2009年7月18日
投稿者:mamuo
日時:2009年7月18日 00:56

发挥个性

2009-7-15%20008.jpg
北京衛視≪天下收藏≫この番組も準レギュラー化のようで3度目になりました。


視聴者が持ち出した中国の骨董が本物か偽物かをあてる役目なんですけど、
聞いた感じ簡単そうなんですけど、本物なら本物、偽物なら偽物の自分なりの理由を述べなきゃいけないのでこれで少し大変ですね。。。
でも僕自身のバラエティでのカラーをふんだんに活用してますよ。。
僕ら外国人特有の発想を存分に出すという。。
僕は毎回ヒットするだろうと言うインパクトのある言葉を用意しておくことなんですよ。
前回は中国の皇帝、道光の時期の頃だという壺を持ってきた人がいて、何百年以上というのになんとなく光沢がある。。変。。。そこで言った言葉が「これはなんか綺麗すぎる!贼光!(zei guang てかりすぎてる!)」
この『贼光』という言葉は恐らく中国辞書ではない言葉だと思います。
『とても』とか『すごく』というのは中国語では『非常』 とか『很』とか 『特别』など日常でよく使われる言い方があるんですけど、それ以外に日常では使われるのは少ないですけど、『贼(zei)』というのもあるんですよ。。外国人の自分が言うと結構インパクトがあってスタジオがドッヒャ~ってなるんですよ。。
今回は康熙の時代の筆入れなんですが、表面に描かれているやや太った孔雀に眼をつけた僕は、
「この孔雀太りすぎてるよ~。。ダイエットしないと!康熙の時代は太った鳥が流行ってたの?」
ま、実際康熙の時代は時代の背景があったのかもしれないですけど、安定状態からふくよかに描かれてたのが流行ってたみたいです。
で、自分が言った言葉は『太った鳥』という言葉。
中国語だと『肥鸟』というのが普通ですが、僕は『胖鸟(pan niao)』と言いました。
意味は同じなんですが、『胖』というのは人に対して言う『太る』なんですね。。
だからこの言い方も外人ならではの発想というか、中国の人は浮かばない言葉でしょうね(笑)。。
これもこれでドッヒャ~いきました。。
番組終了後、番組の監督から「浩二、あんた面白いわ~。。これから時間あったらどんどん来てよ~。。そのあなたのカラーなくさないでね。。」って。。うれしいっすね。。
この後の収録で≪天天向上≫の钱峰,田源もこの番組にゲスト出演したらしいです。。
スタッフが『今度3人で≪天下收藏≫出演してね!』って言ってましたけど、
でもこの番組、北京衛視 金曜の夜9時放送。
湖南衛視≪天天向上≫は金曜の7時半~10時半。
一応バリバリ重なってるんですけど、大丈夫なのかな~(笑)
いいか!細かいことは!
いや細かくもないか。。(笑)