2009年5月24日
投稿者:mamuo
日時:2009年5月24日 15:27

动漫(アニメ)

2009-5.23%20006.jpg
昨日は北京衛視のトーク番組≪国際双行線≫の収録でした。


前回2年前に出演した時は話題が僕自身の中国での奮闘話だったのですが、
今回はなんとテーマは“アニメ”。
最近、なんの話題でも呼んで貰えるようになりました。
でも中国ではアニメと言えばやはり日本のアニメは切っても切れないんですね。
≪鉄腕アトム≫から≪花の子ルンルン≫、それから≪ドラえもん≫、≪一休さん≫、そして≪ドラゴンボール≫や≪スラムダンク≫、それに宮崎駿監督の作品などなど中国の若者は日本のアニメをよく知ってます。
僕より知ってますね確実。
自分なんかは年代的にも中国ではあまり知られていない≪天才バカボン≫、≪ハクション大魔王≫、≪ど根性ガエル≫が好きでしたね~。
夏休みには午前中にテレビで≪夏休み子供アニメ大会≫みたいなのがやってたんですが、今やってんですかね?
僕達俳優の世界と同時にアニメ界も国境などなくどの国の人にも理解されるものだから、
民間の企業同士が力合わせて今後面白いアニメをみんなに提供してもらいたいですね。。みたいな生意気な弁もさせてもらいました。「お前、評論家か?!」みたいな。。自分でも笑っちゃうんですけど。。
でも昔のアニメなどを振り返って、なんかガキの頃を思い出すってのもなかなかいいもんですよ。
≪ど根性ガエル≫見て、子供の頃ひろしを真似て空き地に行ってカエルの前でわざとこけたりしたりとかしてましたから。。ほんと信じられないバカでした。
そんな風景を思い出させるアニメってやっぱりいいなぁ~。。