2009年2月27日
投稿者:mamuo
日時:2009年2月27日 01:15

miracleは念じなきゃ

2009.02.20%20020.jpg
ミラクルというのはそうあるわけじゃないけど、ずっと念じて努力を続けていけばその光は見えてくる。
1999年12月。日本で鳴かず飛ばずだった自分に中国へのドラマ参加の話が来た。
『何かを変えたい何かを変えたい。日本にないものを吸収したい。自分を根本から変えたい。』
その熱望があったから。
2002年。≪記憶の証明≫の出演。中国でなんでもいいから演技をしたい。その純粋な思いがヤンヤン監督との出会いに繋がった。
2006年3月。アクション、殺陣などを学ばなければいけない。「アクションもやりたいなぁ~」とずっと思っていたらドラマ≪大刀≫への参加が実現。
2006年9月。トーク番組、バラエティ番組への出演。多くの軍人役を演じたことによるイメージの固定化を
懸念してのああだこうだの策を練ってイメチェン構想を始める。でもこれといった成果が見れず諦めかけたころ香港のトーク番組の出演のお話が来てそれを機に娯楽番組の出演依頼が増える。
2008年3月。≪大刀≫で殺陣は経験させてもらえたけど、銃の使い手はやってない。ドラマ≪狙撃手≫の参加。体力の極限を体感(笑)。
2008年10月。人間性のある日本人を演じたい願望。ずっと昔からこの思いはありましたが、ドラマ≪翡翠鳳凰≫という作品に出会い小島次郎という今までの中国ドラマではなかったであろう人間身を追求した表現をすることが出来ました。
このように、自分の願望をずっと念じるというか思い続けてると叶う方向に進んでいく。
多少時間が必要とするのは当然。。だけど、いつか自分の目の前にそのミラクルは降り注いでくる。
次のミラクルは何かはわからないけど、常に自分の中で願いや思いは決まってます。
ただそれに邁進するだけ。
投入すればいろんな物が又見えてくるはず。。