2007年11月14日
投稿者:mamuo
日時:2007年11月14日 18:15

砂の器

DSCN1234.jpg


おとといの12日、午後3時ごろたまたまテレビを見てたら、懐かしの映画『砂の器』が中央電視台6チャンネルで放送されてた。何度も見てる作品なんだけど、テレビで放送されてるとついつい釘付けになって見てしまいました。師匠が実に若くて凛々しいです。今も変わらぬ若さを保ってます。師匠の20代の頃の作品を見ると、自然と僕の20代の頃と比較してしまう。明らかに違う。先ず師匠の20代の頃は、目の輝きと強さがある。今は少しましになったかもしれないけど、20代の頃の僕の眼は弱かったな~。迷いと怯えがあったと思う。師匠のようには強くない。師匠に付いてた頃に教わっておくべきだったと後悔。。
ラストの盛り上がる20分。この作品のクライマックス部分。
このクライマックスの20分でいつも涙ですね。わかってるのに涙しました。
思わず東京に電話しちゃいました。丁度中国中央電視台に流れているこの作品のクライマックスの音楽を師匠に聞いてもらいたかった。
師匠も喜んでおられました。よかった~よかった~。。。
いつまでも変わらぬ元気な師匠の姿を見ていけるというのは、何かほっとさせるものを感じます。
次回日本帰国の際は人形町の居酒屋『北海道』みんなで行きましょうね~!!(笑)