2013年7月4日
投稿者:mamuo
日時:2013年7月4日 21:42

『ウルトラマンは悪だ!』

この記事を読んだ日本人なら大多数が『はぁ~~?』と呆れ返るでしょう。

自分ごとですが子をもつ親としては無関心ではいられない記事です。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0703&f=national_0703_026.shtml

こういう子供がいるというのは正に悲劇に近い。子供が可愛そう。

実際にこのような子供がいるのかと助手をしてくれてる80后の男子に聞くと『いますね』と。

でも、割合としてはそれほど多くないらしい。

今の子供たちは逆に日中関係のことには興味ないというか、普通に考えればそうですよね。

逆に言えば政治に興味を持ってるのは日本の子供はそれほど多くないはず。それと同じ。

ただ、親の影響かわからないが、言い方変だけど、そのような話題でギャグにするというか、からかうような部分が一部ある。

正直、全然笑えるようなネタではないけど。

記事でも書いているけど、このような他国をからかう、笑いのネタにする傾向は日本でも他の国でもある。

僕も時々そういうコメントを見たりするけど、ただただ悲しさを感じる。

このような固定イメージで形成された間違った理解が生まれる理由は、相手の国に対しての無知だと思っています。

あまりにも知らないから、簡単に馬鹿にもできる。

相手に対して批判や懐疑心を持っていては人と人との交流はできません。

それは日本人と中国人だけではなく、日本人同士、中国人同士でも言えることです。

以前から僕は言ってますが、国の枠を取っ払って相手と交流する、そのような気概がお互いに必要。その大事さを伝えていかなければなりません。

とにかくその子供に言いたい、『ウルトラマンは善だ!なぜならウルトラマンは全人類、地球の平和のために戦ってるから!』ということ。

グローバルな視点にたって事の善悪を子供に伝えれるか、一人一人大人がきちんと責任を自覚し子供に伝えていかないといけない。。

可愛い自分の子供だからこそ。。