“勢い”を感じる瞬間

 

mmexport1431986098344ここ数年の中国映画の盛り上がりは凄いものがある。

僕はここにいて肌で感じますね。

冗談でこんなこと言う人もいます。

『ハリウッドで売れたかったら、中国にいれば実現できる可能性があると。』

最近、アメリカとの合作も多いからだろう。

グローバルな合作が多いのは事実。

中国映画は今、チャイナブランドを世界に発信している。

日本映画もこのようなことが出来ればいいのに。

そして中国との合作を数多く実現できればと思う。

少し前は、『何かこれをやりたいんだけど』と思っても、

ただ口にするだけで、前に進めなかったし、進むとも思っていなかった。

今は、『これをやりたい!』と思ったら、大変だと思うけど、なんとかなるんじゃないかと思ってしまう。すぐ企画に入る。

それがここ数年のチャイナの“勢い”を感じる瞬間です。

まだここには違う伸びしろが埋まってると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。