みっともない自分

777d6797tw1egs4q8fp5vj20qo0f0ab6

 

天津衛視《秘境》どうでしたか?

危険な秘境の奥地に進入しましたが、結構ロケは大変でした。

昔、川口浩探検隊っていうのありましたが、なんかそういう部分を彷彿させる部分もありますが、僕らは“マジ”でやっております。

僕が中国の娯楽番組でこんなに“素”を見せたことはないと思います。

いつもは快活なキャラクターですから。

秘境という特別な環境が自分に何もかもさらけ出させてのかもしれません。

あの感覚は僕にとって最高の収穫でした。自分は番組においても芝居においても、時には自由になれてない部分がある。

うまく言えないが、もっと自分を解放すればいいんじゃないかと。

好き勝手にするというか、自分に素直になればいいんじゃないかと、どっちかと言うとそんな感じ。

気分がいい時は笑顔で、悪い時は不機嫌な顔で。

僕は不機嫌な時でも笑顔で居るから結構自分に無理してるんですよ(笑)

そういう時は素直に不機嫌で良いのではと。

高山病にかかり情けない一面を露呈しましたが、それも真剣勝負の証。

今回、みっともない自分をさらけ出したのも自分を素直な状態にしたから。

自分を表すということは、その中にみっともない自分があるということ。

綺麗なものや格好のいい中に、本当の自分は存在しない。

そういうことだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。