2009年10月3日
投稿者:mamuo
日時:2009年10月3日 11:13

内部的话

IMG_7479.jpg
まだまだ衛視で放送続けています《狙撃手》なので、これにまつわる裏話を二つ。


実はクランクインの前、一番頭を悩ませていたのがスナイパーの銃の扱いでした。
去年4月に日本映画《ふうけもん》に参加してる間も心の隅でこの事が気になってもいました。
銃の扱いを制すればこの役の6割を制する。
つまり銃の扱いがこの役を制する意味で最重要ポイントでした。
撮影チームにはクランクイン数日前に合流し、早速行動したのが銃道具のスタッフのところへ。
弾の詰め方、弾を撃った後の空をはきだし、次の弾の詰め方、基本的な持ち方姿勢などを教わりました。
チームに合流した1日目から銃をお借りして部屋で構えを1日100回やっていきました。
とにかく馴染みたかったので。。銃を持つことが自然にしっくりいく状態にもっていきたかったんです。
むしろ役の芥川から言えば自分の身体の一部、それ以上に大切なものでもありますから。
アクションシーンは確かにきつかったですが、そういう自分なりの準備をやっておいたので、スムーズにはいけたと思います。
あと、一つ。。大きなきっかけを掴みました。
撮影時、日本からいらしたある雑誌の記者さんが現場に来てまして、その記者さんがあるアドバイスというかテクニックを言ってくれたんです。
そのテクニックは実に的を得ていて、すぐに自分に馴染んだんですよ。
時には人の意見に真剣に耳を傾ける事も大事ですね。。
あと一つ、ドラマの中で芥川が木陰の下で一人アリを手に乗せて遊んでるシーンがあるんですけど。。
初めはのんびりとアリを見つめながらリラックスしてる雰囲気なんですが、突然ある子供が視界に入った途端目つきが変わり、その逃げる子供を見つめながらアリを握り潰すシーンなんです。
はっきり言います。
アリを潰すカットはスタッフの手です。
もともと自分の手でやるべきなんですけど、アリを潰すってのは気持ち悪くてどうしてもできなかったですねぇ。。
スタッフの子から「浩二兄さんは、アリすら殺せないんだ、へへ。。。」って笑われてました。。
そんなん言われてもねぇ。。。
以上、裏話でした。。
今日は中国では中秋節。旧暦の8月15日で、月餅を食べながら家族団欒に過ごす習慣の日です。
今夜、真ん丸いお月さん見えるかなぁ。。