Blog

BACK NUMBER

最新の記事

2015年12月25日
投稿者:mamuo
日時:2015年12月25日 03:11

今年も残すところわずか。

20151218_205336_mh1450443293142

20151218_205336_mh1450443293142

 

 

 

 

 

自分の理想に近づいていけた、その余韻を残しつつ2015年を終える形になりました。

今年は映画の出演に恵まれた。

コメディ映画《恋愛教父》、コメディな役《不许动》 、ジャッキーチェンの新作映画《鉄道飛虎》、王学圻監督の映画《優しい銃弾》。どれも個性豊かな役柄でした。

ドラマでは新境地とも言える中国古装劇《海上牧雲記》にも出演。

4,5月と北京、ロンドンの国際映画祭に出席。

8月には外務大臣表彰に表彰されることが発表された。

11月には久々に日本のドラマ《黒蜥蜴》に参加。

12月29日は中国語版自伝《有梦 不怕路远》が出版される。

こう見ていけば、今年も充実な一年だったと言える。

来年はいろんな意味で変化の一年になるだろう。

ただ変わらないのは信念だけ。

ここは変わる必要もないし、変われない。

綺麗ごとは聞きたくもないし、言いたくもない。

自分の理想とする道を信じて進むだけ。

それだけを考えてやっていきます。

ようやくだね。。。

2015年、ありがとう。そしてサヨナラ。

 

2015年12月18日
投稿者:mamuo
日時:2015年12月18日 03:18

江戸川乱歩誕生120周年没後50年記念ドラマ「黒蜥蜴」出演決定!

12391372_414245928786760_8356607660376264475_n

12391372_414245928786760_8356607660376264475_n

 

 

 

 

 

 

写真は今撮影しているドラマ《海上牧雲記》。

中国朝廷役を演じています。

日本人が中国皇帝ものに出るというのはあまりないかもしれません。
例えになるかわかりませんが、ある中国人俳優が日本の時代劇で武士を演じるようなもの?(笑) それぐらい、あまり見れないことかもしれません。
この得難い機会を楽しませてもらって演じさせてもらってます。
ちなみにこの衣装、重さ10キロあるんですよ~!
俳優も楽じゃありません(笑)

得難い機会と言えば、これも得難い!

関西テレビ・フジテレビ系スペシャルドラマ「黒蜥蜴」で矢野浩二が出演致します!

矢野が演じるのは、刑事・磯沼和範役。

江戸川乱歩誕生120周年没後50年記念ドラマ「黒蜥蜴」
【日時】2015年12月22日(火)21:00-23:18
【放送】関西テレビ・フジテレビ系
※真矢ミキさんが主人公・黒蜥蜴、剛力彩芽さんが事件のカギを握る令嬢・岩瀬早苗役で出演なさいます。

ぜひご覧なって下さいね!!

http://www.oscarpro.co.jp/#/news/entry/75623

 

 

2015年10月17日
投稿者:mamuo
日時:2015年10月17日 17:30

2016年 ドラマ《少帅》

4a6c545ejw1ex45qzu93oj20zk0on40n

 

 

4a6c545ejw1ex45qzu93oj20zk0on40n

 

2016年新春 張学良の生涯を描いたドラマ《少帅》 北京衛視放送スタート!

 

 

 

4a6c545ejw1ex45rf722tj20et0m8abn

2015年8月27日
投稿者:mamuo
日時:2015年8月27日 10:22

家族に乾杯

mmexport1440416550795

mmexport1440416550795

 

久々に北京の下町・南锣鼓巷に来ました。

ここは自分が北京で生活を始めた、いわゆる原点の場所。

相変わらず、北京の下町の人たちは愛嬌がありますねぇ。。

とは言っても、結構地方の人が多かったです。

首都はどこでも同じですね。

今回はテレビ東京≪未来世紀ジパング≫の密着。

でも、僕が中国の街を練り歩くと、いつのまにか≪家族に乾杯≫みたいになってました。

中国版≪家族に乾杯≫、これは、自分でいうのもなんですが、自分しかできないでしょう(笑)

それもこれも、中国の人たちは自分を見て、構えることがないんですね。

自分を見ると砕けてくれる。

構えると砕けるでは態度が全く違います。

気を許してくれるというのが、自分とみんなの間で温かい雰囲気を醸し出す原因となっている。

いつか、機会あれば日本でも、中国でもこういう番組やれたらいいね(v^ー°)

 

2015年7月19日
投稿者:mamuo
日時:2015年7月19日 01:06

转型(変化)

20150713_133045_001_mh1436767777712.jpg1

20150713_133045_001_mh1436767777712.jpg1

 

 

 

 

 

 

汪涵(ワンハン)から天天兄弟の栄誉リングを頂きました!
天天兄弟は永遠だ!
ここ数年は俳優の仕事に集中させてもらってるので、《天天向上》はご無沙汰してます。
ある人が日中関係の影響で浩二は《天天向上》に出てないんだと言ってますが、
それは違います!
今後、日本のゲストが出ることがあれば、いつでも盛り上げに行きますよ~!
現在は、現代ドラマの本読みに集中してます。ありゃ?まだ、当分戻れないわ~(笑)

突然ですが人間はいろんな人がいる。
事情もわからないのに、好きかってな事言う人がいる。
でも、根本的には別にそんなに違いはないと思う。
この世界は小さな蟻から見たら
男であろうが女であろうが
若かろうが年とっていようが
中国人であろうが、日本人であろうが、アメリカ人であろうが、
大きな生き物にしか見えない。
蟻から見れば、僕らはみんな同じ。
そんな変わらないと思う。

でも、役に関して言えばそうではない。
いろんな役がある。日本人の役もさまざま。
中国ではいつも同じようなただ悪いだけのイメージの軍人役をよく見る(笑)

最近、あるインタビューで「矢野さんはどのような役者を目指してるのですか?誰か尊敬する俳優はいますか?」と聞かれた。
自分は「ここでは言えませんけど、尊敬してる俳優さんはいます。自分は彼のお芝居が好きですが、彼になりたいとは思っていません。まず彼になりたくてもなれませんから。自分はどの役も個性のある人物を演じ続けていきたい。ただそれだけ。300シーンの役であろうが、3シーンの役であろうが、善人であろうが、悪人であろうが、個性のある人物を演じていきたい。
だから、中国ではよくある単調で滑稽な日本軍人役は今は演じていないが、今後も演じることもないでしょう。でも個性のある人物なら喜んで受ける。

ここ8年、自分が演じた日本人役はドラマ《狙撃手》での冷血なスナイパー、目と表情でその人物を表現することに集中した役。
ドラマ《翡翠鳳凰》では幼馴染の中国の友人との絆が、戦争によって友情が崩れていく。戦争、そして軍部に対して矛盾と絶望を感じる日本軍人。
ドラマ《特战先锋》そして映画《東風雨》では、リスクと危険が背中合わせの中、反戦同盟員として命をかけて任務を遂行する日本人スパイ。
ドラマ《養母》では 戦争によつて中国の女性に育てられた姉の子供を日本に連れて帰るため、北京へ。そこで、中国女性の強靭な精神、そして優しさに触れ、思い改める日本人の役。この役は自分に非常に近い思想をもっている。

ドラマ《浮沈》では日本企業の社長。彼は苦行僧のような精神状態の人間’。

ドラマ《烽火双雄》では戦争時代の実在人物・日本八路。
ドラマ《战神》では命を懸けて正義を貫いた日本人スパイ。『平和を愛する日本人なら、私の行為を理解してくれる』という言葉は現代社会にも通じる大事なメッセージ。
ドラマ《少帅》では、平和といういう望みを最後まで捨てなかった日本軍人。
ドラマ《天使の城》では仕事に情熱を注ぐ中国人役。
そして映画《最佳嫌疑人》と《恋爱教父》では中国ではあまり見ることのないコミカルな日本人キャラクター。

見てる人が自分の役を見て、少しでもいいから思考や啓発をしてくれれば、こちらとしては大満足。何も感じることがなかったら、役者にとっては不幸なこと。
今の中国での日本の軍人役にはそういう思考や啓発を感じる役がほとんどないのが現実。
身体が強靭で、ひげ面で汚く、滑稽な日本語を話すのが日本の軍人だというイメージが固定されているのも残念に思う。もう少し多様化した人間像を表現していくべきだろう。
自分はこれからも個性のある人物、日本人の精神、文化、習慣を伝えることにただただ追及していきたい。そういうことを中国の視聴者に演技を通じてメッセージとして伝えていくことが、役者ができる特権。
なぜなら、それが日本人の役者が異国の人に見せる唯一の出来ることだから。
従来の日本人へのイメージを180度変えられる。そういう役を演じ続けてていきたい。それが、自分の究極の目標。
ハハ~~今日は語ってしまった~~!

2015年5月30日
投稿者:mamuo
日時:2015年5月30日 00:13

分かりあうために

001_4844-_副本

001_4844-_副本

 

今、少し困ってる。

ある特別な作品の依頼がきているのだけど。。

やりたい。

でもそれを引き受けるにはプライドを捨てなければならない事情がある。

詳しいことは言えないけど。。分かる人は分かるかな。。(笑)

でもプライドってクソくらえだね。。

自分が後ろに下がって、相手の意向を尊重することによって、

自分の理想を得ることもできる。

一歩下がって勝利を得るということ。

それもいいでしょう。

役者っていうのはその人の心を表現するんだろうね。

傷つけあうためではなく、

みんなが分かりあうために。。

そのために、俺は引き受けるよ。。

2015年5月20日
投稿者:mamuo
日時:2015年5月20日 16:16

“勢い”を感じる瞬間

mmexport1431986098344

 

mmexport1431986098344ここ数年の中国映画の盛り上がりは凄いものがある。

僕はここにいて肌で感じますね。

冗談でこんなこと言う人もいます。

『ハリウッドで売れたかったら、中国にいれば実現できる可能性があると。』

最近、アメリカとの合作も多いからだろう。

グローバルな合作が多いのは事実。

中国映画は今、チャイナブランドを世界に発信している。

日本映画もこのようなことが出来ればいいのに。

そして中国との合作を数多く実現できればと思う。

少し前は、『何かこれをやりたいんだけど』と思っても、

ただ口にするだけで、前に進めなかったし、進むとも思っていなかった。

今は、『これをやりたい!』と思ったら、大変だと思うけど、なんとかなるんじゃないかと思ってしまう。すぐ企画に入る。

それがここ数年のチャイナの“勢い”を感じる瞬間です。

まだここには違う伸びしろが埋まってると思いますよ。

2015年5月9日
投稿者:mamuo
日時:2015年5月9日 09:03

天天兄弟全員集合

20150507_110721_mh1431127452871

20150507_110721_mh1431127452871

チェコのプラハだよ~~

欧弟の結婚式に出席しました。

久々の全員集合。

酒がすすんでいろんな事をみんなと話した。

いろんな事が変わろうとしてるのかも。。

こうやってみんなと会える日を心待ちにして2年半

6人の男はそれぞれにいろんなものを背負いながらやっている。

それぞれに違うキャラクターの6人。

違うからこそ、互いを認めあっている。

ライバルとかでもなく、妙に励ましあってるわけでもなく、

でも、互いに気にかけてる仲間。

どこかで繋がっている。

それでいい。。

太い絆などいらない。

繋がりがあればそれでいいのだ!なんでバカボンのパパ口調?(笑)

2015年4月13日
投稿者:mamuo
日時:2015年4月13日 11:32

《恋愛教父》殺青!

5X7A1693 (1)_副本_副本

5X7A1693 (1)_副本_副本

 

 

充実感と虚脱感。40日間奔走してきました映画《恋愛教父》がアップしました!

今回の役どころは海外から戻ってきた下着デザイナーという面白いキャラクター設定の役でした。

女性が理由で墜落した男三人が、ある日団結し3人の女性に爆笑物の破天荒な“復讐”をする。

コメディなんですが笑いあり涙ありの作品。

コメディは大好き。

なぜなら、準備段階から頭を柔らかくして役柄を作り上げることができる、ストレスがたまらない。

“こんな表現したら面白いなぁ~”という胸躍る楽しさがある。

基本、自分が楽しまなければ、観衆も楽しまないと思う。

だから、あまり考えすぎずに自由に役作りができるコメディは楽しい。

一つ異議を唱えるなら、中国での作品は検査が厳格なので、コメディだとわかっていてもあまり卑猥な表現や言葉はできない。

その辺が遺憾かな。。(●´・△・`)

事前準備した80%は使用禁止でした。。(笑)

 

ここ2,3日頭をぽか~んとさせたい。

ゆっくり子供に絵本を読んであげたい

ゆっくり家族で食事がしたい

ゆっくり家のお風呂につかりたい

とにかくゆっくりしたい

16日、北京国際映画祭のレッドカーペットを歩きます。

これもゆっくり歩くぞo(*^▽^*)o♪

 

 

 

2015年2月15日
投稿者:mamuo
日時:2015年2月15日 15:08

《NEWS ZERO》

《NEWS ZERO》皆様、ご覧なってくれましたか?
沢山の方から、メッセージを頂戴してます。
スタッフ,関係者の皆様の『伝えたい』という思いが感じられ、大変有難く、そして嬉しく思っております。
日中関係の話題と言えば今まではマイナスな話題が比較的多かったですが
今回のような角度からの報道メッセージは稀にないものだと思います。
そこにスタッフの皆様の情熱を感じました。
人には心の声があります。
幸い、自分はこのような俳優という仕事をさせて頂いてるご縁で今回のような自分の心の声を伝えさせてもらう機会を頂きました。《NEWS ZERO》スタッフ関係者の皆様には心から感謝しています。
選挙映像にはビックリでした!
あのような映像が残ってるというのも凄い!
日本のテレビ局の映像資料の膨大さを伺えます。
今後日中関係はさまざまな岐路があるでしょう。
ですが、自分は変わらず日中間の間で“希望”そして“期待”を伝えつづけたいと思います。
冷静に平静にです。
今回の特集は僕にとって『矢野、頑張れ!』と励ましのエールを送ってくれたものだとも感じております。
これからも、一つ一つ精進して参りたいと思います。
テレビを見て下さった方からメールでこのような声を頂きました。
『日中友好のために撮影現場でひとり闘われている姿に、感謝と尊敬の気持ちと、勇気をもらいました。矢野さんは今まさに、中国の人々と歴史をつくっているんですね。』
歴史と聞けば、何か大袈裟なように思えますが、よく考えて見ると何かを変えていく、変わっていくということはこういう事かもしれないなと。みんなで作っていくものだと。それは価値観であったり、観念であったりいろいろです。
そこには心の声を伝えたい強い思いがなければなりません。
それを思い続ければ、何かが変わることに繋がっていくんではないでしょうか。
今、中国は年末の雰囲気です。もうすぐ春節(旧正月)です。
春節明けから新作の映画がクランクインします。
中国現代恋愛コメディ映画の主役の一人をさせて頂きます。
変えたい、そして伝えたい思いを大事に次回作突っ走っていきたいと思います。
今後も応援よろしくお願い致します。
2015年2月9日
投稿者:mamuo
日時:2015年2月9日 03:16

強い気持ち

4a6c545ejw1ep1z84jq9zj20ez0qogm2

4a6c545ejw1ep1z84jq9zj20ez0qogm2

日本に帰るというのに、自己至上最短の21時間滞在。

打ち合わせなんですけど、8日夜に羽田に着き、9日午後打ち合わせ、9日夜には北京に戻ります。

今回はこんな感じなので、東京のお友達にはお伝えしてません。

ご理解を!

あまりにも短時間滞在だからね。。(笑)

いつも日本に戻る時は特別な感情が湧き出てくるんですけど、

今回は滞在時間が短いからなのか、一種の出張感覚でいる。

国と国をまたいだ感がない。

でもこの感覚は僕にとっての理想でもある。

そういう動きをやっとできるようになる。

これからどんどんしていければいい。

理想をもち続ければ実現する可能性が生まれる。

それを信じているから。

友達が言ってくれた『中国のネットでファンが言っています。日本人である浩二が

中国のドラマで英雄役を演じるんだから、この世に不可能なんてない』と。

本当にそうかもしれない。

10年前には『そんなのありえねぇだろう!』ということが今は実現している。

自分が証明しているんだから、これからも不可能を可能にできる。

必要なのは強い気持ちだけ。

内幸町の夜景を眺めて寝ます。

おやすみなさい。。

 

 

2015年2月4日
投稿者:mamuo
日時:2015年2月4日 10:05

新しい旅

4a6c545ejw1eoxejdft9fj20hs0np3z4

 

 

4a6c545ejw1eoxejdft9fj20hs0np3z4長い旅でしたが、ドラマ《少帅》がクランクアップしました。

ほっとするのもつかの間、又次の旅への準備です。

旧正月明けには新しい旅が始まる。

新しいものに取り組むってワクワクするしドキドキする。

その思いをカムフラージュする為にこんな顔してます(笑)

 

 

2015年1月12日
投稿者:mamuo
日時:2015年1月12日 22:13

《日中友好成人式》

去年に続き、今年も《日中友好成人式》に出席しました。

このような式に出席できることを中国で生活している日本人として光栄に思っています。

僕は“友好”という言葉をあまり使いたくない。

なぜなら、それは当たり前のことだから。

しかし、このブログ内では言いたいな。

今までも、そしてこれからもなにがあろうとも、僕たちは友好であるということ。

このような式では「日中友好のため。。」のような言葉は言いません。

昨日はみんなに自分の気概の話をしました。

僕は講演やこのようなみんなの前で話をする時は、みんなにメッセージを送っている。

そのメッセージは自分に対して鞭打つ意味もある。

自分に対しての確認というか、気づかせる意味。

思えば20年前、日本での俳優人生。泣かず飛ばずでした。

全く良い機会に出会えなかった。

大きな土俵に上がりたかった。自分に注目をする人は誰もいなかった。

その時、1999年12月当時の所属事務所のマネージャーから電話があった。

「中国でのドラマの話がある。やりますか?」

迷わずやりますと答えた。そして2000年4月初めて北京に来、3ヶ月間撮影をした。

撮影を終え、即決意、「中国でやろう!」と。

その根底にはリベンジ精神みたいなものがありました。

日本で誰も自分を相手にしてくれなかったから。

自分の心には「なにくそ!」という思いがあった。

さすがに14年経った今はそういう思いはありませんが。。(笑)

人生の節目節目にはこのような気概が必要。

この気概が自分を次の行動に導いてくれる、そのように思う。

そして変化を恐れないこと。

変化なくして成長なし。

個人も世の中も必ず変化する。

だからもやもやした日中関係も必ず変化する。

新成人の皆さんも「なにくそ!」精神でこれからの人生頑張ってもらいたい。

成人式は遠い昔に過ぎましたが(笑)僕もこの気概をもってこれからも奮起しますよ!

北京で日中合同成人式、駐中国大使や俳優・矢野浩二氏らが新成人を祝福―両国の大学生250人が参加

 

 

2015年1月3日
投稿者:mamuo
日時:2015年1月3日 22:04

《関口知宏のアジアで生きる流儀》

昨日のNHK BS-1《関口知宏のアジアで生きる流儀》

なんか生意気なことを言っておりましたが。。(笑)

いろんな方から感想を頂いております。

ありがとうございました!

自分は毎日進歩したいと思っています。

以前、東京の付き人時代。

俳優の仕事がない時に、一件でも多く制作会社へ挨拶に行っていた。

それで満足していた。

夜、師匠が食事会している時、店の駐車場に停めている車の中で台詞の練習をしていた。

それで満足していた。

毎日、何かを前に進める。

夜寝る前に「あ~~、今日何もしてなかった~」にはならないように。

たとえミジンコのような小さいことでもいいから一日何かを進めたい。

そう自分は思っています。

今でも変わっていません。

一日何かを進めようという強い決心が自分を鼓舞します。

それが自分を支えている精神なのかもしれません。

さて、明日は何を進めようかな。。(笑)

中国で大活躍の日本人俳優、「2015年も役を通してメッセージを発信、どれだけ感動できるかが大事」―矢野浩二

2015年1月1日
投稿者:mamuo
日時:2015年1月1日 01:50

2015年 明けましておめでとうございます!

2015年明けましておめでとうございます!
昨年は一言で言えば気づかされた1年でした。
沢山のことに気づかされました。
良いことも悪いこともありましたが
僕にとって全てが収穫でした。
恥ずかしながらこんな年になって初めて分かることが沢山ある。
実のところ、大人も子供も同じかもしれない。
毎回何かに気づいて成長していく。
新しい2015年も沢山気づきたい。

今年は新年から日本のテレビで矢野が見れます。
2015年1月2日 NHK BS-1 19:00~20:50《関口知宏のアジアで生きる流儀》が放送されます。 (僕は20:00~20:50の後半の部です) 是非ご覧なって下さい!

少し話は変わりますが、例えば旅行とか行って人気の宿とかに泊まる。
素敵な宿で、美味しい料理、行き届いたサービス。文句なく素晴らしい。
でも、最終的に客の記憶に残るのはそんなことではない。
その旅館の女将さんの話した言葉に印象に残ったとか、サービスに熱意があったとか、地元で知り合った別のお客さんが変な人で面白かったとか。。そういう人との関わりに実は忘れられない思い出が潜んでいると思う。実は《関口知宏のアジアで生きる流儀》は、全て“人”が関わっています。今までもそうだったが、これからも人と真剣に向き合っていく、その姿が記憶に残る何かを生み出すんだと思う。
2015年さん、よろしくお願い致します。
そして皆様、本年もよろしくお願い致します。