2011年5月27日
投稿者:mamuo
日時:2011年5月27日 01:16

ぶっつけ本番

P5257099.jpg

今回は香港の監督さんということで、現場もテンポよく撮影が進められている。
芝居の説明も忠実、カメラの動きまでわかりやすくきちんと説明してくれる。

初めての香港の監督との撮影ですが、まずまず好印象ですね。やりやすい。
でも、時には大陸的なところもる。
海上でのモーターボートでの主役を追いかけるシーンの撮影。
当初、運転する人は別の専門の人がやるんだろうと思ってたのですが。。。
先に主役の人のカットの撮影。
見ると。。『おいおい、主役が自らモーターボートに乗ってるやん。。』
運転し出して海上へ、その後、カメラが主役のボートに乗ってのアップの撮影。。
状況を把握した自分は、砂浜に待機してある自分が運転するであろうモーターボート方へ。。所有者である現地のおじさんに、一言『ちょっと、運転の仕方教えて。。』
主役の香港の俳優も何もないかのように自分でやってるのを見れば、『だったら俺も平静でやってやるよ!』という気持ちに。
まあ、でも日本なら事前にスタッフから説明があって数日前でも練習してるかと思うのですが。。(笑)
至急操作を把握し、自分で試運転。。うん、まあまあ。。
そうこうしてるうちに『浩二さんのカット撮ります!』
ぶっつけ本番で運転。。
時折、飛ばしすぎてカーブで船体が60度ぐらいなりハラハラドキドキでしたが無事撮影。
意外と爽快でしたね。。全身びしょぬれでしたけど。。
ぶっつけ本番を平然とする習慣に僕も慣れましたね。。(笑)