2011年7月14日
投稿者:mamuo
日時:2011年7月14日 17:30

ありがとうの使い分け

P7128344.jpg
ドラマ≪母として≫の中で主人公の中国女性・杜彩霞が程南山に何度も注意する点がある。それは日本人が常に口癖のように言ってしまう『すみません』です。
『あなたに面倒かけて申し訳ないです』
『本当にすいません』
お辞儀して何度も言う。
例えば日本へ仕事又は留学で生活してる中国の方が最初一番溶け込めない点ではないでしょうか。
日本人の『すいません』にはただ『すいません』だけの意味ではない。
時には『ありがとう』などの感謝の意味がある。
でも中国の人からすれば、いつも『すいません』と言われると逆に『遠慮しすぎだ』、『他人行儀だ』『なんか距離間を感じる』という思いになってしまう。
僕も北京に来た頃はよくお辞儀して『すいません』の連呼でしたけど、今となっては少なくとも腰は曲げなくなりましたね(笑)
最近、面白い事がありました。
夜、近くのコンビニに買い物に行って、帰り
マンションの玄関に居る警備が、いつものようにドアを開けてくれた。
たまたま軽い気持ちで『シエシエ(ありがとね)』と通り過ぎると後ろから
『あんた、何階に行くんだ?』と聞かれた。
意味分かりますか?
黙ってそのまま通ればなんてことないんですが、
僕が『ありがとう』と言ったことで、その警備員からすれば耳慣れない言葉なので、
僕を外部の者だと判断したようなんです。。
たまにしか1階を出入りしないので、それと帽子被っちゃってますので
不信者と思われたかな。
必要のない『ありがとう』がここにはあるんですよ。。(笑)
でも必要な『ありがとう』もある。
例えばタクシーの中。
夏場、でも雨が降って少し涼しい
でもタクシーの中はギンギンにエアコンで冷えている。
『少し寒いよ~』と感じた時。
中国では『運転手さん、ちょっと寒いからエアコン切って、ありがとう!』
というように“お願い”+“決め込み”になる。
日本では多分『すいません、寒いのでエアコン切ってもらえますか?』となるでしょう。
こちら側のわがままを相手に聞いてもらっている申し訳なささで『すいません』という言葉が出るのは理解できるし悪くはないと思う。
だけど、これに関しては中国式の方が痛快ではっきりしていて僕はこの習慣を気に入っています。気持ちがいいなぁと。。
そして最終的な結論、日中結合でいきましょう。
『すいません、寒いのでエアコン切ってもらえますか?ありがとう!』
これがベストですね!!(笑)