2007年8月13日
投稿者:mamuo
日時:2007年8月13日 21:53

紅豆

2007-7-28%20034a.jpg
还没好好的感受 雪花绽放的气候
我们一起颤抖 会更明白什么是温柔
还没跟你牵著手 走过荒芜的沙丘
可能从此以后学会珍惜 天长和地久
有时候有时候 我会相信一切有尽头
相聚离开都有时候 没有什么会永垂不朽
可是我有时候 宁愿选择留恋不放手
等到风景都看透 也许你会陪我看细水长流
この歌はワンフェイのヒット曲「紅豆」。


歌詞の意味はというと、自分独自の想像ですが、男女の純愛を意味してる曲だと感じました。
違ってるかもしれないけど。。
故郷で幼い頃からなにげなく共に過ごしてきた青春時代。
手も握ったことはないけれど、ただ一緒にいるだけで何が大事か(“愛”?)を感じることができた。
幼い頃には永遠に残る愛なんて、馬鹿げてて真面目に考えたこともなかった。
それじゃ、今は?
馬鹿げることはなくなった。
でも確実なものがないのも正直なところかもしれない。
それは恥ずかしいことでもない。
“愛”って何なのか考えたとき、最近よく思うのが人を思う気持ち、優しさに近いものが原点にあるんじゃないかなと思う。なんか抽象的すぎてまとまりがない。
つまりはっきりしない状態です。
この間、山東齐鲁電視台の『天下無双』の今期の出演者全員参加のライブが行われました。
自分も出演しましたので、舞台に上がって何かしなければならない。とは言っても。。
一人で漫談するわけにもいかないし。。歌しかないか?出演者の人たちはそれぞれ自分の持ち歌を歌うらしい。。でも自分には持ち歌がない。人の歌を歌うしかないか~。
ワンフェイの「紅豆」を歌うことになりました。
時々、友達と一緒に行くカラオケでは当然ありえないほどの歓声。
スポットライトが眩しくて観客席が見えない。
ただ歓声とどよめき。
逆にこれが不思議な瞬間。。
自分をほっとさせる不思議な瞬間。。。