みんな“できない”からのスタート

ブログはおひさです! ここ最近やっとドラマ《浮沈》の取材等が落ち着き、やっと子供と居ることに時間を費やすことができてます。

とは言っても次回作の台本も手元にあるのでそろそろ本腰入れなきゃという感じです。

子供と一緒に居ると、毎日の成長過程を見ることができ親にとっても非常に楽しい。勿論苦労もありますが、子供を見て「自分の子供時代はどうだったのかなぁ~」と過去を振り返ることができる。みんな誰でも“できない”からのスタート。“できる”からのスタートの人なんていない。1,2歳の幼児はほとんどが“できない”。でも毎日の積み重ねで、例えばおトイレでおしっこができるようになる。時には失敗したりも。“できない”から“できる”を常に見れる。子供を見ると、自分が励まされる。僕もできないことが沢山あるから、“できない”ことに対してのコンプレックスもある。でも子供を見ると「がんばれ!」「しっかりやってみ!」って自分に言われてるような気がして。。子供と居る時間はいろんな事を考えさせられる。

中国は現在、子供に対しての教育が厳しい。親が一生懸命。親の面子のために子供に勉強させてるような気もしないでもない。。

厳しい環境ではありますがうちの娘はできる事なら、子供に息を詰まらせるような状況に遭わせたくない。周りが気になるところではあるが、周りに左右されない教育環境を作ってやりたい。

 

 

 

 

みんな“できない”からのスタート」への2件のフィードバック

  1. 久しぶりのブログ更新ですね。私も久しぶりに書き込みします。子育ての方法も人それぞれ。さすがに夜鳴きが厳しい。でも成長する姿を見ていると、本当に子供って良いな、と思いますね。矢野さんに同感です。

  2. 话说,有次排队买票,身后有一对母女,母亲让女儿背乘法口诀,背不好母亲就很生气地批评她,当时我都替那个女孩子委屈。。很小,估计还不到6岁吧。。。自己6岁的时候大概只知道简单的加减法吧。。现在国内的家长对小孩子确实太严厉了,而且总恨不得一口气让孩子什么都学会。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください