2010年9月10日
投稿者:mamuo
日時:2010年9月10日 02:41

“笑える”と“笑えない”

P9093070.jpg
今月唯一1日だけの≪天天向上≫の収録をしました。
というのも、なんと≪天天向上≫のメンバー、スタッフの日本ロケが10日から18日間行われるということで、今月のスタジオ収録は今日一日だけだったんです。
≪天天向上≫の日本ロケ!という初めての試みで楽しみにしてたのですが。。
なんと、矢野は今回の日本ロケに参加できません~!
立場上居なきゃいけないのに行けないのが残念。。
ODちゃんにも『なんで、行けないのよ~!』とお叱りを受けました。
ドラマ≪母として≫の撮影があるので、北京を離れられない状態なんです。
残念残念!!
彼らは明日から京都、大阪、東京の三都市を18日間滞在するようです。
日本を先頭に立って紹介しなきゃいけないのに、そういう時に居れないのが仕方ないんですけど悔しいです。
自分と自分の分身がいれば、それか“どこでもドア”があればいいのになぁとか叶わぬことを言っております。


P9092967.jpg
本日の収録は台湾の往年のスター、歌手の皆さんをゲストに迎えました。
僕はほとんど知らない曲ばかりでしたが、日本の懐メロを聞いてる感じで聞くと、なんとなく歌にのれて妙な懐かしさみたいなのを感じることができましたね。
一つトークの中で、ある歌手の方との会話でODちゃんが僕の方さしてゲストの方に『彼は日本の人ですよ』と、僕もゲストの方に『どうもどうも』と。
ゲストの方が『お、日本人。。』それからODちゃんが自分が中国での生活が長いということを配慮してくれて『まあ、ハーフみたいな感じです』と。
するとゲストの方が『雑種か。。』と。。
一瞬、僕も金縛りにあって受身として笑いながら会場の方を見たんですが、会場はなんか冷めた空気。お客さんが笑えるような会話じゃなかったんですね。
すぐ話題が変わりましたが、ODちゃんがすぐさま小声の日本語で僕に『あの言葉駄目だよ。。絶対カット!』と。。
僕も雰囲気を感じてたけど収録中だったので、そこはお客さんに緊張感を感じさせてはいけないですから、気分入れ替えて臨みましたね。
一瞬の言葉だったので、言葉の意味はわかっていましたが、自分が気まずいというよりはお客さんの反応を見て、お客さんが受け入れられない言葉だと言う事がわかって逆にそれが少し辛いというか、なんとも言えない思いでしたね。
言われた僕はなんてことないんですよ。。なんてことないと言ったら嘘か。。
でも、司会者の一人钱枫も『大丈夫、先輩?』と小声でそれも日本語で収録中言ってくれたり、みんなそれぞれ気にかけてくれてることが嬉しかったです。
そのゲストの方も悪気で言ったつもりでないというのが僕も重々に理解してるので、その後の収録もその方が数曲日本の歌を歌って頂いて、そのお礼にその方の手の甲にキスしましたからねぇ~(笑)
結果的には今日の収録は往年の台湾スターの方々と我々“天天兄弟”がリズム感あるトークと笑い,
感動ありとまとまりある収録でした。
収録語控え室に戻ってODちゃんが『あの方、番組スタッフに謝ったらしいですよ。あまり気にしないでね』と。僕も『大丈夫!だってバラエティだから、これぐらいなんてことないよ!』と。
収録中、一つ一つの言葉に集中して、これはマズイという言葉があればきちんと敏感に反応する。。僕はこの≪天天向上≫の番組の司会のメンバーとして、メンバーのみんながきちんと僕にも配慮してくれてる事と、何よりもお客さんがきちんと“笑える”と“笑えない”というのをきちんとわかっているということに、なんか言葉は変ですが、“自分はちゃんと守られてるんだ”というほっとしたものを感じました。。
晩いので寝ます。。明日が又ある!