2011年9月10日
投稿者:mamuo
日時:2011年9月10日 01:09

模範

P9099189.jpg
9月9日朝、北京の日本婦人会の皆さんと北京市景山西街の金秋園老人ホームを訪問しました。
ずっと以前から誰かを元気づけられることをしたいと思っていました。
直に触れあってその人の笑顔を見れればと。。
親となり、家庭をもってその気持ちは日に日に増してきました。
将来、自分の子供が高齢者をいたわる思いやりをもった大人になってもらいたい。
そのためにも自分が親として恥ずかしくない姿をみせてあげたい。
模範となれるような姿を見せてあげたい。
その思いが強いですね。
それと中国で10年、俳優としてやらせてもらった中国への感謝、中国の友達への感謝。
何か自分に役に立てることは?
その思いも強いです。
そのいろんな思いが今回の行動につながったのだと思います。
自分の父も高齢者です。
自分が北京にいますので、一緒にはいれません。
親の傍に居てやれない親不孝者が他人を考える資格などないのかもしれません。
でも先ず今できることをやっていきたかった。
いろんな事を考えて躊躇することだけはしたくない。
躊躇していては何も前に進まない。
それが嫌なんです。
とにかく前に進ませたい。
何々友好とか言い方はありますが、そういうことより。。。
人間としてどこに居ても年長者は年長者。
いたわる思い、尊敬する思いをもって年長者と付き合う。
その思いが大事です。。