伝える 感じる

005ExeCZjw1emvhktdu3sj30qo0f040h

 

 

 

 

3度目となる中国での講演を北京第二外国語学院で行いました。

定期的ではないですが、中国の学生との直接交流が出来るこの機会は僕にとって特別な時間です。

生意気なことはいえない。

内容はほとんど笑える実体験の話。

でもその中で一つの言葉をメッセージとして伝えるようにしている。

それは僕が今大事にしている言葉。

ある意味その時の自分を象徴する言葉。

みんながどう受けてもらえるかはみんなの自由。

人はみんな千差万別の見方をもってるから。

何かを感じてもらえればそれで充分。

伝える、そしてどう感じてもらえるかです。

これからも、伝えますよ~(o^^o)

 

平静

早いもので2014年も残る2ヶ月を切りました。

8月から映画1本、ドラマ3本、きつい中でやって参りました。

11月11日、ドラマ《金戈铁马》がクランクアップ、12日日本へという予定で全て準備万端だったのですが、制作チームが突然「まだ取り残しがある」と。

なんじゃ~~~!!!

マネージャーに事実関係を問いただすと、彼もどうすることもできない状態。マネージャーを責めても仕方ない。ただこういうことは二度とないよう釘だけは刺した。

便もホテルもすでに手配済み。一番辛いのは仕事関係の大事な面会、友達の結婚式、身体の検査等々、2ヶ月前に決まったことを全てキャンセルしなければならない。それが予定通り遂行されないことが情けない。

映画のチームだとそんなことはないが、こっちのドラマをやっていると、こういう予定通りいかないことが時々ある。それではいけないんだけど。。

腹立たしい思い~~~~ヾ(メ`・д・´)ノ゙

でもなぁ。。。

こういう時に大事なのは“平静”な心情なんだろう。

僕はこの態度が好きです。いつでもこうでありたいと思う。

人生にはいい時も悪い時も、嬉しい時も腹立つ時もある。

でもどういうときも平静でいたい。

いい時も有頂天ならず、悪い時もそんなに落ち込まない。

いわゆる、周りの変化に左右されず、いつも自分でいるということ。

最近2国のリーダーが握手しましたね。でも2国の関係が良かろうが、悪かろうが、僕らは僕らの付き合いをいつもどおり続けていく。

それに動揺しない、影響されない。

そういう僕らの姿勢はすごく大事だと思う。

だから。。。今回、日本行きは駄目になったけど、心は平静平静で居ろです。。。(*⌒∇⌒*)♪ でも難しいかな。。

ただただ今回お約束をしていた方々に申し訳なくて。。。Y(>ω<、)Y

 

 

 

国慶節

中国は国慶節に入りました。

世間は1週間休日モードです。

うちは家族がパパ抜きの家族旅行に行っちゃいました。

仕方ないです。パパがいないからといって自宅にいてもつまらないですから。

遊びに行ってもらわないと。。パパは瀋陽でドラマ《金戈铁马》《少帅》の2本のドラマの撮影です。

同じ撮影所で同時に2本の作品の撮影に参加するのは初めてです。

双方の組の撮影現場は近いので、スケジュールが組みやすいので便利は便利ですね。

家族に会えないのは辛いですが、お仕事頂いてるのを励みにするしかありません。

今日は芸能ニュースで ビートたけし、役者業に持論「演出に口出す奴が大嫌い」という記事を見ました。

この件に関しては、監督さんも脚本家も俳優も独自の持論があると思います。

僕は基本的に現場で自分の役について何か自分の中での疑問があれば監督さんに“確認”“相談”という意味で現場で話すことはあります。そういう部分であれば僕は良いことだと思っています。

でも基本は監督の指示に従う、脚本家を尊重し台本の内容に影響のあるような意見は言ってはいけない考えをもっています。

でも予断ですが、ありえないことですけど、もし北野監督が中国映画の監督をなさって、キャストが全員中国の俳優さんだったら、恐らく全キャスト、クビになるでしょう~(笑)

というのも、中国の俳優さんは自分の意見を積極的に主張します。

それは自分の存在アピールも一部ありますが、一番はやはり「自分もこの作品を愛しているんだ」という気持ちの表れなんですね。

時には真剣になりすぎて我を通しすぎることにもなるのですが、その原点はやはり仕事に対して、その役に対しての思いの強さがそこにあるのです。ただ言われたことだけを忠実にやる役者ロボットにはなりたくない部分があると思います。

でも正直、意見を言い過ぎるのもどうかなと思います。

時には「お前、脚本家か~!?」というぐらい本に口出してくる俳優もいますから、それは違うだろうと思います。

僕はこの件に関しては双方の立場は非常に理解できます。

どちらがどうとは言えないのですが、僕はどの立場の人に対しても“尊重する”思いを忘れないよう心がけたいものです。

でも、北野監督に嫌われた俳優さん、知ってたら後悔するだろうなぁ~~。

普通はあれほどの偉大な監督には意見は言えないでしょ。。

でも偉大な監督だからこそ、命がけで作品と、監督にもぶち当たっていきたい、そういう気持ちはなんとなく理解できます。

ただその役者さんにそういう覚悟があって意見を言ったか否かですね問題は。。なかったんだろうなぁ~(笑)

 

 

 

 

 

普通

内モンゴルの夏。

撮影でここに来るのは今回初めて。

いつもいろんなところで撮影をする。

特に年代物のドラマだと撮影場所も地方が多いですから、

3ヶ月近くそこで生活となると、いろんな意味でモチベーションを保つことが難しいと思う。

慣れない場所だし、何もかも欲しいものが手に入る場所ではありませんから。

僕もこの年になっても、まだ慣れない部分はありますよ。

だからこの期間の僕のライフスタイルは

撮影→スポーツジム→足つぼの繰り返し

近くにジムと足つぼを見つければ、なんとかOK。

観光に来てるわけじゃないから、呑気に出歩く気分でもない。

だから役者にはやはりストイックな精神が必要ですね。

続けてこの環境で鍛錬せねば!

話は変わって、相変わらず沢山の人から以前の番組カムバックして欲しいという声を頂きます。

もう、会う人全てと言っていいくらい。

撮影現場だったり、空港の荷物検査の時だったり、お店であったり。

その沢山の声には大変感謝の気持ちでいっぱいです。

でも今後、情勢がよくなってあの舞台に戻る機会が作られても『ああ、そうでっか。ほな~出まひょ』とはいかないように思う。

情勢がよくなったから戻れる。ということは又悪くなったら出れないということでしょう。

周りの情勢に振り回されたくないなという思いが一番です。

そういうことに影響されてることに少し?を感じてるから。

情勢が悪いから出れない、良くなったから出れるというのがなんかスッキリしなくて。。。

だから今後、他の番組は出ることはあっても、元のあの舞台には。。という思いは正直あります。

僕のポリシーかな。

とにかくどういう時でも、普通でいたいから。

どんな悪いニュースが出ても動揺しない、気にしない、影響されない。

普通にみんなと交流したいから。そして現にそうしてるから。

周りにもそういう気風を望んでいるけど、周りは周り。

自分ではどうすることもできない。

先ず自分が周りに惑わされない自分でいたいと思う。

普通にみんなと楽しく生きる。それだけで十分よ。。

 

 

 

天天向上オフィシャルweibo がフォロワーが100万突破したらしく、その告知がされたら、

大部分の書き込みが『浩二、戻ってこい~!』の書き込みです。泣けてきます。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

これは、どういう“風”なんだろう。

あまり風には逆らいたくないけど、風を気にしたくない。

僕が番組にお邪魔しなくなったのも、そういうある種の“風”“流れ”でなったもの。

又状況が好転したから戻る?だったら又悪くなったら出ない?

そういうのに左右されたくないかなという思いもある。

周りの状況が良くても悪くても、いつもどおりやりきりたいよね。

現在は内モンゴルです。撮影です。

涼しいよここの風は、あまり振り回されることのない心地良い風です~~ヾ(@^▽^@)ノ

心で笑え

これから、涼しいモンゴルへドラマの撮影に行きます。

でも撮影は過酷になると思いますけど。

今年はまだ半ばを過ぎたところだけど、僕にとっては忘れられない1年になるような気がする。

いくつか思いきった決断をしたのがこの年であるから。

今までは自分の思いとかをこのブログを通して表にだしていたと思うんだけど、

今回はあまり言わない。

自分も少しは見栄張って自分の思いを包み隠してもいいんじゃないかなと。

今まで、何もかも表にしてきたから。

それが自分の長所ではあるんだけどね。

言いたいことは沢山ある。

でもそんな100%言いたいこと言ってらんない。

好きなこと言えばきりないから。

男は顔で笑って心で泣けって正にそんな思い。

いや、心で笑ってもいいかな。。(*⌒∇⌒*)♪

 

 

 

カナス

4a6c545ejw1eifo6qmi9uj20hs0npmyu

 

 

 

 

 

 

久々になってしまいました~v(@∀@)v

すいません、まもなくスタートするドラマの台本読みに明け暮れております。

今回もいろんな意味で大変かな?

でも大変であることを本当感謝して心してやれば何か形になるのではと思ってます。

昨日、西部のカナスでの天津衛視《秘境》のロケを終えて北京へ戻ってきました~

草原と羊、そして素朴な牧畜民がいる場所。

ここは日が落ちるのが夜の11時以降。

それまでは『まだ夕方5時かよ~』って感じ。

実際時計を見ると、『何!夜10時すぎてるよ~!』って

面白い場所です。

朝は普通で、7時には明るくなります。

海抜の影響か空気が綺麗せいなのか、睡眠は6時間ぐらいで充実感を感じる。寝た~って感じ。

時にはこのような原始的な場所に触れることも必要なんだと思いました。

コンクリートジャングルって広い地球から見れば、それほど占めてるわけじゃない。

でも、人間は比較的コンクリートジャングルに集まってる

コンクリート以外の未知の世界にどんどん踏み込まなきゃと思いました。

それでは、台本台本。。(⌒∇⌒)

 

 

 

 

力の証明

IMG_8921_副本.jpga

 

矢野浩二がザックジャパン応援動画を投稿、中国ネットユーザーの反応は?―中国(YAHOO JAPANニュース)

もう10時間後ですね~

中国はサッカーファンが多いですから結構熱いですよ。

文化スポーツと国同士の問題は別であるべきだけど。。

でも仕方ないのかな。。。

とにかく、ワールドカップは世界が注目するスポーツの祭典。

世界の人達が選手のプレーに一喜一憂し盛り上がればいいね(笑。。いたって冷静)

でも、何とかザックジャパンには頑張ってもらいたい。

アジアの力、日本の力を世界に見せて欲しい。

それとザックジャパンはなんと言っても団結力だと思う。

その団結力の強さを示してもらいたいですね。

とにかくアジアの力を証明する為にもザックジャパン頑張れ!!

 

帳尻が合う

f703738da9773912f1a80fddfa198618377adab44bedcabc

これは次回作のポスターです。

こんな帽子被っておりますが、よく思われるような極悪野郎役ではありません。

普通の人間。喜び悲しみ憤りを感じる人間。

この”普通”が何を基準に言ってるのかわかりませんが、少なくとも当たり前の感情もってる人と言う意味で。。

彼は悲しんだ分、その後喜びを得る。

憤りを感じた分、感動を得る。

人生ってそんなものかもしれない。うまく帳尻があってるのかも。

失うものがあれば、その分得るものがある。

別れがあれば、その分出会いが待っている。

お金を使えば、その分入ってくる。

失敗すれば、その分チャンスがやってくる。

そういう普通の帳尻の合う生き方っていいよね。。♪ヘ(^ω^ヘ

 

みっともない自分

777d6797tw1egs4q8fp5vj20qo0f0ab6

 

天津衛視《秘境》どうでしたか?

危険な秘境の奥地に進入しましたが、結構ロケは大変でした。

昔、川口浩探検隊っていうのありましたが、なんかそういう部分を彷彿させる部分もありますが、僕らは“マジ”でやっております。

僕が中国の娯楽番組でこんなに“素”を見せたことはないと思います。

いつもは快活なキャラクターですから。

秘境という特別な環境が自分に何もかもさらけ出させてのかもしれません。

あの感覚は僕にとって最高の収穫でした。自分は番組においても芝居においても、時には自由になれてない部分がある。

うまく言えないが、もっと自分を解放すればいいんじゃないかと。

好き勝手にするというか、自分に素直になればいいんじゃないかと、どっちかと言うとそんな感じ。

気分がいい時は笑顔で、悪い時は不機嫌な顔で。

僕は不機嫌な時でも笑顔で居るから結構自分に無理してるんですよ(笑)

そういう時は素直に不機嫌で良いのではと。

高山病にかかり情けない一面を露呈しましたが、それも真剣勝負の証。

今回、みっともない自分をさらけ出したのも自分を素直な状態にしたから。

自分を表すということは、その中にみっともない自分があるということ。

綺麗なものや格好のいい中に、本当の自分は存在しない。

そういうことだと思います。

 

 

秘境

4a6c545ejw1egckx53h1mj20q00yo48r

 

人間誰でも難しい道より楽な道の方がいいですよね。

ほとんどの人は自分がどの地点にいるかなんてことはあまり考えず
いつもの道をいつものように歩いているだけ。

平坦なリスクのない道

でもこれじゃ結局成長しないから、そのうち不安なことが迫ってくる。

時には、初めてのこと、分からないことを挑戦してもいいんじゃないかな。

演技もそう、毎回違う人物を演じる。

一つの世界に深入りしすぎると、思考が凝り固まって、何か変化が生じたとき、対応しきれない時がある。

そうならないために、他の世界を見ることもときには必要。

今回、天津衛視の探検番組《秘境》のロケに参加した。

中国は国土が広いですから沢山の秘境がある。

特に四川省には数多くのミステリアスな場所がる。

少し怖いんだけど。。でも踏み出せば、何かあるはず。。

躊躇せず、試しに前へ踏み込みましょう\(^o^)/

 

 

100のドラえもん

IMG_8571

 

ゴールデンウィークですね。

娘のために行ってまいりました「100のドラえもん 秘密の道具博覧会」へ。

北京のイオンで開催されてるんですが、人は多いかなと思ったけど、本当に人多かったです。

もうみんな100体のドラえもんの周りで記念撮影。うちの娘はその間をうろちょろ俳諧。僕は娘の後を追っててんやわんや(笑)

《北京日本人会総会》でも話しましたが、日本のアニメは沢山の中国の人達に愛されている。その代表がドラえもんかもしれない。

僕も数多くの中国の番組でドラえもんを唄って場が盛り上がった経験をしています。

もっと貪欲にこの日本の代表的な文化であるアニメを先頭に民間交流を活発にしていけることが理想ですね。

だって誰もがこのアニメを愛していますから。

この互いに共有できることを活用しないわけにはいかないでしょう。

会場を去るときは、子供も楽しんだし、盛り上がってる会場を見てなんとなく心地よい思いはしたんだけど、この余韻に浸ってるだけじゃ駄目なのかなとも思った。なんだろなぁ~この気持ち(笑)

 

 

 

 

人間

20140422 015
先日、北京日本人会総会トークショーにお邪魔させてもらいました。
普段は中国の人達を前に話すことは多いんですが、今回のように日本の皆さん
の前でお話するのは初めてでした。 … 緊張しましたねぇ~最初は
でも、ジョギングしてるかのように少しずつほぐれてきました。
異国に住んでる僕達はそれぞれにいろんな思いを抱えている。
共感できる部分もあれば、「いや、違う」と思う部分もある。
でも、そういうものをひっくるめて互いに分かち合うことが必要。
みんなそれぞれに持っている細い細いパイプ、僕はそれを”管道”と言いますが
その細い管道を束ねて太いしっかりしたパイプにしないといけない。
”人間”というのは、その名の通り人の間で生きること。
人なくして、困難を乗り切ることできません。
人を信じ、人に頼りましょう。
遠慮はいりません。
いつかは誰かの力になれるのだから。
ま、いろいろありますが上を向いて歩きましょ!
http://www.nihonjinkai.org.cn/html/iinkai/kouhou/201404/23-1731.html (2014年総会イベント 矢野浩二トークショー報告)

プロモーション終了

201404182229143448545

5日間に渡った映画《最佳嫌疑人》のプロモーション活動、

無事終了しました!

この3日間で13箇所の映画館で舞台挨拶をしました。

主役でもない僕が、主役並みに挨拶周りをさせてもらった。

分刻みの行動、行く先々での熱烈な歓迎、舞台挨拶での言うべき内容は大体同じ、

なんというか、昔東京時代の選挙の頃を思い出します。

なんとなくリズムは似てるかな。

でも慌しかったけど同時に楽しかった。

又作品に参加してこのようにみんなの前で作品を届けることが出来ればと思う。

プロモーションは終わりましたが、《最佳嫌疑人》は公開したばかり。

中国にいらっしゃる方々、見に行って下さいね~~o(*^▽^*)o

 

カワイイ

IMG_8341
もう日付は変わりましたが、17日は成都の映画館を5件プロモーションで行きました。
ちょっと疲れたかな。。 映画《最佳嫌疑人》の主役の男女2人。
ほとんどのファンは2人目当てに集まるんだけど、
2人がいない中、それも主催側の手違いで各映画館お客さんには2時間も待たせた。
でも、文句一つ言わず僕らが来るのを待っててくれた。
確かに、お目当て2人がいないので落胆してると思う。
だから、挨拶に来てる僕と監督も申し訳ない思いだった。
僕と監督が謝ったら「そんな謝らないで~!全然大丈夫だよ~!」とみんなの声が聞こえた。
誠意を持ってファンの皆さんに接する。 これは鉄則ですね。
映画はお客さんあってのもの。 それに身近にファンの人達と接するのはこういう機会がなきゃできない。
だからそのときにできる限りの事をしてあげたいと思う。
写真のように前から横から来られても受け入れる。
日本ではあまり見られない光景ですが、中国ではこういうファンとのつどいや映画の試写会、番組等でファンとハグする光景をよく見ます。 積極的にハグで向かってきますから。。
ファンにもはじらいはあるだろうけど、それを取っ払い、勢いで向かうんだろうね。。
でないと芸能人にハグで向かっていけないでしょう(笑) 中国の若い子達は積極的だね。
それに,身近にみんなと交流してると、いろんな声が耳に入る。
一番すごいのが、18歳の女の子がぼくに向かって「浩二、カワイイ~!」
これは僕もさすがに金縛りになりそうになりました。
「こいつおちょくってんのちゃうか~?」と思ったんだけど、
顔見たら結構マジな様子で言っている。
でも18歳の女の子が44歳のオヤジに「カワイイ~!」ですからね。
もう笑うしかありません。。(笑)
さて、明日はいよいよ映画《最佳嫌疑人》の公開です。 みんな、見てね~~~o(*^▽^*)o

第4回北京国際映画祭

126401612_13977043717651n
第4回北京国際映画祭に行ってきました!
自身”初”の映画祭の参加です。
楽しそうでしょう。 … なので大人気なくはしゃいじゃいました~~
こんな時ぐらいいいでしょう。
今は四川省成都にいます。
昨晩深夜の飛行機で来ました。
辛いもの駄目な自分が、ここで食べるものがあるのか心配ですが。。
食べ物はよしとして、何がよしかわかりませんが。。
今日も一日映画の宣伝しまひょう~~~o(*^▽^*)o

映画

6b807585gw1efg3cvaktgj20ed0i6wg2
005zFH0Tjw1efacjpnwa1j30u215ojza005zFH0Tjw1efacjuj43lj30u215own3dd4818b3gw1efg2qd16whj21kw11xk0b672311aagw1effyyu3hxuj20gy08xdi1
中国の映画ファンは実に多い。
多い分、評価も厳しいんだ~~(笑)
20そこそこの素人の子が『お前、映画評論家か~~?!』というぐらい、
作品に駄目だしをする。
僕はそういう子たちを結構見る。
中には本当に駄目なものもあるでしょう。
でも映画は娯楽。
基本は楽しむもの
どういうジャンルの題材でも楽しくワクワクできるもの、
それが映画だと思う。
試験官のように頭を硬くして見るものではない。
気楽にポップコーンかじりながら見る。
やっぱりそれが一番!
中国の映画ファンの皆さん気楽に楽しみながら見てねd(*⌒▽⌒*)b

青島

IMG_8258

 

映画《最佳嫌疑人》のプロモーション活動が始まりました。

青島に来ました。

青島と言えば、中国で一番のよく売れているビール・青島ビール。

だから、大麦をもっての記者会見。

北京だとここ最近、「おい、もう夏かい!」というぐらい蒸しっぽさを感じますが、

ここ青島は海に面してますし涼しい~~快適!

19日まで、中国5都市を渡ります。

明日は北京国際映画祭でレッドカーペット歩きます。

つまずかないように気をつけます(笑)

明日はCCTV6チャンネルで生放送してるとのこと。

中国に居る方は見てくださいね!

 

 

公開まで10日

公開まで10日です。
なんか不貞腐れた顔してます
こんな役ですから仕方ありません。 … 馬鹿みたいな役ですが、哀愁を感じてくれれば嬉しいです。
人って面白いもんで、笑ってほしい時に人に笑われたらメッチャ嬉しいですけど、
笑ってほしくない時に人に笑われたらメッチャ腹立ちますよね。
当たり前だけど。
今作は僕のところは自由に笑って頂いて結構~コケコッコ~~で~す(〝⌒∇⌒〝)

天使の城

b04f00f3gw1eevk5i183nj21jk26c4i1

 

美女3人がメインのドラマ。僕も出演しています。

天使シリーズ第2弾中国ドラマ《天使の城》、年末に中国で放送予定。乞うご期待!

そして昨年中国で放送し、高視聴率だった天使シリーズ第1弾中国ドラマ《今宵天使が舞い降りる》が

なんと日本で放送が決定しました!愛情、婚姻、育児、その中で奮闘する女性達の姿をコミカルに描いた

ドラマです。少子化が問題となっている日本から見ても共感もてる内容だと思います。

6月から東海テレビ、千葉テレビで毎週夜8時から放送します。

ちなみにこれには僕は出ていません。

でも所属している北京の事務所が撮った作品なので、見てくださいね~!

 

 

 

男は40から

59e10e3fgw1ef6uvnaf5vj208w0dcdgq

《天天向上》の司会者汪涵さんが今日お誕生日だったんですが、

天天兄弟の一員としてウェイボーでお祝いをしました。

確か、彼も40越えだと思います。

『男はやはり40から』というのを20代の頃に聞いたことがある。

今考えれば正にその通りだなと感じる。

20代、30代は、心が定まってなかったように思う。

アメリカの大統領リンカーンが『男は40歳になったら自分の顔に責任を持て』と言っているけど、

自分は責任は持ててるかどうかわからないけど、責任ある言動をしていこうと心がけてはいる。

結局はまだ努力真っ只中の40代なのだ~!

 

 

笑い

13
北京の対外経済貿易大学で講演しに参りました~!
講演と言っても真面目な話をほとんどありません。
去年の重慶での講演で経験済みでしたから。 … 去年は、張り切って真面目なトークを準備していたら、それが全く反応な
く静まり返ったので、慌てて話題を笑い路線に切り替えたということがあ
りましたから。
今回は独演会のノリですね。
でも13年前、ニーハオ、シエシエしか言えなかった僕が大学で講演という
のもちょっと笑っちゃいますね~~(*^.^*)
人生って面白いな~~(*^-^)
でも学生達とのこのような会は僕にとって大きな意味があります。
13年中国でやって来て、この地で経験したこと全てが感謝。
そのせめてもの恩返しもしたいと思う。
上から目線でみんなに語りかけるのはしたくない。
みんなと思いを分かち合うという姿勢。
そこには“笑い”が必要。
互いに笑いあい、それを共有する。
笑いは人と人を繋ぐ最大の近道。
眉間に皺ばかりよせてないで、たまには笑いを忘れずに。。
また、こういう機会があれば喜んで参加したい。
みんな共有できる笑いを提供しまっせ~~o(*^▽^*)o~♪

するめ

客観的に思うんだけど、
ある人は「それゃ、中国人は人口が多いんだから、当然じゃん!」と
言う人もいるけど。。 … 人口が多いからではなく、比率から見ても明らかに日本の文化に関心
又は興味を持っている中国の若者が、中国文化に興味をもっている日本人より多いと思う。
日本文化はイカのするめと同じ、噛めば噛むほど味が出て美味しい。
この国は知れば知るほど興味が沸く。
だからこそ、いかに伝えるか(日本文化を紹介)、
いかにたくさんの人を迎え入れるか(観光、留学など)が重要になる。
真っ直ぐに、日本の文化を楽しんでいる中国の若者を見ると、
“希望”を成就させる日は決して遠くはないと感じる。
信じる思いだよ。
それが実現に導く。

嫁姑の関係

 12yano
いくつになっても褒められたい。
子供のようですけど、でも大人も褒められたい
その一言が救いになり、やりがいになり、生きがいとなる。
これからもみんなの応援のお言葉一つ一つが僕の生きがいになるんです。
みんな~~僕に生きがいをくれ~~~(o^-^o)
最近、ミニブログでこんな書き込みがあった。
“你像婆婆跟媳妇之间的为难的丈夫似的” (あなたは嫁と姑の間で困っている夫のようだ)
例えが面白いねぇ
言わなくても分かると思いますが、嫁姑というのは日中を指してるんですけど、
でも、どっちが嫁で、どっちが姑?
どっちでもいいですけど。。
でも、嫁姑の関係が良くなってもらいたいのは夫としては当然ですよね。
健康で、平安で、楽しくやってもらいたい。。
でないと、俺はまっすぐ家に帰らんぞ~~~=^-^=
先に新橋で一杯ひっかける!ヽ(´▽`)/

バランス

dd4818b3tw1ednfowld7zg20b40b448e
映画《最佳嫌疑人》が来月4月18日、中国全土で公開決定しました。
ジャンルは推理ものです。 中国の映画・ドラマでの日本人のキャラは、
歴史ものが多いということから悪役のキャラが多いですが、今回は現代ものであり笑える日本人のキャラ。
笑って下さいな。 笑うかどには福来るというじゃないですか。笑う者、笑われる者に福が来ます
とことん笑い、笑われましょう。
中国の作品で笑われる日本人キャラはあまりないと思う。
どちらかというと、見た後に憤りを感じる日本人像が多いですから。。
先日、ある日本の記者さんから、抗日作品についてインタビューしたいと言われましたが、あまり受け入れられなかった。
なんだろうねぇ~~。。相変わらず同じような内容の記事であることが目に見えてわかるので、
報道の自由も大事だけど、伝える側のバランスも共に大事じゃないですかぁ~って逆に申し上げちゃった((^┰^))
だってあまりにも聞いてる質問が旧態依然で、そんなの日本で出まくった内容の質問なんで。。新鮮味がない。
目の前にある問題を否定するのはいい、でもそれでけでは駄目でしょう。
それと、今までにないプラスの変化もスポットに当てて伝えなきゃ。 偏りすぎ。。
なんでも、バランスだと思います。
遠まわしにその記者に「映画《最佳嫌疑人》にもっと関心もって!」って言いたかったけど、最後まではっきり言えなかった。。
意外と小心者の僕でした(*^.^*)

IMG_4311
今日は3月9日。
サンキューの日とも言いますが。
今日だけに限らず、毎日感謝の気持ちをもってやらなきゃ。
悲しい事故、事件が最近でもありました。
当たり前のことが、当たり前にならず予期せぬ事が発生することがある。
だから、当たり前であることが何よりも平安で幸せなことなんだと感じ
る。
さすがに男も40を過ぎると意味ある毎日を送ることを重視するようにな
るよ。
遅かったかもしれないけど、今気がついただけでも良いんじゃないかな。
毎日、何でもいいから充実を感じられることをして過ごしたい。
雑に毎日を過ごしたくないというか。
若い頃は雑だった。
生活リズム、食事習慣、仕事に対する観念全てが雑。
今でも雑な部分はあるけど、それでも少しでも改めたいなと思ってる。
改心し毎日を過ごしていく。
そういう気持ちが大事。
現在《記憶の証明》以来11年ぶり、楊陽監督の現代ドラマ《天使的城》に

参加しています。

役柄は日中ハーフの会社社長。

又、尊敬する楊陽監督の作品に出演できることは光栄、且つ心ワクワクす

る思い。

刺激、緊張を十二分に味わうことができる楊陽監督の作品、楽しみにして

て下さいな~~(o^∇^o)

信じる

P3028607_副本.jpg1

 

ここ数日はドラマの撮影、そしてCCTVのドキュメント番組が現在密着し

ています。

素の思いを聞きたいということで、今回はプライベートから撮影現場まで

密着されてます。

と言っても、何も大したことは言えませんが、その真剣な姿を見てもらえ

れば何か感じてもらえる、そういうものを収めることができればと思って

ます。それと、人との関わりも収めていきたい。

基本的に、僕は人を疑ったりすることが少ない人間で、人との関係でも

『騙すより騙されるほうがマシ!なぜならそれの方が楽だから。』という

考えの人間。

人を信じる。

今年の大使館で行われた日中成人会での中で、

成人の皆さんに伝えたメッセージ。

人を信じていたい、人との関係、友情、それは生きる上で何よりも大事な

ことだと思います。綺麗ごとではあるけど。。

でもそれがなかったら滅茶苦茶寂しいですよね。

誰に対しても、人を信じていたい。

今までもそうだし、これからも。

それが僕の希望です

活宝

IMG_5053_副本.jpg1_副本.jpg1

最近、役者に対しての観念が少し変わってきた。

以前は、「国籍関係なく、みんなに感動を与える演技をしたい」などの思いがあった。

それはそれで良いこと。

でも一番は、見てる人を喜ばせることじゃないかなぁと。

実はどんな人物にも笑える要素が含まれてるんじゃないかと思う。

言い方悪いけど頭から先までクソ真面目な人間もいないだろうし、でもそういうクソ真面目人間が居たとしても

クソ真面目だからからこその笑いが又あるだろうし。

役者は表現を通して人を喜ばせることが大事だと思ってる。

シンプルに考えて、見てて喜びがないと面白くないでしょう。

その喜びがお腹が痛くなるような笑いであろうが、泣き笑いであろうが、馬鹿笑いであろうが、含み笑いであろうが、

とにかく、人を喜ばすことが基本であるべきじゃないかと思う。

それが役作りの出発ではないかと改めて感じる。

それは、どういう役においても。

いかにしてその人物の三枚目的な要素を探すか。

でも、これらは僕の独自の考えなので決して正しいわけではないと思う。

ということで、能天気で破天荒で、それでどこかがずれている、

自分がずれている事も気づいていない、

そういう笑えるキャラクターが、4月公開予定の映画《最佳嫌疑人》での役どころ。

このキャラクターは一言で言えば濃い!三枚目要素、探す必要のない役。

春、乞うご期待!

 

 

 

 

 

春節快楽

4a6c545ejw1ed1ui4vcicj20dc0hstaq

 

春節快楽~~~!!

中国の皆さんは今日がお正月。

今日から新しい1年の始まり

日本人にはただの普通の日、正月の感覚はない

でも中国人には1年で一番大事な日。

都会に出て仕事をしてる人達は、何が何でもこの日には故郷に帰らなければいけない観念が日本人以上に強い。

そして家族・親戚で集まって火鍋をつつく。

家族の絆をこの旧正月で確かめ合うそういう機会でもある。

僕はさすがに昨年の24日~1月3日の年末年始を日本でゆっくり過ごしたから、

自分の中では“正月モード”というのはすでに過ぎた感があるんだけど。。

それでも、中国の人達のこの時期をみんなで享受しあう思いは

よくよく理解できる。

クリスマス、ハロウィンなどなど西洋文化の習慣がここ数年目立ってるけど、やはり自国の習慣は守っていかないと。

今年はやはり環境の問題からか爆竹が少なかったように思う。

街で爆竹を販売してるおじさんもほとんど見られなかった。

環境のためにはいいんだけど、この“爆竹”というのも中国の春節ではなくてはならない伝統習慣。

それが少なくなってるというのも複雑な思いが。。

またもや、ここで矛盾が生じるんや~~。。

とにもかくも、みなさんにとって健康で楽しい馬年でありますように(*’ω’ノノ゙☆

 

13回目

中国で13回目の誕生日。

正直、『誕生日や~~!』って喜んでる年齢ちゃうし、元々、誕生日を祝ってもらうのに照れがあるから、あんまり外出たないんやなぁ~~(笑)

誕生日は自分の事だけじゃないんかもね。

自分を生んでくれた父母に心から感謝する日なんかなと。。

ありがとう、そしておめでとうと。

だから自分の娘が誕生日を迎えたら、その時初めて自分が感謝され、おめでとうと祝福されるべきやなヾ(o´▽`)ノ゙

もう年齢のことは考えたくないけど、これからもやはり何事も“継続はほんま力なる”という思いを強くもってやっていきます!

昨晩次のドラマの台本改訂部分が又出て、外出て『わぁ~~い!』というわけにはいかなくなったけど、でも今はみんなに“おめでとう”と言われる幸せを充分感じてる。

ありがとう俺の27歳の誕生日のために(〃^∇^)o彡☆

明日からも一生懸命に20代を謳歌するね!

 

 

<日中友好成人式>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
成人式。。
思えば自分にとっては遥か昔の話。
今日来ていた成人は93年生まれ。 … それも平成生まれ。
俺は昭和
昭和の自分から見れば93年なんて、一昨日のような感覚やね。
この中国にも期待と不安を背負った新成人が沢山いる。
日本、中国の新成人たちが集まってこのような会が設けられるというのは非常に喜ばしいこと。
若いみんなの力が日本と中国の交流に大きな助けになる、自分はそう信じてる。
国と国の間に問題があっても、我々民間の交流には微塵も影響されない、
そういう雰囲気を形成することが究極の目標。
本来そうでなきゃいけないんやけど。。。
今後このような民間交流を一つでも多く開催し、
そして”継続は力なり”毎年開催されてほしい。
自分が今回、新成人のみんなに言いたかった事は、“人を大事にする”という思い。日本人、中国人、関係ない。

人を大事にする、人を尊重する思い。

日本での9年間、中国での13年間、自分は人に支えられ、助けられ、

励まされて、ここまで来た。

これからもみんなに支えられながら生きていく。

自分の周りの人達を大事にし、感謝する、そして自分の事に邁進する、

そのような姿勢が一番大事だと言うこと。

そうすれば、日本人とか中国人とか分け隔てた思考を超越した、

人間としての絆が築けるはず。

なんか今日は笑顔で寝れそうや。。(〃^∇^)o彡☆

ものさし

やしきたかじんさんの訃報。

大阪に居た頃からたかじんさんの番組が好きで良く見てました。

歌も大好きでした。

一ファンとして非常に寂しく、そして残念でならない。

たかじんさんの長いものに巻かれるのを嫌うところや、東京至上主義を違

う部分などは理解できる。

大阪のものさしは東京のものさしではない。

同時に東京のものさしも日本のものさしではない。

それに日本のものさしは世界のものさしではない。

世界のものさしはみんな違うということ。

やはり客観的に物事を見る力が必要

グローバルな思考。

たかじんさんは正にグローバルに物事を思考する方だったと言える

長いものに巻かれる部分が人間にはある。

大多数がAを選択すれば、あたかもAを選択することが当たり前のような雰

囲気が形成される。

Aを選択する問題点など微塵も考えようとしない。

そしてBを選択したものに対して「なんだこいつ?」と懐疑的に見る。

大多数で形成された正論が必ずしも正論とは限らないということがあると

いうこと。

そこで何を知らなければいけないか?

世の中にはいろんなものさしがあるということ。

その沢山のものさしを知っていくことが、必要になってくる。

役者の演技もいろんなものさしがある。

国と国の観念も違うものさし。

ものさしの違いを認め合い、違いを理解する努力が互いに必要。

互いに批判しあってばかりではキリがない、やろ?

現実の世界

新年、明けましておめでとうございます!

2013年の年末、そして年始とゆっくり穏やかな正月を過ごした。

都内、大阪、奈良といろんなところ行って楽しく過ごし、そして美味しいものも沢山食べた。

昨年いろいろあった一年やったけど、そういう中で頑張った自分へのご褒美で、年末年始はゆっくりしたかった。

特に中国に行った13年間で今回は初めてお正月を日本で過ごせた。

旧正月は中国やけど、

お正月はやっぱり日本がええわぁ~

お正月。

紅白見て、年越しそば食べて、初詣行って、御節食べて、定番路線でお正月を過ごすのもええけど、のんびりと共に楽しめるものであれば、何でもいいんちゃかなと思う。

俺が楽しんだのは3歳になる娘と二人で芝公園を散歩しながら一つの焼き芋を2人で食べたことやな。。

あの焼き芋はうまかった。

共用して共感できるもの、それが幸せな時間を過ごす秘訣なんやろう。

さっき北京に戻ってきたばかりやけど、

なんか現実の世界に戻った感じやなぁ。。

でもその現実の世界がないと、生きるうえでの刺激も得られへんし、

今回のような穏やかな時を過ごすこともでけへん。

今年一年、又現実の世界で奮闘していきます。

いろいろ大変なことはどこに居ても、いつでも同じ。

今は特別ではない。

いつもの一年をいつも以上に奮闘していきます。

どうか、今年もよろしく応援お願い致します~~!!