2010年11月10日
投稿者:mamuo
日時:2010年11月10日 17:48

フィットしやすい自分

DSC_0115.jpg
現在まだ撮影しているドラマ《母として》。
まだ撮影中なので細かいことは言えませんが、でも今回の程南山という役は僕にとって有難い出会いだなと感じる。
9年半かけて初めて出会った好感のもてる善人役です。。(笑)
10年前には『中国には沢山のチャンスが転がっている!いろんな土俵がある!』と思って来た。でも来て初めて知った軍人役の多さ。。
そしていろいろやりました。。


今の状態に満足はしていないけど、ただラッキーだったと素直に感じる。
周りの見える友達、仲間、そして自分には見えない支え(幽霊ではありませんよ。。)
自分が知らないところで支えてもらってる何かってあると思うんですよ。
後になって気づく場合もあるけど。。
そんなことひっくるめてラッキーだったと。
先日、ある映画監督と面会したんですけど、
『若いねぇ~、トレンディものが似合うんじゃない?』
『いやいや、こう見えても年いってるんすよ。。(笑)
でもあと5年以内ならトレンディもんに出る機会があればできるかな?へへ。。』
この芸能の世界って、やっぱり人との関わり、フィットしやすい自分でいるっていうのが大事だなぁと思う。
役者やタレントは使ってもらう側じゃないですか、いろんな監督やディレクターと会って、そして仕事するわけであって。。『こいつと一緒に仕事したい!』『彼と一緒に仕事したら面白そう』又は『仕事がスムーズにいく』とか『気持ちがいい』とかいろんな好印象を相手に与えなきゃいけないですよね。そうしなければ仕事にありつけない。
その為、いろんな人に対して適応できるような自分でなきゃいけない。
yesマンになるのとは又違う。
嫌みのない程度の自分をさらけ出すサジ加減が大事かな。
誰とでもフィットしやすい自分でいること。
これ大事かもね。。
自分はその点、まあまあかな。。