2011年7月6日
投稿者:mamuo
日時:2011年7月6日 02:03

良い日本人

P7048300.jpg
来週は2本の新ドラマの放送スタートの記者会見が北京、山東省で開かれる。
そのうちの一つ北京でスタートするドラマ《母として》の役は今まで演じたことのない人間として好感もてる役。
多分、今までの中国の映像界の歴史上ここまで『良い日本人』の役は初めてでしょう。
この作品の自分の役を通して日本人は中国人の“情”を感じることができるし、中国人は日本人の誠実さ、心の奥にある寂しさを知ることができるでしょう。
この《母として》の撮影中娘を授かった。
母の偉大さ、親の子に対する思いなど理解することができ、役に大変プラスになった。
“程南山”という人物は矢野浩二をそのものと言っていい。
全てではないけど、今の日本人の考え方を代表してると思う。
中国のドラマ・映画ではあまり見られないイメージの日本人なので、中国に居る日本人の人達にも抵抗なく見れると思う。。