伝えること

“日本人の残酷な家庭観念”“日本の芸能界 いびつな家庭観念”

当然の声かもしれません。

昨日中国の新浪のブログで「仕事を第一にする日本人 家庭を大事にする中国人」 http://blog.sina.com.cn/s/blog_4a6c545e0102dz6t.html?tj=1 について掲載しました。

“親の死に目に会えると思うな”という厳格な日本人の精神。

これが中国の皆さんにどう感じてもらえたかが大事なんです。

否定をする人が多いと思います。逆にそれの方がよかったと思っています。

このような親不幸の行為が賛同されたり、美徳化されるのも嫌ですから。

日本人の心に刻まれたある意味自分を犠牲にする精神、

そういう部分伝えていくのが大事なんです。

 

伝えること」への3件のフィードバック

  1. 私の場合はやはり親のほうが大事だと思うんですけど

  2. 日本と中国の風俗の違いには、今まで色々出会ってきましたが、今回の件は、日本人の仕事第一主義と中国人の家庭第一主義について掘り下げて考察していますね。また一つ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください