2007年1月12日
投稿者:mamuo
日時:2007年1月12日 18:12

気持ちよく感じる時。

zhuimeng%20last%20052s-s-.jpg
『追夢』の撮影も順調に進んでいる。
“原田正男”という人物は頑なに一番を追及した男。
『追夢』の監督は顧晶監督。軍人出身ということで、撮影などの支持などは痛快適切で実にやりやすい。


先日、共演者の俳優仲間数人で夜撮影がなかったので、焼肉を食べに行った。
今回は日本人役をしている俳優が少なくない。
今回、主に親しくさせてもらってるのは、僕より年齢が上の先輩俳優達との交流が多い。
多分彼らとのシーンが多いせいなのか、自然と撮影以外でもお付き合いさせてもらっている。
部屋に呼んでくれて、鍋物をご馳走になったり、外で食事したりと。。
食事にはお酒はつき物。みんな飲む飲む。。常に乾杯一気。チビチビ飲むことなんてありえない。
彼らと共にいるとなんか年齢の差を考えず付き合えるのに気づく。これは中国の人の特長だと思う。
この感覚が僕にとってすごく気持ちよく感じる。