仕事納め

image5._副本
連続ドラマ《戦神》無事殺青しました~~\(^▽^)/

とにかく一つの仕事を終えるのは嬉しい。

特に満足して終えると疲れても気分は爽快。

それを味わえるよう、ストイックにやるのが役者。

以前にも反戦同盟のスパイという役は演じたことはあるけど、

今回は「いけ!いけ~!」という気持ちで取り組んでた。

中国のドラマや映画で多い日本人の役というのは日本軍人というのが多い。それも定番の悪役としての人物像が多い。

その中で、有難いことやけど自分は反戦を訴えるスパイの役であったり、使命と矛盾と葛藤の中で生きる日本人の役という機会がここ数年多くなってる。

よくメディアのインタビューで聞かれることやけど、「日本人を演じるのと中国人を演じる上で注意している部分はあるのか?」という質問。

勿論、国が違うわけやから、言葉・思想・習慣など違う部分はある。

一般的な日本人の特徴、中国人の特徴があるとも思う。

けど、自分は“日本人を演じる、中国人を演じる”という考えに固執しないようにしてる。

それよりも、どうやって”その人”を演じるかが重要やと。

違いはあっても演じるのは同じ人間、それもアジア人やからね。

宇宙人を演じるわけじゃないから。。(#⌒∇⌒#)

”その人”をどう表現するか? そこやなと。。

明日から日本や~~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください