2009年7月3日
投稿者:mamuo
日時:2009年7月3日 22:34

很平常

2009.07.03%20117.jpg
中国でいろいろなトーク番組に出演しましたけど、回数を重ねるごとに話す話題も
少しずつ変化しているんですねぇ。。


以前、トーク番組で話してた内容というのは中国での面白体験とか、特に来た当初経験した笑い話が
多かったんですけど、今回は以前話した話題は極力やめて、中国で感じた思い、撮影、生活の中で感じた思いなどを出来るだけ細かく話そうと思いました。
極力精神論みたいなものも生意気にも少し話しましたよ。
≪中国で撮影中、一番思い出に残ってる感動したこと?≫と聞かれて
正直言って「これ!」という事よりただ中国で撮影しているその一作一作が僕にとっての感動で喜びの時間なんですよね。特に最近は監督が撮影中自分のカットで「浩二、違うよ!そういう表現じゃないんだ。。こういう表現をしてほしんだ!」と周りを気にせず、自分に対して遠慮なく真直ぐ自分にあたってくれる、自分も真摯に監督の意見を聞き、再度やり直す。最終的に監督の理想とする演技をし、「過(OK)!」となる。そういうワンカットワンカット熱いキャッチボールをしながらも、最後の殺青(クランクアップ )の日には「満足してる」と言ってくれると今までの辛さがあっという間に消え去る。と同時に自分が完全に外者ではなく、ゲストでもなくただ普通に中国の撮影の中に普通に居られることに幸せと感謝を感じます。それってすごく簡単に思えても、実際には難しいし大事なことだと思うんです。
普通に平常にいられる時間が自分にとって気持ち良さを感じさせます。。