2008年12月4日
投稿者:mamuo
日時:2008年12月4日 23:06

表现“人”

2008.12.04%20079.JPGa.jpg


おとといは一日12シーン全部小島のシーンの撮影。
昼食を除いて休むまもなく撮影をするのは演じる側にとってはキツいですね。
午前中は于荣光さんとの5シーン。そのうち1シーンは長~い台詞のあるシーン。。
黄監督が『さあ、頭から最後まで一気に行こうか~!』と笑いながら冗談で言ってくるんですよ。
『勘弁してよ~監督!』と笑っていうのが精一杯なんだけど、意外や意外!
ロングショットのカットで頭から最後までカットなしですんなり言っちゃいました。
監督の『OK!カット!』と同時に于さんが僕の方に向かって大きな声で『你行啊!!』(いいじゃん!)
長く月日をかけた成果は少しありましたね。。。
でもCCTV8≪影視同期声≫という芸能情報番組では参っちゃいました。。
『浩二の中国語の台詞は意外にも于荣光より流暢だ!』
ということを言ってましたが、冗談もほどがすぎるよ~!なわけないでしょ!(笑)
相手は何百本と映画・ドラマに参加してきた大ベテランですよ~。。。
于さんのちょっとした現場のNG画面を流して、それから続けて自分のたまたま流暢に話すことができた画面を流して。。。。。『浩二の中国語の台詞は意外にも于荣光より流暢だ!』ですからね~。。。
怖い怖い芸能情報番組は。。(笑)
午後は穏穏とのシーンがほとんど。そのうちの1シーンが穏穏が死んでいく最後を見届けるシーン。
監督と細かくどのような表現が適してるか、台詞・動きの面で相談してある程度決まった時点で本番。
今日も前回と同時に気合入っていましたし、小島の彼女に対する思いや、儚さ、悲しさをうまく表現できればと思っていました。
本番開始!
静まり返った撮影現場。
傷だらけで柱に縛り付けられている彼女を見、ゆっくりと彼女の方へ歩を進める。。。
ゆっくり。。
ゆっくり。。
彼女の前へ来た時、そして左手をゆっくり彼女の頬へ近づけようとした瞬間!
どこからか、男の笑い声が聞こえる。かすかな。。
意外な、それも完全に集中力を欠けさせる笑い声だけに、僕の演技もそこで止めることにしました。
「なんやねん!」と振り返ったら、後ろで立っている日本兵役のエキストラの人が笑っているんですよ。。
切れてはないけど、言いましたよ僕は。。
『お前遊びに行きたいなら、出て行け!俺たちの仕事の邪魔するな!』
彼もびっくりして緊張した顔で黙ってました。
続けて監督、現場チーフがきつい言葉で彼を糾弾。。
最後に自分が「本当に出来るのか?出来なかったらもういいから出て行ってくれ。。」
と言ったら「いや、大丈夫です」というから僕もそれ以上は言わず、すぐに気持ち入れ替えて
take2を始めました。
困ったもんです。。
take2も気持ちのバランスが崩れて駄目。
take3でやっと気持ちが出ました。
今回は鼻水は大丈夫だったと思うけど、顔滅茶苦茶やったんちゃうかな~(笑)
今作は日本人の小島の役はすごく哀れに思える人物です。
何も中国作品においての日本人役をいいように写そうなんて気はありません。
ただ“人間”を演じたい。
人間の感情をきちんと表現したいだけ。。
それ以外に何もないんです。。
昨日急遽北京に戻って≪狙撃手≫の補足の吹き替えをしました。
うん!。。。。。自分は今これぐらいしか言えません。
視聴者の反応が出るまでは。。。
順調にいけば来年2~3月に放送開始するとのことです。
矢野応援団の皆さん楽しみにしていてくださいね!(笑)