2013年10月9日
投稿者:mamuo
日時:2013年10月9日 00:51

ありがとう

矢野さんポーズP②

人の出会いは、鏡みたいなもんやな。
自分がつまらん人間やったら
つまらん人間ばっかりと出会う。
自分が楽しい人間やったら楽しい人間と出会うやろう。
類は友を呼ぶ、みたいな。

そういう部分は人生にはあると思う。
自分は自分のために生きてるのと同時に、
人のためにも生きてる。
互いに協力しあい、啓発しあい、
そして成長していく。

人の出会いは一生続くもんじゃない。
ちなみに学生時代の友達で今も交流があるのは、若干1名。

ほとんどが疎遠になってるなぁ~~

出会いには別れがつきもの。

でも、できることなら別れのない出会いがいいな。

とにかく人の出会いが人生を大きく変える。

 

俺は中国に来てたくさんの人と出会った。

中国で自分の芸能活動の窓口役をやってくれた事務所・北京金色池塘公司もそうや。

未だお世話になってる。

中国では俳優がちょっと名が馳せれば独立するという傾向が多い。

俺と北京金色池塘公司とはこの10年順風満帆とは言われへんけど、

何も大きな問題もなくここまで共に契約を結んできた。

役者と事務所の関係は簡単に言えばビジネスの関係。

役者が売れて稼ぎ頭になれば事務所は栄える。それでいい。

寂しいけど仕事のみの繋がり。

でも俺と金色池塘公司とは仕事だけではない、

人と人との繋がりを感じさせるものがある。

俺にとって安心と身内(家族)という思いを感じさせる存在。

そこで自分は言う。

《記憶の証明》で岡田総監の役を自分に与えて下さったヤンヤン監督、ありがとう。

《記憶の証明》が放送する前、お金もなく住む所もなかったので、

住む場所を自分に与えてくれたヤンヤン監督、ありがとう。

2003年、年に一回北京飯店で行われる中央電視台のパーティーで当時無名の異聞を連れ、

円卓一つ一つを廻り各芸能関係者に「彼は優秀な日本人です。よろしくお願いします」

と自分と一緒に頭を下げてくれたヤンヤン監督、ありがとう。

仕事の電話をしててきつい言葉を言っても黙って聞いてくれるマネージャー、ありがとう。

賛同できる時は賛同してくれ、違う時は違うと言ってくれるマネージャー、ありがとう。

結婚し子供ができたことを家族のように喜んでくれたみんな、ありがとう。

あなたにありがとう みんなにありがとう 何度言っても言いきれない

すべての出逢いに ありがとうや。