打ち上げ花火はいらない

本日のニッカンスポーツ、《俳優矢野浩二 日中の絆つなぐ》http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120503-944465.html 皆さんご覧なってくださいね~!

日中の交流が盛んになる中、中国に来る日本の芸能人も少なくありません。もちろん良いことであるけど、何か“打ち上げ花火傾向”になりすぎてるよう。その時はすごい盛り上がってるんだけど、事が終われば日本に帰る。イベントなり、コンサートなり、用が終わればそれでOKなんだけど、ここ中国においては頭の中100%ビジネスという考えだけでは必ず長続きしないだろう。言葉では簡単なんだけど、世のため人のためになる活動、特に日中交流の上で意味のあるメッセージを発していくこと、意識を強めることが大事だなと思う。僕も微力ながら、日中の絆の構築をずっと訴えつづけている。打ち上げ花火は美しい。でも、日中の交流おいては打ち上げ花火は必要ない。そこに根づいて生活してる人間にしかできないことがある。僕はそれをやるだけ。。

 

 

 

打ち上げ花火はいらない」への8件のフィードバック

  1. 矢野さん、
    コメントを頂き、ありがとうございます。根気ですね。頑張りましょう!

  2. 梦梦小毅へ、大事なのは諦めないことですね。諦めたら何でもそれで終わり。諦めなkればいつか何らかの形で成果は現れる。そう信じてるんですけど。時間はかかるから根気ですよね。。

  3. 昔日中間の草の根友好交流プロジェクトに参加し、外国人ほとんどいない九州にある小さい町で交流活動したことがあり、人情熱い所で、いっぱい感動を覚えました。心を込めてやって行けば、日本人も中国人も分かりやすくなり、日中友好はスローガンではなく、身近な些細なことの積み重ねだと思います。

  4. 福猫文文~底辺まで浸透するには本当時間かかると思うけど、いま出来ることやっていきましょう!

  5. usakoさん、ありがとうございます!
    これからも吴彦祖さんの次の次の次でもいいんでご支持を~!

  6. 矢野さん、こんばんは。

    微博で見てニッカンスポーツの記事を、
    私のブログでも勝手に紹介させて頂きます。

    「なかよしテレビ」も楽しみに拝見します。

    矢野さんの確実な歩みが此処まで認められている事を、
    殆どの日本人が知らない事が歯がゆいです。
    私の僻地のブログですから大して効果は期待出来ませんが、
    中華映画好きな方達には多少伝わると思いますので。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください