2009年4月14日
投稿者:mamuo
日時:2009年4月14日 17:51

获奖≪杨成武≫

4a6c545e4423268b7476c%26690.jpg
またまたびっくりの便りがありました。
2007年12月に撮影しましたテレビ映画≪楊成武≫が第21回 全軍テレビドラマ≪金星賞≫電視電影二等賞に受賞されました。
おしくも一等賞に一歩及ばずだったのですが、作品の中で反1号(悪役の頭)を演じている自分としてはすごく嬉しい励みになります。
http://mil.news.sina.com.cn/2009-03-26/2335546732.html
http://v.youku.com/v_show/id_XNzk0MDkwMDg=.html ≪楊成武≫動画


でも僕が演じた甲田という軍人は悪役とは言えない役だと思います。
この作品は従来の戦争作品と違うところが日本人役と中国人役の接するシーンが一つもないんです。
日本側の芝居は日本人役同士の戦争に対する思いや語り合うシーンが前半に組み込まれていて
より人間的に作られたとも思います。
昭和12年の国家総動員での若い日本女性の日本に対する忠誠を勇ましく態度に示したことなど、当時
実際起こったこと激動の様子を台詞に組み込んだりと、演じる上で意味のある作品だったと思います。
現場では常に張玉中監督との我慢比べでした。
撮影中、自分はこの甲田の役を悪として考えていませんでした。
この男の人間味のある部分をいかに出すかしか考えてませんでした。
だからよくよく監督が「この表現はもうちょっといかつくやって~」とか、
あるシーンの台詞の一部の削除を要求したら、
「いや、これは出来れば言ってください。」
「じゃぁ、このような言い方に変えるのはどうですか?」
「う~~ん。。。わかりました。それでいいですよ。でもこの言葉は必ず言って下さい!」などなど
お互い譲ったり、時には自分の意見を貫いたり、そしてお互い妥協点を探したりと結構やりました。
撮影後半には監督が「甲田が人間的すぎるから検査に通るのが心配だよ~ハハハ~」
って言ってましたが、こうやって賞という形で認められたんですから、最終的には監督も僕を恨んでないと思います(笑)多分。。
ついでと言ってはなんですけど同≪金星賞≫の長編テレビドラマ三等賞に教師役として出演した
≪私は太陽≫も受賞されました!
春の涼しい陽気に涼しい便りでした。。
最近、夜も少しむしむしし出しています。北京の春はあっという間に過ぎ去ってしまいますが、
この短い春を楽しく有意義に過ごしていきたいです。