2009年1月10日
投稿者:mamuo
日時:2009年1月10日 01:05

生きる上のコツ(生存的窍门)

2008.12.28%20017.jpg
なんかあまりにも直接的なタイトルですが。。なんとなく書きたくなって。。


先に僕なりの答えから言っちゃいますと、一生懸命物事に対して取り組めばくよくよしないこと。
開き直る、割り切る、前向きに考える。
ねちねち考え込まない事。。
もともとの自分の欠点でもあったんですが、ようやくそれが実行できるようになったかなぁ。。
前回の日誌でも書きましたが、自分の長所を伸ばしていくことに重点をおく。。。
演技においては一生懸命準備したあとは入り込むだけ。。
バラエティ番組においては、『バラエティ』だからといってあなどれません決して。
やっぱり自分なりの準備が必要。
≪天天向上≫も最近復活しまして、もっともっと面白くしたいという願望があるんで、
普通なら収録当日しか台本があがらないところ、完成してなくてもいいから自分だけ2~3日前に
台本を渡してもらうようにこの復活を機にしています。
他のタレントさんは当日台本見て、収録時思うように言葉がでますが外国人の自分はそう臨機応変
にはいかないです。。。
やはり自分なりの準備をしておかないと。。。
俳優もそう。。
台本があって、その台詞通りに話す。
俳優の習慣になれてるんですね。。。
バラエティは台詞が決まってるわけじゃないけど、大体の進行内容を理解して、『何かつっこめるところ
あるか?』や『ここでこういう事言えるなぁ』など自分なりの台詞を決めておかないと。。。
その他臨機応変に突っ込める部分は又臨機応変に言っちゃって。。。
ある程度事前に内容を理解し、1時間半のトーク中、自分の発揮できる部分を予め自分の中で
確立しておかないと駄目ですね。。。
大変な作業でもあるんですが、お芝居よりは楽です。
『浩二だけだよ、予め台本見せてって言ってくるの』と番組プロデューサー。。
でもそうでないとステージ上で頷きマーチになっちゃうよ冗談抜きで。。
“頷きマーチ”って古いなぁ~
というより知らない人もいるでしょうね“頷きマーチ”(笑)
それで、くよくよしないでいい条件として≪一生懸命自分なりの準備をしておく≫という事が前提だと
思います。
開き直る、割り切る、前向き。
どういうことでも言えるような気がする。。
家族、友達や恋人、仕事仲間との感情の衝突。
仕事の挫折。
自分の悩み。
大変な事はほんと大変だけど少し楽に考えたいですね。。