰を待望される「矢野浩二」という俳優―中国ネットユーザー(2014.2.12 )

アメリカCNN “Actor helps China-Japan relations?” (2013.12.12)

新浪微博之夜红毯-矢野浩二金素丽秀中文 (2014.1.15

大衆網)

矢野浩二突然现身大使馆成人仪式 告诫“要相信他人”(2014.1.14 人民網)

200余“新成人”参加“2014中日友好成人仪式 (2014.1.13 公共外交网)

日中合同成人式、日本大使館で開催=ゲストに矢野浩二さん―北京市(2014.1.12)

矢野浩二讲述开淘宝店心路历程(2013.12.18 网易财经)

●总策划246期 搜狐新闻当事人“伪卖国贼”浩二的生存逻辑 (2013.12)

中国で一番人気の日本人タレントは誰?―日本企業調査(2013.10.10)

“日本兵専門役者”は卒業、矢野浩二さんが最新映画「最佳嫌疑人」で新境地―中国(2013.9.19)

中国で人気の日本人俳優・矢野浩二、「日本兵専門」とバラエティーは卒業―中国(2013.8.30)

中国で活躍する俳優・矢野浩二、所属事務所と5年の再契約―中国(2013.8.30)

日本人俳優・矢野浩二が“日中友好”語る、木寺中国大使と会談―北京市(2013.7.29)

「外交に魔法や奇跡はない」「中国の地で日本を発信したい」、木寺駐中大使と日本人俳優が面会―中国(2013.7.25)

<日本人が見た中国>若者は政治や日中外交に興味なし?次世代の視点による友好樹立に期待―日本人俳優(2013.4.12)

<日本人が見た中国>僕がステレオタイプの“鬼子”日本人役とおさらばした理由(2013.3.12)

●淘宝ネット《浩二家の店》OPEN!

《同天》個人ページ 矢野浩二 大陸で生きる思い

矢野浩二 | Facebook開設しました~!   -TV/バラエティ-

「金田一少年の事件簿 ~香港九龍財宝殺人事件~」DVD&Blu-ray 2013年3月13日発売!

●2014年1月11日<日中友好成人式>日本テレビ系(NNN動画)   -新聞/雑誌-

日中合同成人式、日本大使館で開催=ゲストに矢野浩二さん―北京市 (YAHOO JAPAN ニュース)

<日中友好成人式>北京で200人「国民同士の関係大丈夫」(毎日新聞)

●雑誌《上海whenever》2013年 12月号 interview「人々の心から、心理的な国境の枠を取り払いたい」

「AERA」(朝日新聞出版)インタビュ‐

世界で活躍し『日本』を発信する日本人   -書籍-

自叙伝≪大陸俳優≫<アマゾン予約>

●書籍《在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由》 (在中日本人

矢野浩二(ヤノ・コウジ) 出演の映画ドラマVCD/DVD

今年も残すところわずか。

20151218_205336_mh1450443293142

 

 

 

 

 

自分の理想に近づいていけた、その余韻を残しつつ2015年を終える形になりました。

今年は映画の出演に恵まれた。

コメディ映画《恋愛教父》、コメディな役《不许动》 、ジャッキーチェンの新作映画《鉄道飛虎》、王学圻監督の映画《優しい銃弾》。どれも個性豊かな役柄でした。

ドラマでは新境地とも言える中国古装劇《海上牧雲記》にも出演。

4,5月と北京、ロンドンの国際映画祭に出席。

8月には外務大臣表彰に表彰されることが発表された。

11月には久々に日本のドラマ《黒蜥蜴》に参加。

12月29日は中国語版自伝《有梦 不怕路远》が出版される。

こう見ていけば、今年も充実な一年だったと言える。

来年はいろんな意味で変化の一年になるだろう。

ただ変わらないのは信念だけ。

ここは変わる必要もないし、変われない。

綺麗ごとは聞きたくもないし、言いたくもない。

自分の理想とする道を信じて進むだけ。

それだけを考えてやっていきます。

ようやくだね。。。

2015年、ありがとう。そしてサヨナラ。

 

江戸川乱歩誕生120周年没後50年記念ドラマ「黒蜥蜴」出演決定!

12391372_414245928786760_8356607660376264475_n

 

 

 

 

 

 

写真は今撮影しているドラマ《海上牧雲記》。

中国朝廷役を演じています。

日本人が中国皇帝ものに出るというのはあまりないかもしれません。
例えになるかわかりませんが、ある中国人俳優が日本の時代劇で武士を演じるようなもの?(笑) それぐらい、あまり見れないことかもしれません。
この得難い機会を楽しませてもらって演じさせてもらってます。
ちなみにこの衣装、重さ10キロあるんですよ~!
俳優も楽じゃありません(笑)

得難い機会と言えば、これも得難い!

関西テレビ・フジテレビ系スペシャルドラマ「黒蜥蜴」で矢野浩二が出演致します!

矢野が演じるのは、刑事・磯沼和範役。

江戸川乱歩誕生120周年没後50年記念ドラマ「黒蜥蜴」
【日時】2015年12月22日(火)21:00-23:18
【放送】関西テレビ・フジテレビ系
※真矢ミキさんが主人公・黒蜥蜴、剛力彩芽さんが事件のカギを握る令嬢・岩瀬早苗役で出演なさいます。

ぜひご覧なって下さいね!!

http://www.oscarpro.co.jp/#/news/entry/75623

 

 

家族に乾杯

mmexport1440416550795

 

久々に北京の下町・南锣鼓巷に来ました。

ここは自分が北京で生活を始めた、いわゆる原点の場所。

相変わらず、北京の下町の人たちは愛嬌がありますねぇ。。

とは言っても、結構地方の人が多かったです。

首都はどこでも同じですね。

今回はテレビ東京≪未来世紀ジパング≫の密着。

でも、僕が中国の街を練り歩くと、いつのまにか≪家族に乾杯≫みたいになってました。

中国版≪家族に乾杯≫、これは、自分でいうのもなんですが、自分しかできないでしょう(笑)

それもこれも、中国の人たちは自分を見て、構えることがないんですね。

自分を見ると砕けてくれる。

構えると砕けるでは態度が全く違います。

気を許してくれるというのが、自分とみんなの間で温かい雰囲気を醸し出す原因となっている。

いつか、機会あれば日本でも、中国でもこういう番組やれたらいいね(v^ー°)

 

转型(変化)

20150713_133045_001_mh1436767777712.jpg1

 

 

 

 

 

 

汪涵(ワンハン)から天天兄弟の栄誉リングを頂きました!
天天兄弟は永遠だ!
ここ数年は俳優の仕事に集中させてもらってるので、《天天向上》はご無沙汰してます。
ある人が日中関係の影響で浩二は《天天向上》に出てないんだと言ってますが、
それは違います!
今後、日本のゲストが出ることがあれば、いつでも盛り上げに行きますよ~!
現在は、現代ドラマの本読みに集中してます。ありゃ?まだ、当分戻れないわ~(笑)

突然ですが人間はいろんな人がいる。
事情もわからないのに、好きかってな事言う人がいる。
でも、根本的には別にそんなに違いはないと思う。
この世界は小さな蟻から見たら
男であろうが女であろうが
若かろうが年とっていようが
中国人であろうが、日本人であろうが、アメリカ人であろうが、
大きな生き物にしか見えない。
蟻から見れば、僕らはみんな同じ。
そんな変わらないと思う。

でも、役に関して言えばそうではない。
いろんな役がある。日本人の役もさまざま。
中国ではいつも同じようなただ悪いだけのイメージの軍人役をよく見る(笑)

最近、あるインタビューで「矢野さんはどのような役者を目指してるのですか?誰か尊敬する俳優はいますか?」と聞かれた。
自分は「ここでは言えませんけど、尊敬してる俳優さんはいます。自分は彼のお芝居が好きですが、彼になりたいとは思っていません。まず彼になりたくてもなれませんから。自分はどの役も個性のある人物を演じ続けていきたい。ただそれだけ。300シーンの役であろうが、3シーンの役であろうが、善人であろうが、悪人であろうが、個性のある人物を演じていきたい。
だから、中国ではよくある単調で滑稽な日本軍人役は今は演じていないが、今後も演じることもないでしょう。でも個性のある人物なら喜んで受ける。

ここ8年、自分が演じた日本人役はドラマ《狙撃手》での冷血なスナイパー、目と表情でその人物を表現することに集中した役。
ドラマ《翡翠鳳凰》では幼馴染の中国の友人との絆が、戦争によって友情が崩れていく。戦争、そして軍部に対して矛盾と絶望を感じる日本軍人。
ドラマ《特战先锋》そして映画《東風雨》では、リスクと危険が背中合わせの中、反戦同盟員として命をかけて任務を遂行する日本人スパイ。
ドラマ《養母》では 戦争によつて中国の女性に育てられた姉の子供を日本に連れて帰るため、北京へ。そこで、中国女性の強靭な精神、そして優しさに触れ、思い改める日本人の役。この役は自分に非常に近い思想をもっている。

ドラマ《浮沈》では日本企業の社長。彼は苦行僧のような精神状態の人間’。

ドラマ《烽火双雄》では戦争時代の実在人物・日本八路。
ドラマ《战神》では命を懸けて正義を貫いた日本人スパイ。『平和を愛する日本人なら、私の行為を理解してくれる』という言葉は現代社会にも通じる大事なメッセージ。
ドラマ《少帅》では、平和といういう望みを最後まで捨てなかった日本軍人。
ドラマ《天使の城》では仕事に情熱を注ぐ中国人役。
そして映画《最佳嫌疑人》と《恋爱教父》では中国ではあまり見ることのないコミカルな日本人キャラクター。

見てる人が自分の役を見て、少しでもいいから思考や啓発をしてくれれば、こちらとしては大満足。何も感じることがなかったら、役者にとっては不幸なこと。
今の中国での日本の軍人役にはそういう思考や啓発を感じる役がほとんどないのが現実。
身体が強靭で、ひげ面で汚く、滑稽な日本語を話すのが日本の軍人だというイメージが固定されているのも残念に思う。もう少し多様化した人間像を表現していくべきだろう。
自分はこれからも個性のある人物、日本人の精神、文化、習慣を伝えることにただただ追及していきたい。そういうことを中国の視聴者に演技を通じてメッセージとして伝えていくことが、役者ができる特権。
なぜなら、それが日本人の役者が異国の人に見せる唯一の出来ることだから。
従来の日本人へのイメージを180度変えられる。そういう役を演じ続けてていきたい。それが、自分の究極の目標。
ハハ~~今日は語ってしまった~~!

分かりあうために

001_4844-_副本

 

今、少し困ってる。

ある特別な作品の依頼がきているのだけど。。

やりたい。

でもそれを引き受けるにはプライドを捨てなければならない事情がある。

詳しいことは言えないけど。。分かる人は分かるかな。。(笑)

でもプライドってクソくらえだね。。

自分が後ろに下がって、相手の意向を尊重することによって、

自分の理想を得ることもできる。

一歩下がって勝利を得るということ。

それもいいでしょう。

役者っていうのはその人の心を表現するんだろうね。

傷つけあうためではなく、

みんなが分かりあうために。。

そのために、俺は引き受けるよ。。

“勢い”を感じる瞬間

 

mmexport1431986098344ここ数年の中国映画の盛り上がりは凄いものがある。

僕はここにいて肌で感じますね。

冗談でこんなこと言う人もいます。

『ハリウッドで売れたかったら、中国にいれば実現できる可能性があると。』

最近、アメリカとの合作も多いからだろう。

グローバルな合作が多いのは事実。

中国映画は今、チャイナブランドを世界に発信している。

日本映画もこのようなことが出来ればいいのに。

そして中国との合作を数多く実現できればと思う。

少し前は、『何かこれをやりたいんだけど』と思っても、

ただ口にするだけで、前に進めなかったし、進むとも思っていなかった。

今は、『これをやりたい!』と思ったら、大変だと思うけど、なんとかなるんじゃないかと思ってしまう。すぐ企画に入る。

それがここ数年のチャイナの“勢い”を感じる瞬間です。

まだここには違う伸びしろが埋まってると思いますよ。

天天兄弟全員集合

20150507_110721_mh1431127452871

チェコのプラハだよ~~

欧弟の結婚式に出席しました。

久々の全員集合。

酒がすすんでいろんな事をみんなと話した。

いろんな事が変わろうとしてるのかも。。

こうやってみんなと会える日を心待ちにして2年半

6人の男はそれぞれにいろんなものを背負いながらやっている。

それぞれに違うキャラクターの6人。

違うからこそ、互いを認めあっている。

ライバルとかでもなく、妙に励ましあってるわけでもなく、

でも、互いに気にかけてる仲間。

どこかで繋がっている。

それでいい。。

太い絆などいらない。

繋がりがあればそれでいいのだ!なんでバカボンのパパ口調?(笑)

《恋愛教父》殺青!

5X7A1693 (1)_副本_副本

 

 

充実感と虚脱感。40日間奔走してきました映画《恋愛教父》がアップしました!

今回の役どころは海外から戻ってきた下着デザイナーという面白いキャラクター設定の役でした。

女性が理由で墜落した男三人が、ある日団結し3人の女性に爆笑物の破天荒な“復讐”をする。

コメディなんですが笑いあり涙ありの作品。

コメディは大好き。

なぜなら、準備段階から頭を柔らかくして役柄を作り上げることができる、ストレスがたまらない。

“こんな表現したら面白いなぁ~”という胸躍る楽しさがある。

基本、自分が楽しまなければ、観衆も楽しまないと思う。

だから、あまり考えすぎずに自由に役作りができるコメディは楽しい。

一つ異議を唱えるなら、中国での作品は検査が厳格なので、コメディだとわかっていてもあまり卑猥な表現や言葉はできない。

その辺が遺憾かな。。(●´・△・`)

事前準備した80%は使用禁止でした。。(笑)

 

ここ2,3日頭をぽか~んとさせたい。

ゆっくり子供に絵本を読んであげたい

ゆっくり家族で食事がしたい

ゆっくり家のお風呂につかりたい

とにかくゆっくりしたい

16日、北京国際映画祭のレッドカーペットを歩きます。

これもゆっくり歩くぞo(*^▽^*)o♪

 

 

 

《NEWS ZERO》

《NEWS ZERO》皆様、ご覧なってくれましたか?
沢山の方から、メッセージを頂戴してます。
スタッフ,関係者の皆様の『伝えたい』という思いが感じられ、大変有難く、そして嬉しく思っております。
日中関係の話題と言えば今まではマイナスな話題が比較的多かったですが
今回のような角度からの報道メッセージは稀にないものだと思います。
そこにスタッフの皆様の情熱を感じました。
人には心の声があります。
幸い、自分はこのような俳優という仕事をさせて頂いてるご縁で今回のような自分の心の声を伝えさせてもらう機会を頂きました。《NEWS ZERO》スタッフ関係者の皆様には心から感謝しています。
選挙映像にはビックリでした!
あのような映像が残ってるというのも凄い!
日本のテレビ局の映像資料の膨大さを伺えます。
今後日中関係はさまざまな岐路があるでしょう。
ですが、自分は変わらず日中間の間で“希望”そして“期待”を伝えつづけたいと思います。
冷静に平静にです。
今回の特集は僕にとって『矢野、頑張れ!』と励ましのエールを送ってくれたものだとも感じております。
これからも、一つ一つ精進して参りたいと思います。
テレビを見て下さった方からメールでこのような声を頂きました。
『日中友好のために撮影現場でひとり闘われている姿に、感謝と尊敬の気持ちと、勇気をもらいました。矢野さんは今まさに、中国の人々と歴史をつくっているんですね。』
歴史と聞けば、何か大袈裟なように思えますが、よく考えて見ると何かを変えていく、変わっていくということはこういう事かもしれないなと。みんなで作っていくものだと。それは価値観であったり、観念であったりいろいろです。
そこには心の声を伝えたい強い思いがなければなりません。
それを思い続ければ、何かが変わることに繋がっていくんではないでしょうか。
今、中国は年末の雰囲気です。もうすぐ春節(旧正月)です。
春節明けから新作の映画がクランクインします。
中国現代恋愛コメディ映画の主役の一人をさせて頂きます。
変えたい、そして伝えたい思いを大事に次回作突っ走っていきたいと思います。
今後も応援よろしくお願い致します。

強い気持ち

4a6c545ejw1ep1z84jq9zj20ez0qogm2

日本に帰るというのに、自己至上最短の21時間滞在。

打ち合わせなんですけど、8日夜に羽田に着き、9日午後打ち合わせ、9日夜には北京に戻ります。

今回はこんな感じなので、東京のお友達にはお伝えしてません。

ご理解を!

あまりにも短時間滞在だからね。。(笑)

いつも日本に戻る時は特別な感情が湧き出てくるんですけど、

今回は滞在時間が短いからなのか、一種の出張感覚でいる。

国と国をまたいだ感がない。

でもこの感覚は僕にとっての理想でもある。

そういう動きをやっとできるようになる。

これからどんどんしていければいい。

理想をもち続ければ実現する可能性が生まれる。

それを信じているから。

友達が言ってくれた『中国のネットでファンが言っています。日本人である浩二が

中国のドラマで英雄役を演じるんだから、この世に不可能なんてない』と。

本当にそうかもしれない。

10年前には『そんなのありえねぇだろう!』ということが今は実現している。

自分が証明しているんだから、これからも不可能を可能にできる。

必要なのは強い気持ちだけ。

内幸町の夜景を眺めて寝ます。

おやすみなさい。。

 

 

新しい旅

 

 

4a6c545ejw1eoxejdft9fj20hs0np3z4長い旅でしたが、ドラマ《少帅》がクランクアップしました。

ほっとするのもつかの間、又次の旅への準備です。

旧正月明けには新しい旅が始まる。

新しいものに取り組むってワクワクするしドキドキする。

その思いをカムフラージュする為にこんな顔してます(笑)

 

 

《日中友好成人式》

去年に続き、今年も《日中友好成人式》に出席しました。

このような式に出席できることを中国で生活している日本人として光栄に思っています。

僕は“友好”という言葉をあまり使いたくない。

なぜなら、それは当たり前のことだから。

しかし、このブログ内では言いたいな。

今までも、そしてこれからもなにがあろうとも、僕たちは友好であるということ。

このような式では「日中友好のため。。」のような言葉は言いません。

昨日はみんなに自分の気概の話をしました。

僕は講演やこのようなみんなの前で話をする時は、みんなにメッセージを送っている。

そのメッセージは自分に対して鞭打つ意味もある。

自分に対しての確認というか、気づかせる意味。

思えば20年前、日本での俳優人生。泣かず飛ばずでした。

全く良い機会に出会えなかった。

大きな土俵に上がりたかった。自分に注目をする人は誰もいなかった。

その時、1999年12月当時の所属事務所のマネージャーから電話があった。

「中国でのドラマの話がある。やりますか?」

迷わずやりますと答えた。そして2000年4月初めて北京に来、3ヶ月間撮影をした。

撮影を終え、即決意、「中国でやろう!」と。

その根底にはリベンジ精神みたいなものがありました。

日本で誰も自分を相手にしてくれなかったから。

自分の心には「なにくそ!」という思いがあった。

さすがに14年経った今はそういう思いはありませんが。。(笑)

人生の節目節目にはこのような気概が必要。

この気概が自分を次の行動に導いてくれる、そのように思う。

そして変化を恐れないこと。

変化なくして成長なし。

個人も世の中も必ず変化する。

だからもやもやした日中関係も必ず変化する。

新成人の皆さんも「なにくそ!」精神でこれからの人生頑張ってもらいたい。

成人式は遠い昔に過ぎましたが(笑)僕もこの気概をもってこれからも奮起しますよ!

北京で日中合同成人式、駐中国大使や俳優・矢野浩二氏らが新成人を祝福―両国の大学生250人が参加

 

 

《関口知宏のアジアで生きる流儀》

昨日のNHK BS-1《関口知宏のアジアで生きる流儀》

なんか生意気なことを言っておりましたが。。(笑)

いろんな方から感想を頂いております。

ありがとうございました!

自分は毎日進歩したいと思っています。

以前、東京の付き人時代。

俳優の仕事がない時に、一件でも多く制作会社へ挨拶に行っていた。

それで満足していた。

夜、師匠が食事会している時、店の駐車場に停めている車の中で台詞の練習をしていた。

それで満足していた。

毎日、何かを前に進める。

夜寝る前に「あ~~、今日何もしてなかった~」にはならないように。

たとえミジンコのような小さいことでもいいから一日何かを進めたい。

そう自分は思っています。

今でも変わっていません。

一日何かを進めようという強い決心が自分を鼓舞します。

それが自分を支えている精神なのかもしれません。

さて、明日は何を進めようかな。。(笑)

中国で大活躍の日本人俳優、「2015年も役を通してメッセージを発信、どれだけ感動できるかが大事」―矢野浩二

2015年 明けましておめでとうございます!

2015年明けましておめでとうございます!
昨年は一言で言えば気づかされた1年でした。
沢山のことに気づかされました。
良いことも悪いこともありましたが
僕にとって全てが収穫でした。
恥ずかしながらこんな年になって初めて分かることが沢山ある。
実のところ、大人も子供も同じかもしれない。
毎回何かに気づいて成長していく。
新しい2015年も沢山気づきたい。

今年は新年から日本のテレビで矢野が見れます。
2015年1月2日 NHK BS-1 19:00~20:50《関口知宏のアジアで生きる流儀》が放送されます。 (僕は20:00~20:50の後半の部です) 是非ご覧なって下さい!

少し話は変わりますが、例えば旅行とか行って人気の宿とかに泊まる。
素敵な宿で、美味しい料理、行き届いたサービス。文句なく素晴らしい。
でも、最終的に客の記憶に残るのはそんなことではない。
その旅館の女将さんの話した言葉に印象に残ったとか、サービスに熱意があったとか、地元で知り合った別のお客さんが変な人で面白かったとか。。そういう人との関わりに実は忘れられない思い出が潜んでいると思う。実は《関口知宏のアジアで生きる流儀》は、全て“人”が関わっています。今までもそうだったが、これからも人と真剣に向き合っていく、その姿が記憶に残る何かを生み出すんだと思う。
2015年さん、よろしくお願い致します。
そして皆様、本年もよろしくお願い致します。

伝える 感じる

005ExeCZjw1emvhktdu3sj30qo0f040h

 

 

 

 

3度目となる中国での講演を北京第二外国語学院で行いました。

定期的ではないですが、中国の学生との直接交流が出来るこの機会は僕にとって特別な時間です。

生意気なことはいえない。

内容はほとんど笑える実体験の話。

でもその中で一つの言葉をメッセージとして伝えるようにしている。

それは僕が今大事にしている言葉。

ある意味その時の自分を象徴する言葉。

みんながどう受けてもらえるかはみんなの自由。

人はみんな千差万別の見方をもってるから。

何かを感じてもらえればそれで充分。

伝える、そしてどう感じてもらえるかです。

これからも、伝えますよ~(o^^o)

 

平静

早いもので2014年も残る2ヶ月を切りました。

8月から映画1本、ドラマ3本、きつい中でやって参りました。

11月11日、ドラマ《金戈铁马》がクランクアップ、12日日本へという予定で全て準備万端だったのですが、制作チームが突然「まだ取り残しがある」と。

なんじゃ~~~!!!

マネージャーに事実関係を問いただすと、彼もどうすることもできない状態。マネージャーを責めても仕方ない。ただこういうことは二度とないよう釘だけは刺した。

便もホテルもすでに手配済み。一番辛いのは仕事関係の大事な面会、友達の結婚式、身体の検査等々、2ヶ月前に決まったことを全てキャンセルしなければならない。それが予定通り遂行されないことが情けない。

映画のチームだとそんなことはないが、こっちのドラマをやっていると、こういう予定通りいかないことが時々ある。それではいけないんだけど。。

腹立たしい思い~~~~ヾ(メ`・д・´)ノ゙

でもなぁ。。。

こういう時に大事なのは“平静”な心情なんだろう。

僕はこの態度が好きです。いつでもこうでありたいと思う。

人生にはいい時も悪い時も、嬉しい時も腹立つ時もある。

でもどういうときも平静でいたい。

いい時も有頂天ならず、悪い時もそんなに落ち込まない。

いわゆる、周りの変化に左右されず、いつも自分でいるということ。

最近2国のリーダーが握手しましたね。でも2国の関係が良かろうが、悪かろうが、僕らは僕らの付き合いをいつもどおり続けていく。

それに動揺しない、影響されない。

そういう僕らの姿勢はすごく大事だと思う。

だから。。。今回、日本行きは駄目になったけど、心は平静平静で居ろです。。。(*⌒∇⌒*)♪ でも難しいかな。。

ただただ今回お約束をしていた方々に申し訳なくて。。。Y(>ω<、)Y

 

 

 

国慶節

中国は国慶節に入りました。

世間は1週間休日モードです。

うちは家族がパパ抜きの家族旅行に行っちゃいました。

仕方ないです。パパがいないからといって自宅にいてもつまらないですから。

遊びに行ってもらわないと。。パパは瀋陽でドラマ《金戈铁马》《少帅》の2本のドラマの撮影です。

同じ撮影所で同時に2本の作品の撮影に参加するのは初めてです。

双方の組の撮影現場は近いので、スケジュールが組みやすいので便利は便利ですね。

家族に会えないのは辛いですが、お仕事頂いてるのを励みにするしかありません。

今日は芸能ニュースで ビートたけし、役者業に持論「演出に口出す奴が大嫌い」という記事を見ました。

この件に関しては、監督さんも脚本家も俳優も独自の持論があると思います。

僕は基本的に現場で自分の役について何か自分の中での疑問があれば監督さんに“確認”“相談”という意味で現場で話すことはあります。そういう部分であれば僕は良いことだと思っています。

でも基本は監督の指示に従う、脚本家を尊重し台本の内容に影響のあるような意見は言ってはいけない考えをもっています。

でも予断ですが、ありえないことですけど、もし北野監督が中国映画の監督をなさって、キャストが全員中国の俳優さんだったら、恐らく全キャスト、クビになるでしょう~(笑)

というのも、中国の俳優さんは自分の意見を積極的に主張します。

それは自分の存在アピールも一部ありますが、一番はやはり「自分もこの作品を愛しているんだ」という気持ちの表れなんですね。

時には真剣になりすぎて我を通しすぎることにもなるのですが、その原点はやはり仕事に対して、その役に対しての思いの強さがそこにあるのです。ただ言われたことだけを忠実にやる役者ロボットにはなりたくない部分があると思います。

でも正直、意見を言い過ぎるのもどうかなと思います。

時には「お前、脚本家か~!?」というぐらい本に口出してくる俳優もいますから、それは違うだろうと思います。

僕はこの件に関しては双方の立場は非常に理解できます。

どちらがどうとは言えないのですが、僕はどの立場の人に対しても“尊重する”思いを忘れないよう心がけたいものです。

でも、北野監督に嫌われた俳優さん、知ってたら後悔するだろうなぁ~~。

普通はあれほどの偉大な監督には意見は言えないでしょ。。

でも偉大な監督だからこそ、命がけで作品と、監督にもぶち当たっていきたい、そういう気持ちはなんとなく理解できます。

ただその役者さんにそういう覚悟があって意見を言ったか否かですね問題は。。なかったんだろうなぁ~(笑)

 

 

 

 

 

普通

内モンゴルの夏。

撮影でここに来るのは今回初めて。

いつもいろんなところで撮影をする。

特に年代物のドラマだと撮影場所も地方が多いですから、

3ヶ月近くそこで生活となると、いろんな意味でモチベーションを保つことが難しいと思う。

慣れない場所だし、何もかも欲しいものが手に入る場所ではありませんから。

僕もこの年になっても、まだ慣れない部分はありますよ。

だからこの期間の僕のライフスタイルは

撮影→スポーツジム→足つぼの繰り返し

近くにジムと足つぼを見つければ、なんとかOK。

観光に来てるわけじゃないから、呑気に出歩く気分でもない。

だから役者にはやはりストイックな精神が必要ですね。

続けてこの環境で鍛錬せねば!

話は変わって、相変わらず沢山の人から以前の番組カムバックして欲しいという声を頂きます。

もう、会う人全てと言っていいくらい。

撮影現場だったり、空港の荷物検査の時だったり、お店であったり。

その沢山の声には大変感謝の気持ちでいっぱいです。

でも今後、情勢がよくなってあの舞台に戻る機会が作られても『ああ、そうでっか。ほな~出まひょ』とはいかないように思う。

情勢がよくなったから戻れる。ということは又悪くなったら出れないということでしょう。

周りの情勢に振り回されたくないなという思いが一番です。

そういうことに影響されてることに少し?を感じてるから。

情勢が悪いから出れない、良くなったから出れるというのがなんかスッキリしなくて。。。

だから今後、他の番組は出ることはあっても、元のあの舞台には。。という思いは正直あります。

僕のポリシーかな。

とにかくどういう時でも、普通でいたいから。

どんな悪いニュースが出ても動揺しない、気にしない、影響されない。

普通にみんなと交流したいから。そして現にそうしてるから。

周りにもそういう気風を望んでいるけど、周りは周り。

自分ではどうすることもできない。

先ず自分が周りに惑わされない自分でいたいと思う。

普通にみんなと楽しく生きる。それだけで十分よ。。

 

 

 

天天向上オフィシャルweibo がフォロワーが100万突破したらしく、その告知がされたら、

大部分の書き込みが『浩二、戻ってこい~!』の書き込みです。泣けてきます。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

これは、どういう“風”なんだろう。

あまり風には逆らいたくないけど、風を気にしたくない。

僕が番組にお邪魔しなくなったのも、そういうある種の“風”“流れ”でなったもの。

又状況が好転したから戻る?だったら又悪くなったら出ない?

そういうのに左右されたくないかなという思いもある。

周りの状況が良くても悪くても、いつもどおりやりきりたいよね。

現在は内モンゴルです。撮影です。

涼しいよここの風は、あまり振り回されることのない心地良い風です~~ヾ(@^▽^@)ノ

心で笑え

これから、涼しいモンゴルへドラマの撮影に行きます。

でも撮影は過酷になると思いますけど。

今年はまだ半ばを過ぎたところだけど、僕にとっては忘れられない1年になるような気がする。

いくつか思いきった決断をしたのがこの年であるから。

今までは自分の思いとかをこのブログを通して表にだしていたと思うんだけど、

今回はあまり言わない。

自分も少しは見栄張って自分の思いを包み隠してもいいんじゃないかなと。

今まで、何もかも表にしてきたから。

それが自分の長所ではあるんだけどね。

言いたいことは沢山ある。

でもそんな100%言いたいこと言ってらんない。

好きなこと言えばきりないから。

男は顔で笑って心で泣けって正にそんな思い。

いや、心で笑ってもいいかな。。(*⌒∇⌒*)♪

 

 

 

カナス

4a6c545ejw1eifo6qmi9uj20hs0npmyu

 

 

 

 

 

 

久々になってしまいました~v(@∀@)v

すいません、まもなくスタートするドラマの台本読みに明け暮れております。

今回もいろんな意味で大変かな?

でも大変であることを本当感謝して心してやれば何か形になるのではと思ってます。

昨日、西部のカナスでの天津衛視《秘境》のロケを終えて北京へ戻ってきました~

草原と羊、そして素朴な牧畜民がいる場所。

ここは日が落ちるのが夜の11時以降。

それまでは『まだ夕方5時かよ~』って感じ。

実際時計を見ると、『何!夜10時すぎてるよ~!』って

面白い場所です。

朝は普通で、7時には明るくなります。

海抜の影響か空気が綺麗せいなのか、睡眠は6時間ぐらいで充実感を感じる。寝た~って感じ。

時にはこのような原始的な場所に触れることも必要なんだと思いました。

コンクリートジャングルって広い地球から見れば、それほど占めてるわけじゃない。

でも、人間は比較的コンクリートジャングルに集まってる

コンクリート以外の未知の世界にどんどん踏み込まなきゃと思いました。

それでは、台本台本。。(⌒∇⌒)

 

 

 

 

力の証明

IMG_8921_副本.jpga

 

矢野浩二がザックジャパン応援動画を投稿、中国ネットユーザーの反応は?―中国(YAHOO JAPANニュース)

もう10時間後ですね~

中国はサッカーファンが多いですから結構熱いですよ。

文化スポーツと国同士の問題は別であるべきだけど。。

でも仕方ないのかな。。。

とにかく、ワールドカップは世界が注目するスポーツの祭典。

世界の人達が選手のプレーに一喜一憂し盛り上がればいいね(笑。。いたって冷静)

でも、何とかザックジャパンには頑張ってもらいたい。

アジアの力、日本の力を世界に見せて欲しい。

それとザックジャパンはなんと言っても団結力だと思う。

その団結力の強さを示してもらいたいですね。

とにかくアジアの力を証明する為にもザックジャパン頑張れ!!

 

帳尻が合う

f703738da9773912f1a80fddfa198618377adab44bedcabc

これは次回作のポスターです。

こんな帽子被っておりますが、よく思われるような極悪野郎役ではありません。

普通の人間。喜び悲しみ憤りを感じる人間。

この”普通”が何を基準に言ってるのかわかりませんが、少なくとも当たり前の感情もってる人と言う意味で。。

彼は悲しんだ分、その後喜びを得る。

憤りを感じた分、感動を得る。

人生ってそんなものかもしれない。うまく帳尻があってるのかも。

失うものがあれば、その分得るものがある。

別れがあれば、その分出会いが待っている。

お金を使えば、その分入ってくる。

失敗すれば、その分チャンスがやってくる。

そういう普通の帳尻の合う生き方っていいよね。。♪ヘ(^ω^ヘ

 

みっともない自分

777d6797tw1egs4q8fp5vj20qo0f0ab6

 

天津衛視《秘境》どうでしたか?

危険な秘境の奥地に進入しましたが、結構ロケは大変でした。

昔、川口浩探検隊っていうのありましたが、なんかそういう部分を彷彿させる部分もありますが、僕らは“マジ”でやっております。

僕が中国の娯楽番組でこんなに“素”を見せたことはないと思います。

いつもは快活なキャラクターですから。

秘境という特別な環境が自分に何もかもさらけ出させてのかもしれません。

あの感覚は僕にとって最高の収穫でした。自分は番組においても芝居においても、時には自由になれてない部分がある。

うまく言えないが、もっと自分を解放すればいいんじゃないかと。

好き勝手にするというか、自分に素直になればいいんじゃないかと、どっちかと言うとそんな感じ。

気分がいい時は笑顔で、悪い時は不機嫌な顔で。

僕は不機嫌な時でも笑顔で居るから結構自分に無理してるんですよ(笑)

そういう時は素直に不機嫌で良いのではと。

高山病にかかり情けない一面を露呈しましたが、それも真剣勝負の証。

今回、みっともない自分をさらけ出したのも自分を素直な状態にしたから。

自分を表すということは、その中にみっともない自分があるということ。

綺麗なものや格好のいい中に、本当の自分は存在しない。

そういうことだと思います。

 

 

秘境

4a6c545ejw1egckx53h1mj20q00yo48r

 

人間誰でも難しい道より楽な道の方がいいですよね。

ほとんどの人は自分がどの地点にいるかなんてことはあまり考えず
いつもの道をいつものように歩いているだけ。

平坦なリスクのない道

でもこれじゃ結局成長しないから、そのうち不安なことが迫ってくる。

時には、初めてのこと、分からないことを挑戦してもいいんじゃないかな。

演技もそう、毎回違う人物を演じる。

一つの世界に深入りしすぎると、思考が凝り固まって、何か変化が生じたとき、対応しきれない時がある。

そうならないために、他の世界を見ることもときには必要。

今回、天津衛視の探検番組《秘境》のロケに参加した。

中国は国土が広いですから沢山の秘境がある。

特に四川省には数多くのミステリアスな場所がる。

少し怖いんだけど。。でも踏み出せば、何かあるはず。。

躊躇せず、試しに前へ踏み込みましょう\(^o^)/

 

 

100のドラえもん

IMG_8571

 

ゴールデンウィークですね。

娘のために行ってまいりました「100のドラえもん 秘密の道具博覧会」へ。

北京のイオンで開催されてるんですが、人は多いかなと思ったけど、本当に人多かったです。

もうみんな100体のドラえもんの周りで記念撮影。うちの娘はその間をうろちょろ俳諧。僕は娘の後を追っててんやわんや(笑)

《北京日本人会総会》でも話しましたが、日本のアニメは沢山の中国の人達に愛されている。その代表がドラえもんかもしれない。

僕も数多くの中国の番組でドラえもんを唄って場が盛り上がった経験をしています。

もっと貪欲にこの日本の代表的な文化であるアニメを先頭に民間交流を活発にしていけることが理想ですね。

だって誰もがこのアニメを愛していますから。

この互いに共有できることを活用しないわけにはいかないでしょう。

会場を去るときは、子供も楽しんだし、盛り上がってる会場を見てなんとなく心地よい思いはしたんだけど、この余韻に浸ってるだけじゃ駄目なのかなとも思った。なんだろなぁ~この気持ち(笑)

 

 

 

 

人間

20140422 015
先日、北京日本人会総会トークショーにお邪魔させてもらいました。
普段は中国の人達を前に話すことは多いんですが、今回のように日本の皆さん
の前でお話するのは初めてでした。 … 緊張しましたねぇ~最初は
でも、ジョギングしてるかのように少しずつほぐれてきました。
異国に住んでる僕達はそれぞれにいろんな思いを抱えている。
共感できる部分もあれば、「いや、違う」と思う部分もある。
でも、そういうものをひっくるめて互いに分かち合うことが必要。
みんなそれぞれに持っている細い細いパイプ、僕はそれを”管道”と言いますが
その細い管道を束ねて太いしっかりしたパイプにしないといけない。
”人間”というのは、その名の通り人の間で生きること。
人なくして、困難を乗り切ることできません。
人を信じ、人に頼りましょう。
遠慮はいりません。
いつかは誰かの力になれるのだから。
ま、いろいろありますが上を向いて歩きましょ!
http://www.nihonjinkai.org.cn/html/iinkai/kouhou/201404/23-1731.html (2014年総会イベント 矢野浩二トークショー報告)

プロモーション終了

201404182229143448545

5日間に渡った映画《最佳嫌疑人》のプロモーション活動、

無事終了しました!

この3日間で13箇所の映画館で舞台挨拶をしました。

主役でもない僕が、主役並みに挨拶周りをさせてもらった。

分刻みの行動、行く先々での熱烈な歓迎、舞台挨拶での言うべき内容は大体同じ、

なんというか、昔東京時代の選挙の頃を思い出します。

なんとなくリズムは似てるかな。

でも慌しかったけど同時に楽しかった。

又作品に参加してこのようにみんなの前で作品を届けることが出来ればと思う。

プロモーションは終わりましたが、《最佳嫌疑人》は公開したばかり。

中国にいらっしゃる方々、見に行って下さいね~~o(*^▽^*)o

 

カワイイ

IMG_8341
もう日付は変わりましたが、17日は成都の映画館を5件プロモーションで行きました。
ちょっと疲れたかな。。 映画《最佳嫌疑人》の主役の男女2人。
ほとんどのファンは2人目当てに集まるんだけど、
2人がいない中、それも主催側の手違いで各映画館お客さんには2時間も待たせた。
でも、文句一つ言わず僕らが来るのを待っててくれた。
確かに、お目当て2人がいないので落胆してると思う。
だから、挨拶に来てる僕と監督も申し訳ない思いだった。
僕と監督が謝ったら「そんな謝らないで~!全然大丈夫だよ~!」とみんなの声が聞こえた。
誠意を持ってファンの皆さんに接する。 これは鉄則ですね。
映画はお客さんあってのもの。 それに身近にファンの人達と接するのはこういう機会がなきゃできない。
だからそのときにできる限りの事をしてあげたいと思う。
写真のように前から横から来られても受け入れる。
日本ではあまり見られない光景ですが、中国ではこういうファンとのつどいや映画の試写会、番組等でファンとハグする光景をよく見ます。 積極的にハグで向かってきますから。。
ファンにもはじらいはあるだろうけど、それを取っ払い、勢いで向かうんだろうね。。
でないと芸能人にハグで向かっていけないでしょう(笑) 中国の若い子達は積極的だね。
それに,身近にみんなと交流してると、いろんな声が耳に入る。
一番すごいのが、18歳の女の子がぼくに向かって「浩二、カワイイ~!」
これは僕もさすがに金縛りになりそうになりました。
「こいつおちょくってんのちゃうか~?」と思ったんだけど、
顔見たら結構マジな様子で言っている。
でも18歳の女の子が44歳のオヤジに「カワイイ~!」ですからね。
もう笑うしかありません。。(笑)
さて、明日はいよいよ映画《最佳嫌疑人》の公開です。 みんな、見てね~~~o(*^▽^*)o

第4回北京国際映画祭

126401612_13977043717651n
第4回北京国際映画祭に行ってきました!
自身”初”の映画祭の参加です。
楽しそうでしょう。 … なので大人気なくはしゃいじゃいました~~
こんな時ぐらいいいでしょう。
今は四川省成都にいます。
昨晩深夜の飛行機で来ました。
辛いもの駄目な自分が、ここで食べるものがあるのか心配ですが。。
食べ物はよしとして、何がよしかわかりませんが。。
今日も一日映画の宣伝しまひょう~~~o(*^▽^*)o

映画

6b807585gw1efg3cvaktgj20ed0i6wg2
005zFH0Tjw1efacjpnwa1j30u215ojza005zFH0Tjw1efacjuj43lj30u215own3dd4818b3gw1efg2qd16whj21kw11xk0b672311aagw1effyyu3hxuj20gy08xdi1
中国の映画ファンは実に多い。
多い分、評価も厳しいんだ~~(笑)
20そこそこの素人の子が『お前、映画評論家か~~?!』というぐらい、
作品に駄目だしをする。
僕はそういう子たちを結構見る。
中には本当に駄目なものもあるでしょう。
でも映画は娯楽。
基本は楽しむもの
どういうジャンルの題材でも楽しくワクワクできるもの、
それが映画だと思う。
試験官のように頭を硬くして見るものではない。
気楽にポップコーンかじりながら見る。
やっぱりそれが一番!
中国の映画ファンの皆さん気楽に楽しみながら見てねd(*⌒▽⌒*)b

青島

IMG_8258

 

映画《最佳嫌疑人》のプロモーション活動が始まりました。

青島に来ました。

青島と言えば、中国で一番のよく売れているビール・青島ビール。

だから、大麦をもっての記者会見。

北京だとここ最近、「おい、もう夏かい!」というぐらい蒸しっぽさを感じますが、

ここ青島は海に面してますし涼しい~~快適!

19日まで、中国5都市を渡ります。

明日は北京国際映画祭でレッドカーペット歩きます。

つまずかないように気をつけます(笑)

明日はCCTV6チャンネルで生放送してるとのこと。

中国に居る方は見てくださいね!

 

 

公開まで10日

公開まで10日です。
なんか不貞腐れた顔してます
こんな役ですから仕方ありません。 … 馬鹿みたいな役ですが、哀愁を感じてくれれば嬉しいです。
人って面白いもんで、笑ってほしい時に人に笑われたらメッチャ嬉しいですけど、
笑ってほしくない時に人に笑われたらメッチャ腹立ちますよね。
当たり前だけど。
今作は僕のところは自由に笑って頂いて結構~コケコッコ~~で~す(〝⌒∇⌒〝)

天使の城

b04f00f3gw1eevk5i183nj21jk26c4i1

 

美女3人がメインのドラマ。僕も出演しています。

天使シリーズ第2弾中国ドラマ《天使の城》、年末に中国で放送予定。乞うご期待!

そして昨年中国で放送し、高視聴率だった天使シリーズ第1弾中国ドラマ《今宵天使が舞い降りる》が

なんと日本で放送が決定しました!愛情、婚姻、育児、その中で奮闘する女性達の姿をコミカルに描いた

ドラマです。少子化が問題となっている日本から見ても共感もてる内容だと思います。

6月から東海テレビ、千葉テレビで毎週夜8時から放送します。

ちなみにこれには僕は出ていません。

でも所属している北京の事務所が撮った作品なので、見てくださいね~!

 

 

 

男は40から

59e10e3fgw1ef6uvnaf5vj208w0dcdgq

《天天向上》の司会者汪涵さんが今日お誕生日だったんですが、

天天兄弟の一員としてウェイボーでお祝いをしました。

確か、彼も40越えだと思います。

『男はやはり40から』というのを20代の頃に聞いたことがある。

今考えれば正にその通りだなと感じる。

20代、30代は、心が定まってなかったように思う。

アメリカの大統領リンカーンが『男は40歳になったら自分の顔に責任を持て』と言っているけど、

自分は責任は持ててるかどうかわからないけど、責任ある言動をしていこうと心がけてはいる。

結局はまだ努力真っ只中の40代なのだ~!

 

 

笑い

13
北京の対外経済貿易大学で講演しに参りました~!
講演と言っても真面目な話をほとんどありません。
去年の重慶での講演で経験済みでしたから。 … 去年は、張り切って真面目なトークを準備していたら、それが全く反応な
く静まり返ったので、慌てて話題を笑い路線に切り替えたということがあ
りましたから。
今回は独演会のノリですね。
でも13年前、ニーハオ、シエシエしか言えなかった僕が大学で講演という
のもちょっと笑っちゃいますね~~(*^.^*)
人生って面白いな~~(*^-^)
でも学生達とのこのような会は僕にとって大きな意味があります。
13年中国でやって来て、この地で経験したこと全てが感謝。
そのせめてもの恩返しもしたいと思う。
上から目線でみんなに語りかけるのはしたくない。
みんなと思いを分かち合うという姿勢。
そこには“笑い”が必要。
互いに笑いあい、それを共有する。
笑いは人と人を繋ぐ最大の近道。
眉間に皺ばかりよせてないで、たまには笑いを忘れずに。。
また、こういう機会があれば喜んで参加したい。
みんな共有できる笑いを提供しまっせ~~o(*^▽^*)o~♪

するめ

客観的に思うんだけど、
ある人は「それゃ、中国人は人口が多いんだから、当然じゃん!」と
言う人もいるけど。。 … 人口が多いからではなく、比率から見ても明らかに日本の文化に関心
又は興味を持っている中国の若者が、中国文化に興味をもっている日本人より多いと思う。
日本文化はイカのするめと同じ、噛めば噛むほど味が出て美味しい。
この国は知れば知るほど興味が沸く。
だからこそ、いかに伝えるか(日本文化を紹介)、
いかにたくさんの人を迎え入れるか(観光、留学など)が重要になる。
真っ直ぐに、日本の文化を楽しんでいる中国の若者を見ると、
“希望”を成就させる日は決して遠くはないと感じる。
信じる思いだよ。
それが実現に導く。

嫁姑の関係

 12yano
いくつになっても褒められたい。
子供のようですけど、でも大人も褒められたい
その一言が救いになり、やりがいになり、生きがいとなる。
これからもみんなの応援のお言葉一つ一つが僕の生きがいになるんです。
みんな~~僕に生きがいをくれ~~~(o^-^o)
最近、ミニブログでこんな書き込みがあった。
“你像婆婆跟媳妇之间的为难的丈夫似的” (あなたは嫁と姑の間で困っている夫のようだ)
例えが面白いねぇ
言わなくても分かると思いますが、嫁姑というのは日中を指してるんですけど、
でも、どっちが嫁で、どっちが姑?
どっちでもいいですけど。。
でも、嫁姑の関係が良くなってもらいたいのは夫としては当然ですよね。
健康で、平安で、楽しくやってもらいたい。。
でないと、俺はまっすぐ家に帰らんぞ~~~=^-^=
先に新橋で一杯ひっかける!ヽ(´▽`)/

バランス

dd4818b3tw1ednfowld7zg20b40b448e
映画《最佳嫌疑人》が来月4月18日、中国全土で公開決定しました。
ジャンルは推理ものです。 中国の映画・ドラマでの日本人のキャラは、
歴史ものが多いということから悪役のキャラが多いですが、今回は現代ものであり笑える日本人のキャラ。
笑って下さいな。 笑うかどには福来るというじゃないですか。笑う者、笑われる者に福が来ます
とことん笑い、笑われましょう。
中国の作品で笑われる日本人キャラはあまりないと思う。
どちらかというと、見た後に憤りを感じる日本人像が多いですから。。
先日、ある日本の記者さんから、抗日作品についてインタビューしたいと言われましたが、あまり受け入れられなかった。
なんだろうねぇ~~。。相変わらず同じような内容の記事であることが目に見えてわかるので、
報道の自由も大事だけど、伝える側のバランスも共に大事じゃないですかぁ~って逆に申し上げちゃった((^┰^))
だってあまりにも聞いてる質問が旧態依然で、そんなの日本で出まくった内容の質問なんで。。新鮮味がない。
目の前にある問題を否定するのはいい、でもそれでけでは駄目でしょう。
それと、今までにないプラスの変化もスポットに当てて伝えなきゃ。 偏りすぎ。。
なんでも、バランスだと思います。
遠まわしにその記者に「映画《最佳嫌疑人》にもっと関心もって!」って言いたかったけど、最後まではっきり言えなかった。。
意外と小心者の僕でした(*^.^*)

IMG_4311
今日は3月9日。
サンキューの日とも言いますが。
今日だけに限らず、毎日感謝の気持ちをもってやらなきゃ。
悲しい事故、事件が最近でもありました。
当たり前のことが、当たり前にならず予期せぬ事が発生することがある。
だから、当たり前であることが何よりも平安で幸せなことなんだと感じ
る。
さすがに男も40を過ぎると意味ある毎日を送ることを重視するようにな
るよ。
遅かったかもしれないけど、今気がついただけでも良いんじゃないかな。
毎日、何でもいいから充実を感じられることをして過ごしたい。
雑に毎日を過ごしたくないというか。
若い頃は雑だった。
生活リズム、食事習慣、仕事に対する観念全てが雑。
今でも雑な部分はあるけど、それでも少しでも改めたいなと思ってる。
改心し毎日を過ごしていく。
そういう気持ちが大事。
現在《記憶の証明》以来11年ぶり、楊陽監督の現代ドラマ《天使的城》に

参加しています。

役柄は日中ハーフの会社社長。

又、尊敬する楊陽監督の作品に出演できることは光栄、且つ心ワクワクす

る思い。

刺激、緊張を十二分に味わうことができる楊陽監督の作品、楽しみにして

て下さいな~~(o^∇^o)

信じる

P3028607_副本.jpg1

 

ここ数日はドラマの撮影、そしてCCTVのドキュメント番組が現在密着し

ています。

素の思いを聞きたいということで、今回はプライベートから撮影現場まで

密着されてます。

と言っても、何も大したことは言えませんが、その真剣な姿を見てもらえ

れば何か感じてもらえる、そういうものを収めることができればと思って

ます。それと、人との関わりも収めていきたい。

基本的に、僕は人を疑ったりすることが少ない人間で、人との関係でも

『騙すより騙されるほうがマシ!なぜならそれの方が楽だから。』という

考えの人間。

人を信じる。

今年の大使館で行われた日中成人会での中で、

成人の皆さんに伝えたメッセージ。

人を信じていたい、人との関係、友情、それは生きる上で何よりも大事な

ことだと思います。綺麗ごとではあるけど。。

でもそれがなかったら滅茶苦茶寂しいですよね。

誰に対しても、人を信じていたい。

今までもそうだし、これからも。

それが僕の希望です

活宝

IMG_5053_副本.jpg1_副本.jpg1

最近、役者に対しての観念が少し変わってきた。

以前は、「国籍関係なく、みんなに感動を与える演技をしたい」などの思いがあった。

それはそれで良いこと。

でも一番は、見てる人を喜ばせることじゃないかなぁと。

実はどんな人物にも笑える要素が含まれてるんじゃないかと思う。

言い方悪いけど頭から先までクソ真面目な人間もいないだろうし、でもそういうクソ真面目人間が居たとしても

クソ真面目だからからこその笑いが又あるだろうし。

役者は表現を通して人を喜ばせることが大事だと思ってる。

シンプルに考えて、見てて喜びがないと面白くないでしょう。

その喜びがお腹が痛くなるような笑いであろうが、泣き笑いであろうが、馬鹿笑いであろうが、含み笑いであろうが、

とにかく、人を喜ばすことが基本であるべきじゃないかと思う。

それが役作りの出発ではないかと改めて感じる。

それは、どういう役においても。

いかにしてその人物の三枚目的な要素を探すか。

でも、これらは僕の独自の考えなので決して正しいわけではないと思う。

ということで、能天気で破天荒で、それでどこかがずれている、

自分がずれている事も気づいていない、

そういう笑えるキャラクターが、4月公開予定の映画《最佳嫌疑人》での役どころ。

このキャラクターは一言で言えば濃い!三枚目要素、探す必要のない役。

春、乞うご期待!

 

 

 

 

 

春節快楽

4a6c545ejw1ed1ui4vcicj20dc0hstaq

 

春節快楽~~~!!

中国の皆さんは今日がお正月。

今日から新しい1年の始まり

日本人にはただの普通の日、正月の感覚はない

でも中国人には1年で一番大事な日。

都会に出て仕事をしてる人達は、何が何でもこの日には故郷に帰らなければいけない観念が日本人以上に強い。

そして家族・親戚で集まって火鍋をつつく。

家族の絆をこの旧正月で確かめ合うそういう機会でもある。

僕はさすがに昨年の24日~1月3日の年末年始を日本でゆっくり過ごしたから、

自分の中では“正月モード”というのはすでに過ぎた感があるんだけど。。

それでも、中国の人達のこの時期をみんなで享受しあう思いは

よくよく理解できる。

クリスマス、ハロウィンなどなど西洋文化の習慣がここ数年目立ってるけど、やはり自国の習慣は守っていかないと。

今年はやはり環境の問題からか爆竹が少なかったように思う。

街で爆竹を販売してるおじさんもほとんど見られなかった。

環境のためにはいいんだけど、この“爆竹”というのも中国の春節ではなくてはならない伝統習慣。

それが少なくなってるというのも複雑な思いが。。

またもや、ここで矛盾が生じるんや~~。。

とにもかくも、みなさんにとって健康で楽しい馬年でありますように(*’ω’ノノ゙☆

 

13回目

中国で13回目の誕生日。

正直、『誕生日や~~!』って喜んでる年齢ちゃうし、元々、誕生日を祝ってもらうのに照れがあるから、あんまり外出たないんやなぁ~~(笑)

誕生日は自分の事だけじゃないんかもね。

自分を生んでくれた父母に心から感謝する日なんかなと。。

ありがとう、そしておめでとうと。

だから自分の娘が誕生日を迎えたら、その時初めて自分が感謝され、おめでとうと祝福されるべきやなヾ(o´▽`)ノ゙

もう年齢のことは考えたくないけど、これからもやはり何事も“継続はほんま力なる”という思いを強くもってやっていきます!

昨晩次のドラマの台本改訂部分が又出て、外出て『わぁ~~い!』というわけにはいかなくなったけど、でも今はみんなに“おめでとう”と言われる幸せを充分感じてる。

ありがとう俺の27歳の誕生日のために(〃^∇^)o彡☆

明日からも一生懸命に20代を謳歌するね!

 

 

<日中友好成人式>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
成人式。。
思えば自分にとっては遥か昔の話。
今日来ていた成人は93年生まれ。 … それも平成生まれ。
俺は昭和
昭和の自分から見れば93年なんて、一昨日のような感覚やね。
この中国にも期待と不安を背負った新成人が沢山いる。
日本、中国の新成人たちが集まってこのような会が設けられるというのは非常に喜ばしいこと。
若いみんなの力が日本と中国の交流に大きな助けになる、自分はそう信じてる。
国と国の間に問題があっても、我々民間の交流には微塵も影響されない、
そういう雰囲気を形成することが究極の目標。
本来そうでなきゃいけないんやけど。。。
今後このような民間交流を一つでも多く開催し、
そして”継続は力なり”毎年開催されてほしい。
自分が今回、新成人のみんなに言いたかった事は、“人を大事にする”という思い。日本人、中国人、関係ない。

人を大事にする、人を尊重する思い。

日本での9年間、中国での13年間、自分は人に支えられ、助けられ、

励まされて、ここまで来た。

これからもみんなに支えられながら生きていく。

自分の周りの人達を大事にし、感謝する、そして自分の事に邁進する、

そのような姿勢が一番大事だと言うこと。

そうすれば、日本人とか中国人とか分け隔てた思考を超越した、

人間としての絆が築けるはず。

なんか今日は笑顔で寝れそうや。。(〃^∇^)o彡☆

ものさし

やしきたかじんさんの訃報。

大阪に居た頃からたかじんさんの番組が好きで良く見てました。

歌も大好きでした。

一ファンとして非常に寂しく、そして残念でならない。

たかじんさんの長いものに巻かれるのを嫌うところや、東京至上主義を違

う部分などは理解できる。

大阪のものさしは東京のものさしではない。

同時に東京のものさしも日本のものさしではない。

それに日本のものさしは世界のものさしではない。

世界のものさしはみんな違うということ。

やはり客観的に物事を見る力が必要

グローバルな思考。

たかじんさんは正にグローバルに物事を思考する方だったと言える

長いものに巻かれる部分が人間にはある。

大多数がAを選択すれば、あたかもAを選択することが当たり前のような雰

囲気が形成される。

Aを選択する問題点など微塵も考えようとしない。

そしてBを選択したものに対して「なんだこいつ?」と懐疑的に見る。

大多数で形成された正論が必ずしも正論とは限らないということがあると

いうこと。

そこで何を知らなければいけないか?

世の中にはいろんなものさしがあるということ。

その沢山のものさしを知っていくことが、必要になってくる。

役者の演技もいろんなものさしがある。

国と国の観念も違うものさし。

ものさしの違いを認め合い、違いを理解する努力が互いに必要。

互いに批判しあってばかりではキリがない、やろ?

現実の世界

新年、明けましておめでとうございます!

2013年の年末、そして年始とゆっくり穏やかな正月を過ごした。

都内、大阪、奈良といろんなところ行って楽しく過ごし、そして美味しいものも沢山食べた。

昨年いろいろあった一年やったけど、そういう中で頑張った自分へのご褒美で、年末年始はゆっくりしたかった。

特に中国に行った13年間で今回は初めてお正月を日本で過ごせた。

旧正月は中国やけど、

お正月はやっぱり日本がええわぁ~

お正月。

紅白見て、年越しそば食べて、初詣行って、御節食べて、定番路線でお正月を過ごすのもええけど、のんびりと共に楽しめるものであれば、何でもいいんちゃかなと思う。

俺が楽しんだのは3歳になる娘と二人で芝公園を散歩しながら一つの焼き芋を2人で食べたことやな。。

あの焼き芋はうまかった。

共用して共感できるもの、それが幸せな時間を過ごす秘訣なんやろう。

さっき北京に戻ってきたばかりやけど、

なんか現実の世界に戻った感じやなぁ。。

でもその現実の世界がないと、生きるうえでの刺激も得られへんし、

今回のような穏やかな時を過ごすこともでけへん。

今年一年、又現実の世界で奮闘していきます。

いろいろ大変なことはどこに居ても、いつでも同じ。

今は特別ではない。

いつもの一年をいつも以上に奮闘していきます。

どうか、今年もよろしく応援お願い致します~~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事納め

image5._副本
連続ドラマ《戦神》無事殺青しました~~\(^▽^)/

とにかく一つの仕事を終えるのは嬉しい。

特に満足して終えると疲れても気分は爽快。

それを味わえるよう、ストイックにやるのが役者。

以前にも反戦同盟のスパイという役は演じたことはあるけど、

今回は「いけ!いけ~!」という気持ちで取り組んでた。

中国のドラマや映画で多い日本人の役というのは日本軍人というのが多い。それも定番の悪役としての人物像が多い。

その中で、有難いことやけど自分は反戦を訴えるスパイの役であったり、使命と矛盾と葛藤の中で生きる日本人の役という機会がここ数年多くなってる。

よくメディアのインタビューで聞かれることやけど、「日本人を演じるのと中国人を演じる上で注意している部分はあるのか?」という質問。

勿論、国が違うわけやから、言葉・思想・習慣など違う部分はある。

一般的な日本人の特徴、中国人の特徴があるとも思う。

けど、自分は“日本人を演じる、中国人を演じる”という考えに固執しないようにしてる。

それよりも、どうやって”その人”を演じるかが重要やと。

違いはあっても演じるのは同じ人間、それもアジア人やからね。

宇宙人を演じるわけじゃないから。。(#⌒∇⌒#)

”その人”をどう表現するか? そこやなと。。

明日から日本や~~!

不要

 

断捨離っていう言葉がある。

世の中には本当に沢山の不要がある。

物であったり、情報であったり、人の噂・ネットでの書き込みの誹謗中傷等。。

どこの国に居てもいろんな情報が散乱してる。

その中には不確かなものも少なくない。

この記事の根本に対してどうだこうだ言うつもりはない。

ただ、自分にとっては“不要”なものや。

聞いても、聞かなくても、痛くも痒くもない情報やな。

誹謗中傷も含めてのこのような“雑音”は自分の中の取捨選択機に入れて、ゴミ箱に捨てるべき。

この世の中は物や情報であふれてる。

便利になった。

でも不要なものも沢山ある。

その量の多さを見て圧倒されず、本当に自分にとって必要なものだけを手にしていけばいい。

時には自分の中にある雑念、それにプレッシャー、緊張なども余分に存在する。

なんてことないことにくよくよしてる。

余計なことは考えず、そして切り離し、もっとストレートに事にぶつかっていければいい。

身も心もいかに軽くして生きていく、それが充実な毎日を過ごすキーワードかなと思うわ。

 

 

 

 

 

 

 

憩いの場

20131206_091434 (1)

人間は仲間と一緒にいるだけで安心する。

同じ目標を共有できることに喜びを感じる。

特に異国で生活しているとそうや。

仲間や故郷に関するものに触れたくなる。

誰でもいい、なんでもいい。

俺は北京に13年生活しているけど、毎日100%中国のものに触れてるわけじゃない。

日本人やからね、やはり日本のものにも常に触れたい思いがある。

そういう場所はこの異国・北京にいくつかある。

その一つが長富宮ホテルにある日本人会図書館。

時間がある時、3歳になる娘を連れて利用させてもらってる。

日本の小説、雑誌、漫画を目にするだけで、笑顔になっている自分にふと気づく。

あの場所は自分にとって本を見るだけではない。

人と触れ合うことができる特別な空間でもある。

日本人同士、日本文化に興味のある中国人の仲間と触れ合うことができる唯一の空間。言葉は大袈裟かもしれんけど、あったかな憩いの場所でもある。

その図書館が来年春に閉館されるかもしれないと聞いた。

非常に残念や。

国と国の問題によって、ここに居る日本人が“生活しづらい”状況になってるようにも感じる。

こういう時だからこそ、踏ん張って違った思考から図書館をリニューアルするなどの対策をとることも必要ではないかと思う。

駄目だからなくすという理論はあまりにも愚鈍な思考かなと。

更に活性させるために何をすべきか、そして日本人、日本文化に興味のある中国の人達にとっての特別な場所にしていくべきではないかと思う。

少なくとも北京に居る日本人が必要な“憩いの場所”を減らというのはどうかなと。

なんとかならないものかな~~。。

 

ちょっと早いけど 2013年総括

IMG_6711
2013年も早いもので、もう1ヶ月をきったね。

ほんまに早かった。

年末バタバタしそうやから、念の為に先に1年の総括しときます。

400シーンの役を演じたドラマ《烽火双雄》、

そして演じてて“楽しい”と心から感じる事ができたコミカルな役映画《最佳嫌疑人》、

そして現在撮影中の非常に緊張感たっぷりのスパイ役を演じてるドラマ《戦神》。

今年もいろいろチャレンジできた1年やった。

今も日中問題は心配やけど、そういう中でも1年間やってこれたことは非常にラッキーやったし、そういう機会に巡り会えたことに感謝してる。

6~7年前くらいかな?軍人役ばかりやってて、「中国人の役やりたい」など言ってた時があった。

当時、日本人役と言えば100%悪役やったから(今は97%ぐらいかな?)。

中国人役は善役が多いから、そういう理由から「中国人役やってみたい」と言ってた。

でも、最近役を演じる上に人種をあまり区別したくないなという思いがある。

勿論、日本人、中国人、違う人種なわけで、言葉も違うし演じる上でも違いはあるやろう。

でも演じる上で、その民族の違いを意識するんじゃなくて、やはりその人物の個性に関心し、理解して演じる事が大事なんだと思ってる。

その人が“~人”だという民族、人種は後から付いてくるものかなと。

演じる上でもグローバル化になろうとしてるのかもな。

~人を演じることは重要でない。重要なんはその人物をどう表現するか。

今やってるドラマ《戦神》の日本人スパイ役にもこの思いは反映させてる。

来年もいろいろな挑戦があると思うし、そう願ってる。

自分を信じ、そして周りの方々を信じ、来年も挑戦をし力をつけていきたい。

みんな、来年もヨロピクねぇ~~*´∀`)ノ

チャウチャウ

IMG_6665[1]

今日は宿泊してるホテルの部屋で夕食。

注文して30分後、レストランの店員が料理を運んできた。

見たところ20歳前半の男女二人。

注文したトマトと卵の炒め物(中国の定番家庭料理)とかぼちゃのお粥。

勘定聞いてお金を払おうとしたその時、男性の店員がニコニコしながら「浩二さん、ちょっと聞きたい事あるんですが。。」と。

「何?何でも聞いて」

「。。。」

なんか言いにくそうな雰囲気。

“《天天向上》最近なんで出ないんですか?”的な質問やろうと思ったら

「あの~」とその子が切り出した。

「あの~、浩二さん、中国人と日本人のどこが違うんですか?」

まさか、そんな質問をしてくるとは思わんかった。

「えとな。。日本人と中国人は違う。違うことはいっぱいや。言葉もちゃう、思想観念もちゃう、習慣もちゃう。もうチャウチャウ犬や~~(それは言ってへんけど。。)。とにかく違う事はたくさんある。でも悲観的になることない。違うからええんや。違うから面白いんや。それを俺らは楽しまなあかんのとちゃうか。。」

2人の若人は何も言わず、笑顔で俺におつりを渡した。

部屋を出ようとする際、おまけのように女の子の店員が言った「浩二さん、本人はテレビよりカッコいい!」

「はい、ありがとう!」

おまけみたいに言うな。最初に言ってくれやそういうことは~(^○^)

でも嬉しいもんやな。そういう質問をぶつけてくれるのは。

彼らなりに思うところがあって、そういうことを勇気をもって俺に聞いてきたんやと思う。

多分やけど、彼ら若者は今の日本に対して理解はそれほどあるわけじゃないと思う。

多分、別の印象を抱いていると思う。

でも、その印象が合ってるとも思ってない。

なんかそういう微妙な思いが、俺に質問をぶつけてくる行動に表れたんやと思う。

もっともっと“伝えなあかん”と思った。

でもそれはお互いやと思う。

伝える重要性は互いに大事や。

でも、ほのかに嬉しかったな。。

どんどんぶつかってもらいたいな若い子らは。

ぶつかって来る子には俺は受けとめるで!

 

 

 

ダディ

IMG_6604うちの親父ですわぁ~(笑)

よく見たらなんか似てるでしょ?

似てへんなぁ。。

アメリカCNNの特集インタビューを受けました。

今まで日本、中国、香港のメディアのいろんなインタビューは受けてきましたが、アメリカのメディアのインタビューは今回が初めて。

「中国で活動している思いを聞きたい」ということで、事務所でみっちり2時間インタビューを受けた。

「日本と中国、あなたにとっての真の故郷はどちら?」

答えは勿論、日本。

けど、中国も故郷や。ここでの感謝の思いはこれから一生かけて返していきたいと思ってる。

それは自分の成長していく姿を人様に見せ続けていくことやろう。

そう思ってる。

明日は又山東省や~~

もう寝ま~~~す。。おやすみん~(=^‥^)ノ☆

 

 

 

 

 

グレーにでけへん自分

IMG_6769_副本.jpg1

今日はあるインタビューで言われたある言葉が印象的やった。

「矢野さんは常に全力ですね。」

そうやねん。自分は全力やな。

なんでも全力で取り組むことに心地よさを感じるんやな。

もっと大げさに言えば“生きた”心地がするんやね。

おととい、上海でファミリーマートのファッションイベントの司会をした。

リハーサルから飛ばしてしまって、本番では声がガラガラ。

次の日の朝は声が全く出ない状態。

ちょっとぐらいペース配分しろって感じやな。

後先考えず突っ走るのが自分のまだ大人になり切れない情けないところでもある。

 

なんでも全力と言えばこういうのもある。

先日東京箱崎の足つぼ店に行った。

東京で足つぼは滅多にいかないんやけど、その日は足がだるだるで仕方なく。

15分待ちだというから、しなあかんかった仕事の電話をした。

なんか話がエスカレートし、店の外出て激論。

そのうち、店の人が出てきて「順番ですが、どうなさいます?」

「やります!」

興奮冷めやらぬ状態で店内に戻った。

心では自分もわかってる。“ちょっと落ち着けや”と。

按摩師の女性が淡々と「白か黒かの性格、竹を割った性格ですね」と。

「そうなんですよ~。はっきりしないとイライラしちゃうんですよ。」

「そうでしょう~。でもたまにはグレーでもいいじゃないですか。なんでも白か黒にしたら疲れちゃいますよ」

彼女の言う通り。なんでも白か黒にしてたら、くたびれるな。

でもこんなんで43年やってきたからなぁ~、“たまにはグレーでもええわぁ”と思うけど、それを一つでもしたら、何でもグレーにしそうで、それが怖いんやなぁ。

「熱い人なんですね。」

「そうなんですよ、熱いんやなぁ。。」

「あんまり熱いと燃え尽きちゃいますよ。」

「もう半分燃え尽きてるよ~ハハ~~」

「そんなことないですよ。まだまだこれからでしょう!」

その人の言う通りかもしれんな。

燃え尽きないよう注意せなあかん。

なんでも熱くなる年でもないしな。

物事にはグレーでも成立できる。

なんでもかんでも白や黒にせんでええ。

そう思うと少しは楽には慣れる。

世の中はっきりしないことだらけやから、グレーの決断は今の世の中に合ってるのかもしれんな。。

勇気を出してグレーにしてみよ!

結局のところ、グレーというあいまいさを
認めるゆとりが、
俺にもあってもええんかな。

でも、多分でけへんやろなぁ~(笑)

 

 

 

イカ20個

IMG_6557

今回は極秘で東京に来てました。

極秘と言ってもここで言ってたら極秘にならへんなぁ~▼*゚v゚*▼

さっき近くのコンビニで買い物に行った。

レジカウンターに、買い物籠を置くと

レジの女の子が「わぁ~~!」と

何事や!と思ってたら

彼女が中国語で「shi ye hao erさんですか?」と。

隣の日本人の店員が“偶然、中国友達との再会かぁ~?”と言うほのぼのとした目線で見てる。

いや、“俺ら、友達でも何でもないねんけどなぁ~~”と思ったけど、ま、ええわ。

女の子が喜んでレシートとペンを渡すから、レシートの裏にサイン書いてあげたよ。

基本的に誰かが喜んでくれるんなら、俺はなんでもやる。

それが所謂俺の信念やからね。

それゃ、そうやろ~~、彼女から見たら異国で生活してて、

偶然、母国のテレビで見た馴染みの人と会ったら、ビックリするもんな~

俺もびっくりしたけど。。

ま、でも彼女にとってちょっとしたサプライズになったんやったら嬉しいことやね。

みんなの笑顔でエネルギーもらってる俺でした。

さっき、築地でイカの握り20個は食べたでぇ~~うまかったぁ~~(*^-^)

 

 

 

 

 

 

期待の星

项链晃

 

最近、可笑しな現象が生じてる。

何かと言うと、中国の大学の学生が組織した会合又は講義のオファーが来ている。

それも頻繁に。

今年4月に重慶の大学での講演に参加した。

その影響なのか、特に9,10月に4,5件のオファーが来ている。

「現在ドラマ撮影中なので。。」と事務所の者が言うと、

「それでは、ビデオレターでもいいので。。」と返ってくる。

2大学にはビデオレター送ったけど、あと3件どうしょう?

昨年の9月のことを考えたら信じがた現象。。

彼らは俺に何を期待してんねん?

多分、ええ年してギャグばっかり言うし、とりあえずおもろいからなんゃろうなぁ~~

けど、いつしか俺は大学生達の期待の星になるんやろか~~

まあ、それも悪くないねぇ~~o(*⌒―⌒*)o

 

 

“人”に支えられてきた証

中国で一番人気の日本人タレントは誰?―日本企業調査 (YAHOO JAPAN二ユース)

子供の頃から“1番”には縁のない人間やった。

小学校の運動会ではビリかケツから2番目。

テストの成績もクラスで後ろから数えたらいつも10番以内やった。

そんなアホでドジな俺が、日本ではないけれども1番の評価をもらえたのは素直に大変嬉しく思う。

この世界に入ってからも沢山のドジやミスを経験してきた。

そのドジやミス、そして失敗による後悔の念などの一つ一つが未来へのエネルギーとなって自分の身体に蓄積されてきた。

そして常に前を向く“心態”、前向きなな心の状態を保持してきた。

特に去年の9月以降からの半年は精神的にきつかったなぁ。

でもそれ以降バラエティはお休みはしてるけど、でもほとんど前と変わらない沢山の人達の応援、声援、励ましの声を聞くことができてる。もしかしてその声は以前よりも大きいかもしれん。撮影現場、ネット、移動中の空港など。。

今回の結果は長年中国でやってきたということと、やはり自分がいかに“人”に支えれてきたんやなと、その証となる結果やと感じてる。

強い強い大きなみんなの支えなんよ。

 

 

 

 

伝える大事さ

これはほんまに誰でもできることではない。
今回の台風での被害を見れば、どれほどの悪状況だったか想像できる。
もし、自分がこの場に居たら本当に助けられてるか?恐らく足すくんでるんちゃか? … この中国の学生さんの勇気と正義感に敬服、そして感謝したい。

契約記者会見(報道)

中国で人気の日本人俳優・矢野浩二、「日本兵専門」とバラエティーは卒業―中国(YAHOO JAPAN ニュース)

中国で活躍する俳優・矢野浩二、所属事務所と5年の再契約―中国(YAHOO JAPAN ニュース)

矢野浩二さん、中国の映画会社と引き続き契約 「中国の夢」を語る(チャイナネット)

俳優の矢野浩二 新ドラマに出演決定(INSIGHT CHINA)

中国で活躍する日本人俳優の矢野浩二氏、改めて俳優に意欲(YAHOO JAPAN ニュース)

中国で活躍する俳優矢野浩二「この10年は大変だった」(人民網 日本語版)

矢野浩二:十年中国打拼太难 女儿确实是中国籍(網易娯楽)

 

実は。。

北京に戻ってきました~~!

今回は多くの方達とお会いすることができ充実な日本を過ごさせてもらいました。

こんな年になっても、北京に戻る時のなんとなくの寂しさも日本人としての日本の愛着なのかな、と思ったりします。

続きを読む

3日連続

IMG_5762
中国新浪ブログ推薦、今までも何度かしてくれましたけど、
今回のように3日連続は初かな。。
ありがたやありがたやです。。 … 一人の日本人の思いを3日連続推薦告知してくれるとは。
新浪ブログ、ありがとうございます゚.+:。(´∀`)゚.+:。

在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由

20130809_666896在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由

僕も1/108です。
生意気ながら、ここに居る思いを書かせてもらいました。
中国人93%「日本が嫌い」、日本人90%「中国が嫌い」という状況の中、
「中国に興味のある方、是非ご覧なって下さいね~!」って言ってると
「お前、空気読めよ~!」って言われそうですが、
でもある意味、傍若無人で良いのではと思っています。
空気を気にして生きてらんないですから。
これは日本の皆さんだけではなく、中国の皆さんにも読んでもらいたいです。
是非ご一読!

《バンキシャ》

日テレ《バンキシャ》見て頂きました~?

反日作品の視点からの情報でしたね。

今後、娯楽化した抗日作品は少なくなると思いますし、そう願いたいと思います。

現在撮影中の作品でも、現場で役者達、監督と常に討論しながら撮っています。

最近は毎シーン討論に1時間かけ、撮影に入るという状態です。

『こういう描写は合理的でない。』

『うそっぽい』

『あまりにも事の発生が偶然すぎる』

そういうシーンは討論をし、理由を設定して合理的にまとまれば撮影開始するという具合。

大変ですけど、それぐらい拘ってやりたいです。

僕は日本でも、中国でも、その他の国でも俳優のやるべきことは同じだと思っています。

確かに撮影の仕方に勝手が違いますが、やるべきことは同じ。

役に集中するということ。どんな役が良いか悪いかなどは問題ではありません。

縁があってやらせてもらう仕事に感謝して演じる。

日本にいても同じです。

12年その思いでやってきました。

人と共に仕事をする。

そこに、日本人だとか、中国人だとかという観念はありません。

 

 

 

 

1ヶ月

IMG_5353

1ヶ月が過ぎました。

中国のドラマ撮影は過酷です。

3ヶ月以内で30話を撮影するわけですから、日本のドラマ撮影と比較すれば自ずとわかりますね。

中国のドラマは撮影のペースを速めるためにAチーム班とBチーム班が同時進行で撮影される。

だから主役の役者はたまったもんじゃありません。例えば午前中にAチームで4シーンの撮影、午後にBチームで6シーンの撮影、夜は又Aチームに戻って3シーンの撮影みたいな状況が生じる。大袈裟に言えば毎日が殺人スケジュールです(笑)

でもそういう時に唯一の慰めはこれです。

日本食。毎回ざるそばとつゆ、わさび、のりは北京から持参しています。

あと北京の自宅から納豆も送ってもらった。

これらを食すのが元気の源。

これさえあれば乗り切れる!

わさびとつゆの味、たまんないねぇ~~ [happy01]

 

20日

IMG_5313

やっと20日が経ちました。

最近10日ごとの更新になっちゃってます。

毎日目の前のことに集中するのみの状態です。

今回はドラマのほぼ全話に出演してるので、シーンは380?ほどあるかな?

自分でも正確な数字を把握してません。

7月初旬まで、まだまだ先は長い。大変だ~~。 [coldsweats]

 

10日

クランクインして10日経ちました。

「やっと10日」って感じです。

まだまだ過酷な日々は続きます。。

“毎日が戦い”なんてそこまで自分を追い込んでいない。

でも熱い魂、情熱みたいなものが根底にないと、この世界では生きていけないんだなとつくづく感じる。

いい仕事をするとご飯がうまい。

明日もうまいご飯を食うぞ!

 

関西人

NHK大阪 新番組《アジアに夢中!》見ていただき、ありがとうございました!

沢山の関西にお住まいの方から応援のメールを頂き有難く思っています。

ある方からのメールでびっくりしたのが、日本の外国語大学中国語学科の教科書に自分が紹介されてるらしいです。これ又びっくりですねぇ~~こんないちびり野郎を紹介していいのでしょうか? [coldsweats]

いちびり精神が功を奏してここまでやってこれた部分はありますが、やはり一番大きかったのは関西人が持っている人情味ある独特の気さくな性格が、後押ししたのではないかと思っています。

関西人でよかった~~~ [smile]

 

P4256709

こんな時間になってしまいましたが。。

ここのところ山東省は天気いいです。

やっと一週間が経ちました。

腕、足、肩は筋肉痛、毎日出番、台本今もなお変更。

中国の主役をはる俳優さんは本当すごいなぁ~とつくづく思いますね。

体力勝負

こんな時、何が必要か?

それは食べるしかありません。

持参したざるそばを作っています。

あんまり夜食べない方がいいんだけど。。

でも食べます!

明日、NHK大阪《アジアに夢中》見てくださいね!

 

 

新しい奮闘

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日から新しい奮闘の始まり。

自分との戦い。

なんとなくだけど、今までと違う気持ちでこの戦いに入れそうな感じがする。

それまでいろんなこと考えさせられたから。

そういう所存で臨みます。

でも、心配なのは地震ですね。

被害が最小限に治まることを願います。

 

 

みんなの思い

IMG_5095_副本.jpg1

行って来ました~~!重慶邮电大学移通学院での講演。

予想以上の学生さんが集まってくれました。

会場は300人一杯、外で200人が入れない状態でした。

初めての事もありまして、正直『何か異様な空気が起きないかなぁ~?』という心配は少しありました。

でも蓋を開けてみれば、もう全然。《天天向上》のノリで盛り上がりました。

日中の交流に関する話を準備していたのですが、真面目なトークはあまり反応がない。

それより、『日本の女性と中国の女性の違いは?』とか『娘さんとの物語を教えて!』とか『撮影や天天向上での面白秘話を話して!』みたいなトークを楽しみにしていたようでした。みんな勉強とかいろいろ大変なんでしょうね。息抜きたいというか。。

ギャグをしたり笑い話をしたら、もう爆笑ですからね。

心から楽しい時間を僕と過ごしたいという思いがひしひしと感じられた。

むしろ言い方悪いですが、『日中問題?俺達には関係ない、楽しく仲良くやってもらえればそれでいいよ!』と思えるようなみんなの反応でした。

勿論、全ての学生さんがそのような考えをもってるとは言えないけど、これからこの若者達が新しい主観で日中交流を続けてくれるんではないかと、密かな期待が感じられるそんな時間でした。。

 

 

 

 

 

 

 

 

锣鼓巷

日本の番組のロケで来ました~!

老北京、锣鼓巷。

久しぶりに焦りました~~集まる集まる人が!

 

 

カテゴリー: Blog

面バレたら仕方ない

夜、友達と食事の帰りのタクシー

ラジオでスポーツの実況中継が聞こえた。

確か今晩、北京の工人体育場でサッカーの広島と北京の試合があったはず。

僕がつかさず運転手の叔父さんに『日本との試合ですか?』と聞いたら

運転手がニコニコしながら『これは山東でやっているバスケットの国内リーグの試合、サッカーは北京チームが日本のチームを倒したよ。2対1。君にとってはちょっと残念かな?えへへっ』

『何言ってんの叔父さん~?』ととぼけた。だって僕は野球帽に白マスクの格好だから、どういう見ても変な奴にしか見えない、バレナイはず。。

そしたらうんちゃんが又笑みを浮かべながら『私はあなた誰だか分かってるよ~~エヘヘ~ドラマ見てるからねぇ~~』

そこまで言われたら仕方ない。。開き直ろう『いいじゃん!叔父さん、北京チーム勝って。だって日本のチーム勝ってしまったら暴動起こるから危ないよぉ~~。日本のチームもちゃんと分かってるよねぇ~~ここは中国だってことを。勝ったら大変なことになっちゃうよ~』

そしたら叔父さんにウケちゃいました。

友達がつかさず笑いながら『日本のチームもサービス精神強いねぇ~』と

僕が『俺はそこまで言ってないよぉ』一瞬静まって又車内はドッヒャァ~~!と爆笑。

いやいやこんな冗談が北京ではもうすでに言えるようになってます。

懐かしい去年の秋の日が。。(笑)

でも叔父さんが言ってました。

『サッカーはヨーロッパが主流だけどアジアで一番強いのは日本だ。中国は駄目だね。高校生サッカーだよ!アッハハハ~~!』威勢のいい叔父さんでした~~(^▽^)/

 

 

カテゴリー: Blog

全てが奇跡

結局のところ、全ての出来事は奇跡なんだと思う。

例えば仕事で言えば、年間『挑戦したいなぁ~』と思える役に出会えるのってここではそう多くはだろう。歴史作品が大多数を占めてその中で日本人が演じることが出来る役の大方は悪の役ですから。何も悪が駄目だと言ってるわけではない。

悪役の行為にきちんとした“理由”が記されて人格がきちんと描写されていれば挑戦する価値はあると思う。いわゆるステレオタイプなものでなければ。。

しかしそうそう理想とする役に出会えるわけでもない。

その中でも出会える時がある。年に1,2度。

役の出会いは奇跡だと思う。

役者も世界で沢山いるだろう。その中で自分が出会えた。

偶然であり奇跡だと思う。

その仕事してる中で出会う仲間も奇跡な出会いだと思う。

全てを奇跡と考えれば、全てが愛おしくなる。

だからこの偶然の奇跡を大事にし、そして感謝しないとね。

 

 

 

カテゴリー: Blog

whenever 2013年3月号

約7年ぶりのwhenever表紙&インタビューです。

最近の情勢に対する思い、役者に対する思いなど、赤裸々に綴っています。

是非、ご覧なって下さい!北京、上海、広州で発行されてます。

 

 

 

 

カテゴリー: News

春写真

久々、ご無沙汰してました。

3月になりました。

日本は春一番が吹いてるようですね。

こちらも久々なんですが、新しい写真です。

ゲッツさんほどではないですが、多少ダンディを意識したものになりました(笑)

どんな感じでしょうか?

 

 

 

カテゴリー: Blog

矛盾

昨日まで、にぎやかだった家が今日は静か。

まもなく旧正月なので、神さんと子供が帰省しました。

自由を感じると同時に寂しさも感じる。

矛盾した野郎です。

でも世の中矛盾だらけかもしれない。

矛盾の中でもがきながら、自分の生きる道を探して歩んでるのかもしれない。

僕が今中国に居るのももしかして矛盾してるのか?

ここ最近よく考えました。

いろんなことはある、起こる、どこにでも、当たり前。

2001年に単身で中国に来たことは間違いではないと、今でも声を大にして言える。

それは信じてるとか、強がりとかじゃなく、心の底からそう思っている。

その声を出来る限り多くの人に伝えていくこと、

それが大事なんでしょう。

 

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

感染作用

最近、ウェイボー、メールとかで多いメッセージが『なんで、浩二、天天向上に戻らないんだ~!?』とか『早く戻ってきてぇ~~!』などの声が、そうですね、95%は占めてますね。

ありがたいことです。

みんなの声がある意味僕の原動力になってます。。

戻る戻らないは、僕の一存でどうすることもできません。

僕はただ事務所の組んだ予定をこなすしかありませんからね。

所詮雇われ者ですから。。(笑)

 

笑顔、いいねぇ~~

自分にはみんなを笑顔にする独特な感染作用があるのかな。。

ちょっと思い上がりか?

自分が居れば、その場が和む。いつまでもそういう人間でいたい。。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

天天兄弟献声

http://t.gangker.com/web/forwards?id=358128

怪我から復帰した俞灏明(ユーハオミン)の呼びかけで、重症のやけどによって今すぐ治療が必要な7人の子供達の為、僕ら天天ブラザーズが出来る限りの手を差し伸べます。今日早速80人に返事の声を送信しました。明日からも時間を見つけて少しでも多くみんなにアピールしないとね。愛の手を差し伸べるのに国境はないから。。

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

3カ国

昨晩の《金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件》。

如何でしたか?

いろんな感想を頂戴しまして感謝です。

『出てきたと思ったらすぐにお陀仏。もうちょっと出番増やしてよ~』

ま、これだけは『出番増やせ!』と言って増える世界じゃないのでね。。(笑

『日本のテレビドラマに浩二がいるのが、不思議に思えた。。』

これは中国のテレビ画面で見慣れている僕が、突然日本のテレビドラマに現れた。

中国の方ならではの正直な感想かもしれない。

日本で生活している中国の人達にとっては、中国で見慣れた役者が日本のドラマで日本の俳優さんや韓国のVIと共演している姿を見て、不思議に且つわくわくしながら楽しめたのではないかと思います。

このドラマを中国のウェイボーでも告知しました。

あえてというか、当然なんですが、『日本、中国、韓国の3カ国の俳優が共演』という切り出しで告知をした。

もしかして、現在のアジア関係の不安定な状況の中、『こんな時に3カ国共演?』と感じた中国の方もいるかもしれない。

でも、安定な時でも、不安定な時であっても、撮りたいものを撮る、視聴者に楽しんでもらえることができるのなら提供する。

文化芸能分野は、そうあるべきだと思う。

今回の制作スタッフの皆さんは特に気苦労されたに違いない。

この撮影が行われたのは、丁度2012年の9月中ごろ。

反日デモが行われていた頃。

その毒入りのシャンパンを飲むシーンの撮影の時に中国で自分の死亡説も出るし。

死亡説の内容も毒にもられているし。。(笑

でもそういう世間の逆風の中でも、情熱があればできる。

それを証明したと思う。

挑戦しながら進化する。正にその見本となるような作品になったと思う。

今後もこのような“挑戦”できるアジアの作品が増えていけばいいですね。

エンターティメントは影響力ありますので、もっともっと増えていってもいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

先ずは。。

言いたいことはいろいろあるけど、言ってもきりがない。

ただわかることは、完全なる平等だの公平だのとそういうものは残念ながら存在しない。

でも各自の心に希望をもってればなんとかなる。

事をあまり深刻に考えないことかもしれない。

以前、生きるって夢を叶える為とか思ったけど、

そんな甘いもんじゃない。

自分に打ち勝つ事、葛藤との戦いに打ち勝つこと、それが生きる全てなのかもしれない。

どの国にいても、いつの時代であっても生きる意味とはこういうことなんだろうね。

明日は《金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件》が放送します。

先ずは目の前の事から。。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

まさか。。

“开心开心极~~了~~~!”

まさか自分のギャグをみんなでして俞灏明を迎えるとは思わなかった。

恐るべし“开心开心极~~了~~~!”だ(笑)

2013年1月4日から新プロモーションビデオ放送します。

 

カテゴリー: Blog

晴れ晴れしい思い

良いことが起きたら、『これがずっと続いたらいいのになぁ~』と思うけど

明日になればそれは過去になる。

また一からのスタート。

過去の栄光に浮かれてる場合じゃない。

悪いこともそう。

明日になれば過去になる。

またリセットされた気分で前を向けばいい。

結局、結果というものは大事だけど、一番大事ではないのかも。

一番大事なのは、挑戦の機会が常に与え続けられるかということ。

そのためには前を見続けなければいけないということ。

だから結果を気にすることよりも、“次”を考える生き方が人間を前へ進めさせるのでしょう。

2013年、新しくリセットされた1年が始まりました。

なぜか晴れ晴れしい思いのお正月です。。

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

ありがとう

大晦日。

今年もあとわずか。

あっという間だったこの一年。

後半いろいろありましたが、仕事面においては充実した1年であったと言えます。

ドラマ《浮沈》のヒット。

ドラマ《盛宴》での共産党員役、新しい挑戦でした。

ドラマ《金田一少年の事件簿》の出演。久々日本の作品に出演しました。

内容のある1年であった。

だからもうすぐ去る2012年に“ありがとう”と言いたい。

自分のような人間でも『浩二の作品を見たい!』と言ってくれる人がいる。

自分のような人間でも『浩二の番組を見たい!』と言ってくれる人がいる。

そういう人達に“ありがとう”の思いを込めて努力をしていく。

それが僕のモチベーションになっている。

2013年も“ありがとう”と言える1年にしたい。

それが僕の目標。。

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

光栄

矢野浩二が演じる役はは悲劇の人物が多いとよく言われる

それぞれ役は己の使命を抱いて生きている人物。

覚悟をし、そして崖っぷちの精神で事をなす。

自分自身も2001年から今日まで、このような精神を頭に入れ生きてきた。

今もそうです。

覚悟をし、そして崖っぷちの精神で生きる、そんな人生ってむしろ光栄な人生と言えるんじゃないかな。

だから演じてきた役も、そして自分も決して悲劇ではない。そう思う。

現実の大きな波を僕らは動かすことなどできない。

ただ悲劇と思わなければ、何か変化が起こる。

起こるよ。。

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

そのまま居れば今頃プー太郎

『いろいろな苦労もあったと思うが、それを乗り越えていく原動力になったものは何か?』と聞かれる。

答:『やはり「人」。中国に来たばかりの頃、中国人の友達は二人だけでした。あるとき自宅で一人さびしく過ごしていたところ、そのうちの一人から電話があって、「誕生日に何してるんだ」と怒られた。彼はすぐに十数人の友人を集めて僕を外に連れ出し、誕生日を一緒に祝ってくれました。異国で生活している自分にとって、「孤独じゃない」と感じられたこの瞬間は本当にうれしかった。中国に行った当初から今まで、僕はずっと周りの人に助けられています。それが今までやってこられた一番の理由。』

中国語ジャーナルでのインタビューでそのように答えました。

http://china.alc.co.jp/culture/zhongwen/2012/12/post_120.html#more

 

生きていくうえで孤独が一番よくないからね。

時に自分の生きて来た道を振り返り、天真爛漫な子供の笑顔を見ると『この子を孤独にさせてはならない』と思う。

そう思うとなんか泣けてくる、切なくなる。これが愛おしいと言うことなんだろうか。

 

中国のみんなはよく『浩二は本当に大変(不容易)だよねぇ。。』と言ってくれる。

いまだにそのような声が多い。

大変というよりは、本当を言えば自分は光栄な人生歩ませてもらってると感じる。

光栄に思える、感謝できる人がいる。

それって生きていくうえで必要な存在。幸いに僕にはある。

日本にそのまま居れば今頃プー太郎間違いなし。

中国で11年居ますが、最初の5年ぐらいはそんなことはなかったが、最近は日本に仕事で帰国する時などは、胸張って帰国ができる。

積極果敢に挑戦する姿勢が功を奏した11年ではないかと思う。

最近はやや受身にはなったけど(笑、これからも積極果敢の姿勢は忘れたくない。

 

最近思うのが、人間の最大の敵は何だろうって。。

その敵というのは実は役者にとっても大事なこと。

それは“偏見”。

役者はどの役を演じる上でもこの感情をもってはいけない。

偏見は固定観念を作り、いろんなスパイスを準備しなければいけない役者にとっては必要のない感情。

偏見が社会での差別を生み、国際関係での誤解を生み、そして教育現場でのいじめなどが生じる。メンタル面での偏見のない世の中を構築することが、平安な世の中を作る最大の近道なのではと感じる。。

全くもって邪魔な感情だね。

久々論じてしまいました。。(笑

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

外交

どうやら《金田一少年の事件簿》が来年1月12日、NTV系列で放送決定したようです!

是非是非皆さんご覧なってくださいね。

日本では選挙で慌しいようですね。

情報って本当たくさんありますよね。時には錯乱してます。

いろんな方が自己の考えを主張している。

言論の自由、それはいいんだけど、なんでも耳に入れれば良いというものではない。

結構必要のない情報も沢山ある。

今回の選挙でもいろんな候補者が独自の考えを唱えている。

周りを気にせず、情報に左右されず、自分の直感で票を投じるべきでしょうね。

でも一つ、不思議に思うことが。。

どの候補者も原発、TPPの事ばっかり。

確かに大事ではあるけど、もっと外交の重要さをアピールする候補者が一人でも出ないものかなと思う。特に景気とか経済の回復のキーポイントは外交でしょ?

消費税も勿論キーポイントだけど、外からのお金が入ってくることが何よりも重要でしょ。

日本に来る外国旅行者、経済交流の活性でしょ?

何よりもこれが国民の生活に関わることでしょ?

??ばかりですけど。。

ちゃんと相手に真っ向から対話の外交ができるリーダー、そういう日本のリーダーを選ばなければならない。。自分の国が勝ち取ることを考えるのではなく、国同士で共存できる思考、そういう考えを国民に言える方が出てきて欲しい。。

正直なことをきちんと言える候補者を見抜くことが有権者には必要なんでしょうね。

僕は原発、TPPプラス外交の大事さを訴えている候補者を投票します。

いねえぞ?(笑)

 

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

師走

早いものでもう師走。今年も1ヶ月を切りました。

今年は、言えばキリがない。いろいろあった。

死亡説も出た。

そしていろいろ考えた1年だった。

自分が良けれゃ何でもいいと言う時代ではなくなったような。。

だからこれからも交流に関するアピール、お手伝いは出来る限り継続していく。

関心をもっていくスタンスは変わらない。

とにかくどうすれば伝えられるのか?それを考えていかないと。

そしてこれから俳優という仕事をしていく上で、更なる覚悟をもってやらねばと思う。

今思うこと、ただそれだけ。。

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

ありがとう

《天天向上》のメンバー”天天兄弟”7人が揃った写真がウェィボーで公開されていたのでリツイートしました。

『本音を言えば、どうやって慰めてよいのかわからない。どうやって励ましていいのかわからない。ただ彼に言いたいのは一言、“ありがとうよく戻ってくれて”。。僕たちは彼の姿を見て、逆に励まされ、勇気づけられたのではないだろうか。。あ、ついでに一言、僕も戻ってきたよ。。(笑)』

真面目なコメントの中にもユーモアさは忘れちゃいかん。。

こうやってステージ上で7人勢揃いする日も近いでしょう。

トンネルをくぐってるような時って誰の人生にもある。

いつかはくぐり抜けられる。その日が半年後なのか?1年後?2年後?わからない。

でもいつかは抜けられると思えばいい。本当に抜けられるから。

そう思ったその時、楽になるし、幸せな気持ちにもなる。

簡単ではないけど、そう考えられたらシメタもんです。。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

好きになる

その役を生きたものにするには、その役を好きになればいい

人との交流も同じ、相手とうまく付きあいたければ、相手を好きになればいいだけ、たとえ嫌いであっても構わない。いつか本当に好きになるから。。

結局は“好きになる”というところから全ては生まれる。。

好きになろう。。

 

 

カテゴリー: Blog

海南

ここは夏!海南島に来ています

冬の北京から飛行機で3時間40分

11月に夏を感じることができる場所

《天天向上》の新しいオープニングビデオの撮影です。

今回は俞灏明も怪我から戻ってきました。なんと2年ぶりですからね。

ドラマ撮影の事故で重度のやけどを負った彼。

この2年僕らが想像出来ないほどの苦痛だったと思う。

今回戻って来て、ただただ彼の精神の強さにアッパレです。

彼ほどの苦痛ではないけれど、自分も今回久々に戻ってまいりました。

天天兄弟7人が久々に勢ぞろい。

波の音しか聞こえない楽園・海南島に居ると、ついつい時間を忘れそうになる。

忘れたいけど、「朝8:00からメイクです」と予定を聞くとそうもいかない。

次回機会があれば家族で来たいねここは。。結構穴場かもです。

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

自分の家

ここが“自分の家だ”という考えは今でも変わらない。

中国でもこんな感じで報道されています。

どういうことが起きても誰も僕らの考えを変えることはできない。

結局はとことんまで諦めずにやるということ。

人生を消極的に生きればとことん消極的な生き方になる。

駄目でもいいからやってみる。

駄目になるのを恐れてやらないのは最悪

とにかく何もやらないのが駄目。

それを考えれば、何でもやればいいんだよ。

 

 

 

 

カテゴリー: Blog

俳優矢野浩二さんが一時帰国 日中友好の決意新たに(共同通信)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012110201001583.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter (東京新聞)

http://www.daily.co.jp/society/culture/2012/11/02/0005498846.shtml (デイリースポーツ)

http://www.47news.jp/news/2012/11/post_20121102153400.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter (47NEWS)

 

普通に生活してる

日本でのドラマの撮影も一段落して昨日北京に戻りました。

夜にはsohuネットが主催するハロウィンパーティーに出席。

楽しく和気藹々と場に参加させてもらいました。

一時の緊張感は今何処?という感じです。

聞いたところ、上海に来ている日本のスケート選手団が専門の警護をつけ、

ホテルと試合会場以外は基本的に外出させないという厳重な警戒をされているらしいです。

何かあれば取り返しはつかないは当然ですが、あまり過敏な警戒感はどうかと?

そしてそういうことを『あたかもここはまだ危険が潜んでいる』と見てる側に容易に捉えさせる報道はどうかな?と思う。

見てる日本の視聴者からすればそう思うでしょう。

ちなみに数十万の日本人がここに住んでいるのです。

危険があればここには住まない。

それに今回の試合出場に不安があるなら、上は選手を参加させもしないでしょう。

問題ないから参加させるわけであるから、その危険を煽るような報道は如何かなと思います。

とにかく偏見、狭い固定観念は捨てないといけない。

偏見者が思ってるちょっと危ない場所に僕らはごく普通に安全に生活してる。

それを状況も理解し、容易に見てる側に誤解あたえる報道はやめてもらいたいですね。

何気なく思った愚痴。。

 

 

 

 

居場所

2012年10月24日 毎日新聞夕刊《新幸福論》読んで頂きましたか?

“海越え見つけた居場所、孤独でなくなった”

孤独と感じない、それが自分の居場所。

みんな自分の居場所を探してるんだと思う。

生きるってそういうことだもんね。

日本で居場所を探すのもいいけど、外国で自分の居場所が見つかるというのも

幸せな事。結局はどこだっていいのよ。。

自分の輝ける場所が見つかればどこだっていい。

みんな均等に与えられてるんだと思う自分の輝ける場所が。。

 

 

近所付き合い

昨日の《海外ネットワーク》、生はさすがに緊迫感ありますねぇ。。(笑)

でも楽しかったですねぇ。。

コンパクトに自分の経験談もお伝えできましたし。。

今後、もっとこのような伝える場が増えればいいですね。

ずっと『そうなればいい』『そうなって欲しい』という願うを言っていた。

願いだけじゃ駄目だよね。

願いより大事な行動、伝えることをしっかりやらなければと思う。

仲良い近所付き合いが出来るよう。。

 

明日を信じる

人に写真撮影やサインを求められたら、

僕はしっかり相手の目を見て答える

『いいよ』

目と目を合わせて初めてわかる相手の気持ち

相手も自分の気持ちをわかるんだろうね。

僕たちにとってはもう過ぎ去った事なんだ、

あのことは。

これからは明日を信じて

そして自分を信じて。。

 

 

 

“私は外人、でも外者ではない ”

http://blog.sina.com.cn/s/blog_4a6c545e0102e1oc.html

我是外国人,但不是外人

“私は外人、でも外者ではない ”

この言葉に関するブログを昨日のブログで掲載しましたら

いろんな反響を頂いています。

ファンの人から言われたこの言葉、

一見、何気ない言葉であるけど、大事な意味がこの言葉に含まれている。

中国に住んでる日本人、日本に住んでる中国人、外国生活している全ての人達に感じてもらえる、感じてもらいたい言葉。

みんながお互いそういう主観で打ち解けていければいいのですが。。

この言葉にはそういうメッセージを含んでいる。

沢山の人に読んでもらいたいですね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

0からでもいいじゃん

交流不足、誤解や偏見沢山ある。

仕方ないね。

ここまでこじれてしまえば。

でも大丈夫。

一からでも、0からでもいい

俺はあきらめないよ。

あきらめられないと言ったほうがいいかな。笑

またスタートすればいい。

今まで築いてきたものが崩れるのは残念だけど。。

言い方変だけど、今のこの状態、ピンチをチャンスに変えないと。

きっとわかるはず。

僕ら民間の繋がりさえあれば必ず理解し合える

繋がりから希望と夢が生まれるから

もうきな臭い話題は聞きたくない。

うんざりだ。

今、何が大事か、何を伝えるべきか、何をするべきか

それをやり続ければいい。

それを続ければ。。

 

晴れやか

9月25日から滞在しました日本

《金田一少年の事件簿》の撮影も順調でした。

終わってみれば、あっという間。

さてと。。北京に戻ります。

今回、自分の中でやりたかったことが出来たので、

心の中の不安が少し和らぎました。

今日の大阪は

晴れやかです。。

 

 

 

 

 

 

外者ではない

“矢野浩二是外国人 但不是外人” (矢野浩二は外国人、しかし外者ではない)

最近、人から言ってもらった一番ぐっときた言葉。

ありがとう。

人は言葉によって救われる

言葉によって生きがいを感じる

さあ、前へ生きよう。。

 

 

 

“管道”者の役目

一部の中国の方々から「日本は大丈夫?安全?」と心配の声を頂いています。

全然至って安全であるわけです。それは北京も同じ。

僕とってはどちらも住み慣れた故郷のような場所。

いろんな方面でお互いの誤解、固定された観念みたいなものがある。

それを一つ一つ埋めていくのが僕ら日中の間で生きている“管道”者の役目。

 

 

 

 

 

 

元気

なんとまあ、中国のマイクロブログで矢野浩二死亡説が出てました。

なんで?!という思いですが。。

わからん。。こういうガセネタを出す人の意図が。。

元気ですよ。元気に決まってるでしょ。。笑

 

 

絶やさず

92年、大阪から上京したての頃

小岩の商店街にあるカメラ店で撮った。

よく覚えてる~~ [happy01]

笑顔を絶やさず。

今の状況では無理があるんですけど。。

でも笑顔でいないと

自分のため、みんなのため

自分に言い聞かせている。

 

 

 

 

祈るような気持ち

あまり今は思いをストレートに口にしたくないなぁ。。

だから中国のマイクロブログでも全く違う話題を短く書くだけ。。

本来なら更新もしたくない。。でもそういうわけにもいかない。

何かを訴えよう、分かって貰おう、不満を吐き出そう、

そんな事今必要ではないように思う。

なんか。。祈るような気持ちでマイクロブログを更新してる感じです。

言葉は直接問題の話題に触れてませんが、マイクロブログに書き込んでくれている中国のファンのみんなはわかってくれてますね自分の心の底の部分を。

有難いです。。

共に人間だから。。

喜怒哀楽がある人間同士です。

分かり合えるはずなんです。

 

 

 

 

 

。。

昨日は娘の2歳の誕生日。

楽しく家で過ごしました。

というか、部屋に閉じこもってる状態ですね。

特別な用がなければ外へは出ないほうが今はいいかも。。

それほど怖がる必要はないけど、万が一危険な状況に遭遇するのもね。。

中国で生活している日本人は何十万人いるでしょう。

異国で生活する不便、ましてやいま、タクシー運転手にも乗車拒否される状況。

こんなこと起こるべきではないと思う。

相手をどうこう責め立てることだけではなく、子供の喧嘩のような意地の張り合いはせず、もう少し『友好』という観点から物事を考えて外国と話しあう度量がなければいけないのではと感じる、お互いに。。

どなたかが、“友好”という言葉は一種の手段だと仰ってました。

そんな考え絶対あってはならない。

友好は友好。たてまえであってはならない。

たとえ、「相手もそうじゃねぇか~!』と言っても

我々はそうであってはならない、と自分は思う。

 

昨日、多くの友達(中国に住んでますから大多数が中国人)から励ましの書き込み、メール、電話を頂いた。

《天天向上》のメンバーからもそれぞれ心配な面持ちで電話をくれた。

このような状況、非常に悔しい。残念。。

全然踏み込んだ付き合い話し合いをしてないから、少し問題が出ればこのように事が拡大する。

今はただ一日も早い修復への話合いを進めていってもらいたい。。

 

 

 

ただ明日のため。。

確か4、5歳だったかな?

もうどこで撮ったかなんて覚えてない。

不安そうな顔してる。

あの頃は純朴でわがままでよく泣いて。。

でもよく考えれば今でもそう。

何も変わってないのが自分の誇り

たぶん今後も変わらない

ただ明日のために頑張るだけ。。

 

 

 

子供たちの思い

6日、北京で開催の《日中交流博覧会Week2012》開幕式に実行委員の一人として出席しました。

今、日中間でいろいろな問題があります。

でも沢山の子供たちの思いは一つなんです。

この子供たちの思いを我々日本、中国の大人たちは考えなければならないんじゃないか。そのように思う。

日本と中国の未来の子供たちに我々は何を残せるのか?

子供第一に大人は考えるべきだと思う。

大人の喧嘩をいつまでも子供に見せている場合ではない。

自分はそう思う。

 

 

 

子供との時間

憩いの時間

居れる時は一緒にいたいという気持ちです。

最近人間が丸くなったようにも感じます。

こう見えても肝っ玉ちっちゃいんです自分は。

子供の事を考えては眠れなくなったりもする。

それが普通かな。

それが親かな。。

 

 

 

築地

やっぱ築地の寿司はうまいわぁ~~。

もう感動ですね。。

ここ数日、自分の中で何かすっきりしないものがあったので、

そんな事忘れたくてムシャクシャ食べました。

やっぱいいわぁ~~築地の寿司。。

 

8月29日から2泊3日で東京でした。

ドラマの衣装合わせです。

暑かったなぁ~~東京も。

東京の風、いつも感じる風。北京に居る時の風とさほど変わりはない。

風はいいね。。羨ましい限り。

風になれたらいいなぁ、隔たりもなければ障害もない。

目指すべきことはそういうことだと思います。

 

心の平安

子供は些細なことでも喜ぶ。

昼食で作ってあげた。

天真爛漫な笑顔で喜ぶ。

その笑顔を見ると私は心の平安を感じる。

世界の全ての人の心が平安であればと願う。

必要なのは“心の平安”です。

 

平安

いろいろ複雑な思いがあります。

私はただ争いごとはしたくない、見たくないだけ。

なぜならそこから得られるものは何もないから。

お互いにとってマイナスになるだけ。

自分の国を活気よく元気よく景気よくと願うなら、もっと外の国の人たちと仲良く交流していくことを考えないと。自分の国の中で頑張っても「景気よくなれ!」と言ってもただ自分の国だけでお金が廻ってるだけだから何も変わらない。大事なのは外からどれだけお金が入ってくるか。この道理はお互いにとって言える事。

人間はもともと弱い生き物です。傷つけあって生きる意味があるのか?

優しくし、慰めあう、理解しあう、そういう“平安”な気持ちがなかったら今の中、本当につまらないと思う。

一人が言っても仕方ない、でも言わなきゃ始まらない。

世界のみんなの心が“平安”であってもらいたい。

 

 

 

 

 

 

お互いハッピー

今週12日夜放送の《非常靠谱》。

日中の話題です。日本でお馴染みの宋文洲さんもゲストで出演してますよ。

偏見、批判、衝突からは何も生まれない。

尊重、勉強、相手の良いとことを吸収する、

これはお互いそういう姿勢でなければならない。

国対国の関係であろうと、先輩後輩の関係であろうと、

上司部下の関係であろうと、先生生徒の関係であろうと

親と子供の関係であろうと、全てに繋がること。

つまり謙虚である姿勢。お互い謙虚でいれば衝突など起こりはしない。

衝突してもハッピーにはなれない。

お互い謙虚になってお互いハッピーになろう!そう思う。

 

違い

左は97年、右は現在。

若いなぁ~97年は。。(笑)

東京新宿中央公園で撮った宣財写真。

あの時はイケてるなぁ~と思ったけど、今見ると何か焦点が定まってない感じ。(笑)

ただ着る物の趣味は変わってないなぁ。。

 

 

腑に落ちない

中国でいろんな役をやらせてもらったが、一つ腑に落ちないことがある。

それは日本人の役の最後はなぜか?必ず死ぬ。

よくある軍人役では必ず最後は残虐に打たれるか切られるかで死ぬ

その自滅、切腹。

あとは病死。

《浮沈》の土井さえも最後は飛び降り。

「次回は俺を生かせてくれるかなぁ~」とマイクロブログで書いたら、

みんなから「気持ちは分かるが、それがここのスタイル。開き直るしかないよ」とみんなサバサバしてるというか、俺より大人だなぁ~~と感じた

ま、自分も愚痴をこぼしてるわけじゃないんだけど、ただ気になっただけなんですけどね。。[bleah]

 

 

その気

自分のチャンスはほとんどが“その気になる”“真に受ける”からのスタート。

19歳のとき、大阪のバーでバイトやっている時に常連のオジサンから「こうちゃん、格好ええんやから大阪なんかおらんと、東京行って役者でもなり~!」と言われて「ほな、やってみよか~!」と思い、上京することを決めた。29歳の時、初めての中国ドラマの撮影、中国スタッフから「矢野さん、このドラマ放送したら、あなたはスターになるよ~~!」と言われて真に受けて、翌年北京での生活を始めた。ちなみにそのドラマは全然売れなかったのだけれども、スタッフからのおだてがなかったら、自分は中国には来なかったかもしれない。

人生ってある時、その気になって突っ走ることも必要なのかもしれない。

いつも相手の言葉の裏を探って疑うよりは、ストレートに真に受けたほうがいいのかもしれない。

 

 

みんな“できない”からのスタート

ブログはおひさです! ここ最近やっとドラマ《浮沈》の取材等が落ち着き、やっと子供と居ることに時間を費やすことができてます。

とは言っても次回作の台本も手元にあるのでそろそろ本腰入れなきゃという感じです。

子供と一緒に居ると、毎日の成長過程を見ることができ親にとっても非常に楽しい。勿論苦労もありますが、子供を見て「自分の子供時代はどうだったのかなぁ~」と過去を振り返ることができる。みんな誰でも“できない”からのスタート。“できる”からのスタートの人なんていない。1,2歳の幼児はほとんどが“できない”。でも毎日の積み重ねで、例えばおトイレでおしっこができるようになる。時には失敗したりも。“できない”から“できる”を常に見れる。子供を見ると、自分が励まされる。僕もできないことが沢山あるから、“できない”ことに対してのコンプレックスもある。でも子供を見ると「がんばれ!」「しっかりやってみ!」って自分に言われてるような気がして。。子供と居る時間はいろんな事を考えさせられる。

中国は現在、子供に対しての教育が厳しい。親が一生懸命。親の面子のために子供に勉強させてるような気もしないでもない。。

厳しい環境ではありますがうちの娘はできる事なら、子供に息を詰まらせるような状況に遭わせたくない。周りが気になるところではあるが、周りに左右されない教育環境を作ってやりたい。

 

 

 

 

矢野浩二:希望我的话可以拉近中日距离(新浪娯楽)

http://ent.sina.com.cn/s/j/r/2012-07-19/16403689688.shtml

いろんな評論家が日中について発言をし、中には一つの発言によって双方で争論を引き起こす。そのような発言は双方にとって何のプラスにもならない。ただ動揺と緊張を人様に与えているだけ。私は私の口から発した言葉で、少しでも日中の間の距離が縮まることを願ってます。争論を巻き起こすための発言などしたくはない。。

それが私のポリシーです。

 

 

鮭精神

ドラマ≪浮沈≫での土井が説いた鮭の物語。

一部では“考えさせられた日本人の精神”ということでも話題になりました。

ある新聞ではこんなイラストまで出ちゃいました。

それにしても似てるなぁ~~(笑)

 

 

 昨晩、ドラマ≪浮沈≫の放送が終了しました。

お陰様で、いろいろ話題のあった作品になりました。

あと、これは自分も思いがけなかったのですが、自分が演じた土井に対する反響が多かったのがびっくりです。最終回、土井の最後が自殺という形になったことに関しても否両論の意見がでています。みんなの意見を聞いてると、いまの中国人の日本人に対する見方、思いなどがわかります。

 

你可以把中国当做第二个家哦 中国でこんなに多くの人に愛され、支えられるのも、幸せなんじゃない (あなたは中国を第二の故郷にしていいでしょう。)

 

你把土井这个人演活了 我们都被你带入到戏里了(あなたは土井という人物をしっかり演じきった。私たちはこの物語にのめり込んでしまった。)

 

 土井先生是外表强大、内心脆弱的人? 从哪里倒下再从哪里爬起来–才是我期待的结局! (土井は外見は強そうに見えるが、実は内面は弱い?倒れたらそこから起き上がる、それが私の期待していた結末!)

 

 人就是脆弱的 开心就好 别想太多

 

现在的你应该很幸福的 (人間は弱い。楽しければそれでいい、考えすぎないで、今のあなたはすごく幸せなはずでしょう)

 

 家是有你最亲最爱的人在的地方,只有有亲人爱人才是家!家是温馨的港湾。(家はあなたにとって最も身近な最も愛する人がいる場所。それが家。家は暖かい港のような場所。)

 

刚看完浮沉~听到土井说这段话的时候,我就有种不祥的预感~果真,他进了电梯,慢慢将手指移动到51层,按下~土井很可怜,到了最后什么都没了,就连唯一拥有的生命都放弃了~土井的悲剧与晶通终于进行改造的欣喜形成了鲜明的对比,浩二把这位可怜的失败者演得活灵活现,简直太好了!(≪浮沈≫を見ました。土井が最後のセリフを言っているとき、なんとなく予感がした。案の定、彼がエレベーターに乗り、指がゆっくりと51階のボタンへ、そして押した。土井はかわいそうな人物。最後に全てを失った。命さえも放棄してしまった。土井の悲劇と晶通の喜びはこのドラマの対比として鮮明に描写された。浩二はこの哀れな人間を真に迫って演技をした。真にすばらしい)

 

这里就是你的家(ここがあなたの家だ)

 

土井就是土井,不是浩二。家永远是人心中的港湾。不过你有两个家,一个是出生的日本大阪,一个是在中国,anywhere~加油!你是最伟大的演员,最可爱的日本朋友(土井は土井、浩二ではない。家は永遠に人の心の中の港。しかしあなたには2つの家がある。一つは生まれた日本・大阪。もう一つは中国。あなたは誇れる俳優、そして最も愛されている日本の友達)

 

 中国就是你的家,这里有很多喜欢你的人。虽然这里问题多多,但还是有很多好人(中国はあなたの家、ここにはあなたが好きな人が沢山いる。ここはいろいろ問題はあるが、いい人も沢山いる。)

 

你很优秀,你也许不知道你有多优秀,你的表演让我们都看到了你的努力,无论是天天向上,还是浮沉,都让我们更了解,更接近真实的你。艺术无国界,我们不在意你是什么国籍,说的什么语言,我们记住的,是你,世界上独一无二的矢野浩二 (あなたは優秀だあ。あなたの演技を見てあなたの努力が見てとれる。≪天天向上≫、≪浮沈≫を通して本当のあなたが理解できる。芸術には国境がない。我々はあなたの国籍がなんだろうが関係ない。我々の脳裏にあるのは、あなた、世界でただ一人の矢野浩二だけだ。)

 唉!土井真是不该就这样结束生命,留得青山在,不怕没柴烧啊!!(土井はこんな形で命を絶つべきではない。命の綱が切れない限り、将来の望みはもてる)

 

 人随着成长,都会找到真正适合自己的地方生活,不过即使如此,心中还是会记得自己的家乡。乡愁,就是一种如此复杂的感情。(人は成長とともに自分にとって本当の適応した場所を見つけることができる。しかしたとえそうであっても心の中は自分の故郷を思い出す。郷愁、複雑な感情だ。)

 

你是家喻户晓的明星,在你光鲜靓丽的背后,肯定有我们看不见的艰辛。路在你的脚下,踏踏实实的走下去。我希望你每天都可以开开心心,我永远支持你。(あなたは誰もが知っている俳優、あなたの明るく華やかな裏には見えない難苦があるはず。あなたの足元には歩むべき道がある。着実に歩め。あなたを応援します)

 

 

 

 

 

 

 

 

襲撃?

本日のお昼は新浪のスタッフ達とタイ料理店で食事。

満腹になってそろそろ行こうかなと思ったら、数人の男達がぞろぞろと部屋の方へ

最初、「襲撃か~~」と思っちゃいましたけど。。(笑)

店の店長が笑顔で「サインをお願いしま~す」

おいおい深刻そうに部屋に入ってくるなよ、びっくりした~~

でも襲撃されるような事してないから、そんな事思う自分も変ですが。。(笑)

 

 

逆流

ドラマ≪浮沈≫も残る2日になりました。

ここ数日はさまざまなメディアの取材+新浪,搜狐(SOHU),腾讯(qq),網易(163.com)の中国4大ネットの“微访谈”(ネットトーク)も敢行、幅広く宣伝活動やってまいりました。中国では俳優自らがネットトークに参加するんですよ。日本ではないことですよね?

とりあえず宣伝は一段落。

今回の土井に対する思いは、人によっては“悪”に見えるのかもしれないですね。

私は“悪”とは理解していません。考え方、仕事に対する姿勢等、自分にも理解できる部分があります。最終的に強引に勝負に出たのが失敗という形になるのですが。

彼のセリフのなかで、気にいっている言葉があります。

『我们生活在人的海洋里,许多人为了安稳的生活,选择了随波逐流。而如果让我选择,我会让自己成为三文鱼,即使会冒险,会损失一些东西,我也要逆流而上(私達の生活は人という海の中で、多くの人は安定した生活を得る為に、先輩や上司の言う通り、人の尻馬にのるような選択をする。もし私に選択させてくれるなら、鮭のような生き方をしたい。たとえ冒険であっても、失うものがあっても、逆流をさかのぼっていきたい。』

2001年、一念発起で日本から中国に来たのも、ある意味での“逆流而上”。

そういう決断と気概が人生において時には大事になってくる。

今回の≪浮沈≫放送と同時に沢山の人から応援や励ましの声を頂く。

浩二,我是你的老粉丝了,初次知道你是在2004年央视“同乐五洲”栏目上,随后看了《记忆的证明》,这几年看着你逐渐走向了更高的巅峰,由衷为你感到高兴!加油の(浩二、私はあなたの古くからのファンです。あなたを知ったのは2004年のCCTVの“同乐五洲”(外国人参加番組)の番組。その後≪記憶の証明≫、ここ数年あなたが更に高い“頂”に登りつめたのを見て、心からうれしく思います!)

うれしいですね。中国で自分が名がなかったころから注目してくれている。有難いです。

登山の目標は山頂。

人生のピークは山頂ではなく、山頂に登るまでの逆境の山の中腹にある。

自分は現在“頂”に登ってないし、別に“頂”には興味はない。

ずっと山の中腹でいいと思っている。

逆境の中一生懸命歩んでいければと思っている。鮭のようにね。

人は誰でも困難に遭えば落胆する。

土井もそう、私もそうだ。

仕事に対する姿勢、自分と土井は似ている部分がある。

ただ一つ大きく違う部分は何事も断念しないこと、諦めないことだ。

土井は諦めてしまった。

 

そして元々、“成功”というものは生きている過程において存在しないのだと思う。

土井は“成功”を得ることだけに邁進しすぎた、そこに落とし穴があったのだと感じる。

例え、成功していたとしても、それはあくまで過程において得た成果、成功ではない。

自分の職業を引退又は自分が死ぬその時に初めて人生が成功だったのか否かがわかる。

自分はそう思う。

 

 

 

 

 

 

どっちが本当の自分?

ドラマ≪浮沈≫も中盤に入りました。

そういうなかで昨晩夜8時から湖南衛視でいつもどおり≪天天向上≫が放送。

その裏で北京、上海、浙江,シンセン衛視でそれぞれドラマ≪浮沈≫が放送。

一方ではギャグで死体のマネして寝ころんだら、他の司会者メンバーに踏まれまくられる矢野浩二があり、一方では日系企業のボス。ある視聴者は「いったいどっちが本当の浩二なの~~?!頭こんがらがってる~~!」

“どっちも違う自分”と言えばそうだし、“どっちもそう”と言えばそういう部分もあるのかもしれない。

視聴者の予想を反することができるのも役者にとっての魅力。

バラエティをやっていていろいろ感じるところはあるが、バラエティをやっているからこそ、このようなギャップを感じられる視聴者がいるのだろう。

こちら側としてはニンマリ [happy01] なんですけどね。。

 

 

分岐点

12年前、初めて中国へ来て撮影したドラマが滕华涛監督の≪永遠の恋人≫。

彼の作品に参加したことが、自分の人生の分岐点になった。

「中国でやる!」と決心させた。

あれから12年、今回はどんな分岐点になるのか?

ドラマ≪浮沈≫今晩放送スタート!

 

 

伝えること

“日本人の残酷な家庭観念”“日本の芸能界 いびつな家庭観念”

当然の声かもしれません。

昨日中国の新浪のブログで「仕事を第一にする日本人 家庭を大事にする中国人」 http://blog.sina.com.cn/s/blog_4a6c545e0102dz6t.html?tj=1 について掲載しました。

“親の死に目に会えると思うな”という厳格な日本人の精神。

これが中国の皆さんにどう感じてもらえたかが大事なんです。

否定をする人が多いと思います。逆にそれの方がよかったと思っています。

このような親不幸の行為が賛同されたり、美徳化されるのも嫌ですから。

日本人の心に刻まれたある意味自分を犠牲にする精神、

そういう部分伝えていくのが大事なんです。

 

话题:矢野浩二:有些话中国人能说,我不能说(《網易》特別インタビュー)

《網易》特別インタビュー「有些话中国人能说,我不能说(言葉には中国人は言っていいが、日本人は言ってはいけない言葉がある)」

長いです。2時間ほど、自然体で話しましたから、ほぼそのまま自分の言葉が掲載されています。軽い話題から重い話題まで。つぶやきもすでに500件越えています。中国語分かる人読んでみてくださいね。

http://news.163.com/special/yanokoji/

http://comment.news.163.com/news3_bbs/84RND56B00014NUG.html

北京衛視《大戏看北京》

《浮沈》での役柄が物を売るプロであるという理由で、打ち合わせにもなく突然右手にある団扇を「テレビショッピング形式でお客さんに宣伝する演技をしてくれ」と言われたらどうする?バラエティをやってると無理な振りがよくある。。

でもそこで引いちゃったらまずいでしょ。

うしろの滕华涛監督も見てるし

振られたらやらんと。

北京衛視の番組《大戏看北京》の1コマ。

 

ドラマ《浮沈》宣伝キャンペーン

6/16~6/19までドラマ《浮沈》の宣伝キャンペーンが行われました。

この作品は、メッセージ性のあるドラマです。

いろんな問題点を視聴者に投げかけるのではと。

人物キャラクターも、善悪や勝つ負けるの区別はないと理解しています。

北京衛視、上海東方衛視、浙江衛視、シンセン衛視で6月30日 夜7:30からスタートします。 

いいドラマだなと素直に思います。

中国に居る皆さん是非ご覧なってくださいね。

 

 

自分の世界

この画像は少しパロディ調ですが、作品はこんなオチャラケテいません。

自分の独特な人格と人生をもっている。

これが《浮沈》での土井の世界なのかもしれない。

成功を勝ち取る、その為には選択の余地はない。

周りが何言おうと、信じるのは自分だけ。

その点は自分も賛同、理解もできる。しかしね。。

 

《浮沈》

いよいよです。6月30日。

映画公開並の緊張感。

以前だと2005年《記憶の証明》、2009年《狙撃手》の放送時に似た感情。

なんで?男一号でもないのに。。(笑)

気楽にいきましょ。いつもお茶飲みながらホームドラマを見るように。

面白くなかったらチャンネル替えるぞぉ~~(笑)

 

 

欧弟の盗撮。《天天向上》の収録の合間の休憩。

もう寝るしかないので寝ます。

人間は一日、昼寝やぼう~~とする時間が必要らしい。

毎日張り詰めていては、もたないね。

張り詰める時は張り詰める。緩める時は緩めるです。

大人になったこの頃

去年12月から≪浮沈≫続いて≪盛宴≫の撮影でしたので、今はその分たっぷり娘と一緒の時間を過ごすようにしている。彼女の無邪気な笑顔を見てると、本当に救われる。

何かといろいろ考えることはあるのだけど、一緒に居るとそれを忘れさせてくれる。

本当大事な存在だ。

それと今まで疎かにしていた家事への意識も向上した。

今までは、我がまま頑固固定観念で“主人たるものは!”という意識だったが、最近変化!やれる範囲は男もやらねばという意識がやっとついた。

この歳で少し自分も大人になったと感じる今日この頃。

 

“浮”と“沈”

6月下旬、ドラマ《浮沈》が放送の予定。

本日、編集の最終段階である、一部アフレコを行った。

映像も見せてもらった。無意識のうちに笑みがこぼれる。

見ながら笑ってる自分に気づき心で言い聞かせる『おい、浩二!落ち着け!』

この作品はコメディでもないので、笑える作品ではない。

だったらなぜ笑う?

嬉しいから。

とうとう放送間近だということで、喜びの思いが映像を見ながら自然と笑みとして表れた。。

この作品は視聴者に訴える、投げかける作品。

僕自身はそれをしっかり考えて演じた。

目まぐるしく変化する今の世の中。

見る人全ての人達に考えてもらえれる作品になればと思う。

“浮沈み”とは。。

人生の浮沈みなどなど、誰もが経験する。

自分は以前東京に居たときが“沈”で中国に来てから“浮”だと言える。

だから、人生には“沈”が必要。“沈”を経て初めて“浮”になれる。

でも人によっては“浮”になって浮かれっぱなしの奴もいる。

要は“浮”の時にいかに心を“沈”にするかだね。

 

 

信頼

雑誌《时尚COSMO》のインタビューと写真撮り。

ドラマ≪盛宴≫がクランクアップし、北京に戻ってきております。

今日のインタビューでも話したんですが、最近“日本人”についてよく考える。

外国に住んでると、今まで自分の中で正しかったことに疑問を感じることがある。

否定はしないけど、これでいいのかなみたいな。

それはそうと、記者さんから『あなたはみんなから“靠谱kao pu(信頼)”されてますが、それについてどう思いますか?

咄嗟に『それ誰がいってるんですか?』

『いや、周りが。。みんないってますよ。』

そんなふうに直球で言われたことなかったので、びっくりしましたけど。。

少なくとも、酒飲んで暴れたりしないし、スキャンダル起こしたこともないし、そういう意味なのかな?

あまりわからん!

 

 

 

 

感想Ⅱ

今回の件で一部気分を害した中国の方たちもいました。「浩二は信じてたのに、失望した」など。。気分を悪くした方には申し訳なく思います。ただこの番組はバラエティです。政治的な討論番組でもありません。娯楽を楽しむ気楽な思いで見ていただければ幸いです。ただ一つ反省点として今後又参加させてもらう機会があれば、お互いの長所、短所を公平に伝えていけるよう目指していきたいです。客観的にダメなところはダメ、称えるところは称える。バラエティ番組でもそのような尺度が必要になってくるんではないかと思う。特にこのような外国人を交えた番組では。ネットが普及してる世の中ですから、一たび放送すれば、次の日にはネットで動画がでてきます。。(今回もそうでした。。(笑))「日本は別の国を馬鹿にする番組しか作れない!」と言われるのも気分悪いですから。

収録は激論でしたが、収録が終わればゲストの皆さんと握手したり、写真撮ったり、電話番号の交換をしたり、悪い雰囲気は全くございません。出演者一同和やかに終えております。

今後はお互いがほのかに笑える話題を提供できれば。。難度はあるけどね。希望です。

あと、今回の番組で初めて矢野を知って頂いた日本の方も少なくありません。今後日本での機会があれば又応援してくださいね。

そして、今回辛口な指摘をしながらもそれでも変わらず励ましの言葉を投げかけてくれる多くの中国の方達、ご理解感謝します。

 

 

《なかよしテレビ》感想

《なかよしテレビ》放送終わりましたねぇ~~

皆さんいかがでしたか?

いろいろ御意見があると思います。

少しエキサイトしすぎた部分ありました。

こっちのマイナス部分をいえばこっちの人達が気分を悪くする。

あっちのマイナス部分をいえばあっちの人達が気分を悪くする。

人のマイナス部分ってのは本当言いづらいです。。

今回、マイナス部分を言っちゃだめだというのなら、僕はこの番組に出るべきではなかったですね。出ても何も言えないのであれば、意味ないですから。

出演を受けた以上、言える範囲はいう。

生活習慣などの良くない部分は、実際自分が見たのであれば言ってもいいと思う。

その他、政治民族思想の部分は言うべきでない、言う資格もない。

僕は俳優という仕事をしてるので、エンタ-ティメント又は生活習慣、文化に関する部分などで意見があれば主張してもいいはず。

陰でこそこそ言いたくはない。逆にこのような番組だから言えるのだと思う。

ただ少し誇張しすぎた部分はあります。娯楽番組ですから。。(そこはご理解を。。)

あと、愛国の精神ですけど。。“愛国心”と聞けばなんか固い感じはしますが、

当たり前に誰もがある感情。

ただ僕は“自分が愛する国”は、自分の生まれ故郷だけとは決まらないと思う。

自分の生まれ故郷+別の国を愛していてもいいんではないかと。

それを堂々と言える世の中でなきゃいけないんじゃないかと感じます。

このアジアという中で、特に日中韓が100パーセント腹割って本音になれていない今の現状が寂しいですね。。

意見言っちゃだめというのなら、永遠に日中韓は繋がれないよ。

批判や意見ばかりもダメだけど。。

好きなら好きと堂々とどこにいても言えるようにならないと、いけないんじゃないかと思います。

 

 

 

 

腹減りヘリ

夜の撮影が終わって、お腹減ったのでホテルへ戻る途中、ラーメン店へ。

东莞味千ラーメン店を発見、時間は23時、外の照明はすでに消えていたけど、店内は誰かいそうな雰囲気。助手が店内に入ると、すでに閉店。

若い店員さんと助手が交渉、結果やはり食事はできなさそう、二人は表に出てきて、なにやら店員さんが助手に開いてそうな他の店を案内している。

そこへ車から降りた自分が、状況確認のために彼らの傍へ。

一言「腹減りヘリで死にそうなんだ~」と僕

笑顔の店員「あ、ならちょっと厨房に聞いてみます。いつも天天向上見てます!」

やった~~!

そして僕と、スタッフの若造と運転手のオジサン(見た目おじさん、でも俺より若い)三人は感動のラーメンにありつけたのだ~!

だったら最初から自分で交渉すればよかったね。

でも天天向上に出てるとこういう特権があるんですねぇ~~(笑) 馬鹿にできない。

なのに明日明後日天天向上収録なのに、ドラマの撮影のため欠席です。白状だなぁ~

腹満腹なって、帰り際その店員の要望通り記念撮影、もう何枚でも撮ってあげるよ!って感じです。

腹が減っては戦はできぬです。

明日も撮影、少しアクションがあるから早く寝よ。。おやすみなさい [confident]

 

 

 

称え合う

中国に居るから、生活をしているから、仕事をしているから、“愛中国”を言うのはある意味当たり前かもしれない。

日本に居るから、生活をしているから、仕事をしているから、“愛日本”を言うのはある意味当たり前かもしれない。

要は日本人として、日本を愛し、異国(中国)で生活してる中国を愛すかだ。

そしてそれを自分の故郷(日本)で言えるかが大事。

僕らはお互いたたえ合う事がすくない。

なんでも相手の重箱の隅を突くようなことばかり、そして嘲笑い、馬鹿にし、偏見ばかりが先行している。お互いに。

お互いを称え合うことを考えていけば、この二つの国の関係はもっともっと変わってくるんだけどなぁ~~。

みんな考えないと称え合うということを。

 

 

打ち上げ花火はいらない

本日のニッカンスポーツ、《俳優矢野浩二 日中の絆つなぐ》http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120503-944465.html 皆さんご覧なってくださいね~!

日中の交流が盛んになる中、中国に来る日本の芸能人も少なくありません。もちろん良いことであるけど、何か“打ち上げ花火傾向”になりすぎてるよう。その時はすごい盛り上がってるんだけど、事が終われば日本に帰る。イベントなり、コンサートなり、用が終わればそれでOKなんだけど、ここ中国においては頭の中100%ビジネスという考えだけでは必ず長続きしないだろう。言葉では簡単なんだけど、世のため人のためになる活動、特に日中交流の上で意味のあるメッセージを発していくこと、意識を強めることが大事だなと思う。僕も微力ながら、日中の絆の構築をずっと訴えつづけている。打ち上げ花火は美しい。でも、日中の交流おいては打ち上げ花火は必要ない。そこに根づいて生活してる人間にしかできないことがある。僕はそれをやるだけ。。

 

 

 

上等

中国にはいろんなチャンスがある。

日本人の役者ができる役も沢山ある。そのほとんどは軍人などの悪役ではあるけれど。

以前の鬼子の役ではこのような待遇。。失礼、このようなシーンはほとんどなかった。

でも共産党員のスパイの役にはこのようなシーンがある。待遇が違うね!

僕も少しは昇進したってことか~? [happy01]

広東

火スペ《なかよしテレビ》は5月中旬放送予定です。

ゴールデンですよゴールデン!

日本のゴールデンは初です。

皆さん楽しみにしててください!

さて、今は広東省です。撮影です。

現場蒸し暑いだろうな~がんばりましょう~ [good]

 

 

やはり。。

やはり激論でしたね~~《なかよしテレビ》

あっという間の4時間、昨晩無事収録終えました。

日中韓は永遠にこんな感じで民族感情が理由で真の絆が築けないのかな?

でも、ストレートでお互い本音を言いあうこの番組はいいね。

腹割ることが大事、3カ国の上の方達も冷たい腹の探り合いはやめ、

友好をもってぶつかってほしいね。。

 

 

 

 

通勤

昨日は撮影終わって、足つぼしようか、それとも寝てしまおうか迷ったんだけど、

やはり寝ました。足つぼの2時間は少し長いわ。

睡眠時間が欲しい。

本日日本へ飛びます。

今、広州空港。

やけに天気がいいぞ。

日本は天気いいかなぁ。。

成田まで三時間、北京から広州でも三時間かかるのでいわば通勤圏内。

通勤、通勤、ちょっとした遠距離通勤

 

 

 

 

問題

別の国の人間を演じるには、その時代のその国の人間の思想を理解し

なければならない。難しいことではない。

ただ理解すればいい。

お互い理解することができない、又はしようとしないから衝突する。

日中の間には重大な問題が沢山ある。

ほとんどが民族思想の価値観の違いから発生している問題。

解決には時間がかかるかもしれない。

でも、その問題が起こるたびにぎくしゃくしてては日中は精神的に参っちゃうよ。

何が起きても基盤はびくとも揺るがない絆を築くべき、これが日中間のこれからの問題。

 

 

 

居場所公開

今日はくたびれた~

早めに撮影を終え車で2時間かけてホテルへ戻り

ホテルにある日本料理店に直行。

腹減りヘリで食べながら、携帯でマイクロブログをチェックしてると

一枚の写真が「あれ?これ今の俺じゃないの?」

写真を撮ったであろう方向を見るとテーブルに座っているお客さん達が手を振っている。

マイクロブログってすごいね。。すぐに居場所公開されちゃう。。

 

やれやれ~

最近のこちらの記者は真面目じゃないというか、いい加減というか。。

昨日撮影現場でメディアの合同インタビューがあった。

10数社ほどいた記者の前に自分が坐った時、ある一人の記者が周りを見ながら「通訳必要なんじゃないの~?」と言い出した。

一瞬金縛りにあった自分はすぐ機点を利かして傍にいる助手を呼んで「ちょっと、こっち来て通訳頼むよ」と、困った助手が照れ笑いで「浩二兄さん、僕日本語できません」と、「あっそ、(記者に向かって)ということだから、今日は僕一人で話しますよ。すいませんね」と。

記者達は笑ってましたけど。。

バラエティ番組で日本語も、中国語も流ちょうでないキャラクターのイメージの影響なのかわかりませんが、最近の記者は事前の勉強してないね。

役者もその役を演じ切るため、長い時間をかけ台本を勉強する。

記者も、インタビューする人の最低限の知識は入れておくべき。

なまけるなこの野郎ですよ。

昔の自分なら、良いイメージを見せなきゃという思いが強かったので、そういう状況に遭遇したときは、故意で聞いてないふりしてたんだけど、今はそんな遠慮はいらない。

ストレートに感情を出さなくても、嫌味っぽく相手に伝える。

少しいやらしいけどね。

それを見過ごす自分がもっと嫌だから。。

 

名誉回復

 

「浩二!改邪归正了(悪事から足を洗って正道に立ち返った)!突破中!期待中!呵呵!加油!」 そんな悪事でって。。なんも悪いことしてへんでぇ~

その他「哈哈哈哈 你平反了呀~」

平反了?

この意味は『名誉回復』のこと。

“名誉回復”

名誉のために自分は役者をしてるわけではない。

ではイメージの回復?これも違う

沢山敵役は演じてきたが、だからと言って石や靴を投げられたことなどないし、馬頭されたこともない。少数の心ない人がいれば、陰でこそこそ悪口言われてるかもしれないが、それは自分がどうのこうのと言うより、民族的な方面から偏見な感情抱いてる人。自分が悪い役を演じてるからって何も弊害はない。あるとしたら一つ、今までは演じる役が狭かったことぐらい。。

日本人が日本人役しか演じられなかったこの中国の映像界において、今回の中国地下党役は又一つの新しい“扉”を開けたことになるだろう。

一つ扉が開けば、二つ、三つとあとが続く。

そういうものだよね。

そうして又次のステージへ前進。

つづく。。

 

 

リセット

昨晩収録で遅く、ホテル戻ってももろもろ準備で就寝は4時

眠いけど少し興奮してるかな?

もしかしてコーヒー飲んだせい?

正午出発です。

今日新しい挑戦の地へ向かいます(なんか大袈裟。。(笑))

気持ち入れ替え、空気入れ替え、昨日まで少しこべり付いてた頭の中の

バラエティモードを全て取っ払います。リセットリセット。。

 

 

悦びの道

いよいよ5日夜から东莞入りです(その前に4日、5日午後と≪天天向上≫の収録が。。)。

今回の道は正に新しい道

自分が創造した中国人を表現するのみです。

昔はクランクインと言えば『さあ、修行の道に入るか~』と思った時もあった。

今の思いは一言、悦び。。

物事を切り開いていく時には必ず勇気が必要

年々その勇気の度合が増してるようにも感じる。

今回、新しいことに挑戦できる悦びを噛みしめ东莞に行きます。

 

 

 

映画≪失恋33天≫、ドラマ≪浮沈≫の監督・滕华弢(テン・フアタオ)さんが沖縄国際映画祭に参加

http://www.oimf.jp/cgi-bin/2012/news/index.cgi?c=zoom&pk=168

映画≪失恋33天≫、新作ドラマ≪浮沈≫の監督・滕华弢(テン・フアタオ?日本語にすると面白いなぁ~)さんといずれも両作とも主演をつとめてる白百何(バイバイホー)さん。このお二人が沖縄国際映画祭に参加されました。

僕も行ってればなんかセッションできたんだけれどなぁ。。残念。。

監督達はこの後東京、大阪、京都と1週間ほど日本旅行するらしいですよ。

日本をゆっくり楽しんで下さいね~!

 

ブレ

間もなく4月。日本で言えば卒業の季節、そして新学期、新入学、新入社の季節、そしてまだある。プロ野球の開幕、テレビ番組の改編もこの時期にある。ある意味日本にとって4月はスタートの年。そして人によっては転機の年でもある。誰にでも、人生の転機はあるだろう。それをそのときに自覚できることもあれば、年を経て後で振り返ってあらためて気付くこともある。

 僕の人生でいえば、最初の転機は、1992年役者を目指して上京し森田さんの付き人になったこと。それから2000年『永遠の恋人』のオファーを受けて、北京に行ったこと。

 そして、2001年4月役者として中国でやっていくことを決断したときが人生における最大の転機になった。

 新しいことを始めるときには、誰だって不安を感じるものだ。特に独立や転職の際には、それが今後の自分の人生をどれだけ変えることになるかを考え、なかなか落ち着いてはいられないだろう。言葉もわからない土地で役者の道を歩もうとする僕にも、当然そうした思いはあった。

 でも、人生はたった一度きり。やらずに後悔するぐらいなら、やれるところまでやって失敗を受け入れる方がまだましだ。僕の場合は環境から変えることになるが、「役者になる」という目的がブレなければ、どこにいようがやるべきことはおのずと決まってくる。

“ブレない”今になって思うが、この気持ちが僕をここまでやってこさせたかもしれない。

人に何を思われようが、ブレない・変わらない・貫く思いを忘れずに取り組んでいきたい。

4月、この季節になると2001年森田さんに中国へ行くことを告げた後に言われた言葉を思い出す。

「俺は、お前は中国に合ってると思うよ。初めて会ったときから、一筋縄じゃいかないヤツだと思っていたからね。」

「……はい」

「崖っぷちの岩山から生えてくる雑草みたいな、そんなたくましさがある。それだけは誇れよ」

「はい」

「ただし、中国でやっていくなら、これだけは覚えておけ。どんなときでも一人の大人として、義理人情は大切にしろよ。人に何かをしてもらったら、感謝をもって恩返ししろ。失敗したら、言い訳せずに頭を下げろ。それだけは守れ」

「はい」

「それだけ守ったら、あとは成功するまで日本に帰ってくるな。」

師匠の言葉、初志貫徹を忘れずにやった。

今年4月新しい挑戦をする全ての人達、どうぞブレずに初志貫徹してください。

100%成功するなんて保証はできないけど、

ブレなければ必ず自分が納得できるものが生まれるはず。

頑張れ、みんな!

 

初例

暖かくなったかと思うと、なんか今日はひんやり

明日は北京は雨?

4月上旬から中国の南・东莞(dong guang)というところで

新ドラマ《盛宴》の撮影です。

今まで、日中ハーフの役や《熊猫大狭》での二麻子という国籍不明の役はありました

が、今回は完全なる中国人の役です。

抗日戦争後の国民党と共産党の裏での特工の物語。

日本人の俳優が中国地下工作員を演じたという例は過去なかったと。。

視聴者から批判が出ても構いません。

しっかり演じさせてもらいます!

 

定着

 

 上海の日本企業・山善さんのPVの撮影にまいりました。

女性が多く明るい職場でした。

現在、社員の企業に従事する期間、定着率の低さが問題視される中国事情であります

でも、このような職場なら定着間違いないですね。。(笑)

 

 

 

 

 

歩く

焦らないで、慌てないで

ゆっくりでもいいから、しっかり足を地につけ歩いてね

歩くのが好きなようで

歩ける悦びを感じてるんだろうな。。

 

。。。

本日、<日本人が見た中国>ちっちゃい日本野郎…あまり聞かれなくなった「小日本」>の原稿がでましたが、なぜかyahoo japanのコメント欄ではほとんどが寂しいコメントばかり。。国を批判したり、他人を批判したり、見るうちにあまりの視野、世界観の狭さに悲しくなってきました。勿論一部の人だけですが、ああいう状態のコメントを別の国の人が見た場合『日本って、結局偏ってんだなぁ~』と思われるんだろうなぁ。。実際はそうじゃないのに。そう思われてしまうと残念です。批判からは本当に何も生まれない。自分に自信があれば批判などはしない。どんと構えようぜ!

 

 

興奮

今朝起きて窓から見えた風景がこれ

雪ですよ雪。

北京はまだ寒いですよ。

香港から戻りここ2,3日ゆっくり充電できました。

微妙に興奮したものが心の中にあり、

それを静めるために浴室にお香をたいて湯船に浸かったり、

足つぼ行ったり、旅行番組見たり、いろいろ試みましたがまだ少し

戦闘モードのような感じ。。(笑)

みんなはどうやって心静めます。

良い方法あれば教えてください。。

午後は長沙に飛びます。

明日から3日れんちゃんの《天天向上》の収録。

まだ興奮は続く。。

再見香港!

この3日間、あいにくの天気でした。『香港寒すぎ~』

でも中国国内とは又違う雰囲気

例えば、日本系のお店が多い。

エアコンに暖房機能がない。

中国国内の旅行者がメチャクチャ多い(これは世界どこでも)

セブンイレブンがやけに小さい

中国語は自分の方が香港人より上手(笑)

日本車多い

違いはいろいろありますが。。

いつか撮影で1か月ぐらい滞在したいなぁ。。

再見香港!

 

 

香港からのご挨拶

 

れいほ~~!ここはどこだかわかりますか~?

香港で~す!

ここ香港からYano.Koji.Official.website開設のご挨拶をさせてもらいます。

今後はこのYano.Koji.Official.websiteよろしくお願い致します。

ブログの更新も極力頻繁に頑張ります。

明日マカオ、明後日香港の撮影が行われドラマ≪浮沈≫の撮影とうとうクランク

アップします。3か月以上続いた撮影でしたが、

自分にとって非常に得るものが大きかった作品となりました。

明日明後日しっかりゴールインします!