2007年2月5日
投稿者:mamuo
日時:2007年2月5日 11:30

以前見た「男達の挽歌」

IMG_3893s-s-.jpg
昨日、夜中にテレビで「男達の挽歌」がやっていた。
ジョンウー監督の有名な作品だけど、僕は以前日本でこの作品を見たことがある。懐かしいな~~。。
チョウユンフアもレスリーチャンも見るものを魅了する演技をする。
7年前かな?ジョンウー監督がアメリカ映画「FACE OFF」の宣伝の為、東京に来た夜,晩餐会が東京で行われた。


僕は知り合いの紹介で出席し、ジョンウー監督の前で「矢野浩二といいます。はじめまして!」と特別勉強した英語を話し、日本のお湯のみをプレゼントした。
最後にライターを出して、チョウユンファが「男達の挽歌」の中でのシーンでライターの火を口で吸い込むのを彼の前で披露した。
一瞬、びっくりしたジョンウーもニコニコ笑ってくれた。
とにかく何でもいいから相手に印象残ることをやりたがろうとする神経はやはり俳優気質なのかも。。
以前見た「男達の挽歌」は広東語版で日本語字幕があるのを見た。
昨日夜見たのは中国語に吹き替えされ、中国語字幕のあるもの。
それで聞き取れる。
たった5~6年の年月だけで、日本語字幕がなくても映画が見れることに、あらためて自分の中で感動。
「あの時は、日本語字幕あったんだよな~」って。
中国の人口は15億ぐらい?中国語を使ってるのは他の国でもあるから、大体20億以上の人は中国語を使ってるかな。。
それに日本の1億3000千万を足して、21億3000万人!!21億3000万人の人達と交流できる可能性があるんだよね~~!!。(物理的にこれだけの人と交流するのは不可能だけど。。)
でもすごいよね~、語言を話せるというのは。もっと中国語に磨きをかけたら、英語にも挑戦したいな~。
そしたら、全世界の5分の3、30億人以上の人達と交流できるんじゃない。スゲスゲ!!