2008年9月16日
投稿者:mamuo
日時:2008年9月16日 09:05

狗和猫(犬と猫)

zt20080801-03.jpg


日本と中国は犬の部分と猫の部分があると思うんです。
と言って
『うん、そうだな~』とか『いや、そういうことでもないんじゃないか?』と答える方は恐らく少ないと思うんですけど。。。
というよりも『矢野、どうした?』と心配する方がいるかもしれませんね。
いや、これ冗談じゃなくて、最近そう思うんです。
最近ある日本のドキュメント番組のスタッフが北京にいらしてるのですが、
先日、ヤンヤン監督と共に取材を受けたんです。
ヤンヤン監督の思いなど事細かに聞くことが出来たのですごくよかった。
僕にとっての中国の“師匠”であり老師(先生)ですからね。
そんな存在です。
その中で監督が言われた言葉にすごく反応したんです。
それは『チャンスは日頃から常に努力して準備してる者しか舞い降りない』
この言葉を聞いたとき『あれ?これどこかで聞いたな~?』って。。
実は以前日本に居た時付き人時代から森田さんに言われていた言葉だったんですよ。
『これ、いつも言われてたな~』って。。。
生きる上の観念というのか、夢を追いかけてる時の大事な教訓というのか、
そういうものは日本も中国も同じなのかなぁって。。
日本と中国は勿論思想面とか沢山違う部分はあると思うけど
このように生きる上の大事な思い、あるべき姿勢の根本が同じ観念であれば
もうそれだけで理解しまくれるよね。
そう思います。
あ、そうそう忘れてました!
犬と猫の話しなんですけど、
実は猫は中国語で猫(mao)って言うんですけど、中国の人が猫の鳴き声を表現する時、
一般的に“ミャオ~ミャオ~”って言うんです。
日本人は一般的に“ニャオ~ニャオ~”が多いですよね。
ちなみに“ニャオ~”は中国語の『尿(niao)』小便の発音に近いんですよ。余計なんですけど(笑)
でも日常身近に接する猫の鳴き声も微妙に違うんですよね。
でも犬はほとんど同じで“ワン!ワン!”なんですよ。
これ又ちなみなんですが、親が2、3歳ぐらいの子供におしっこを勧める時、
“シィー、シィー”って言うあれも中国でもほぼ同じなんですよ。
こないだ自分の子犬MILOにおしっこ場所をしつけてる時、
友達が『あ、それ子供の頃よく言われたよ~』って。。(笑)
なんか面倒くさい解説になりましたけど、
日本と中国は犬の“ワン!ワン!のように大事な観念など思いは同じで、
猫の鳴き声のように微妙に違う部分もあるって言うこと。
その違う部分を『それ可笑しいよ~』とか言う理由も資格もないんですよねお互い。
もともとそう馴染んできたものなんだから。
でも“ワン!ワン!があればそれでいいでしょう!
なんか訳わかりませんが。。(笑)